OnAir

2018年1222日放送 午後900分~NHK-FM

放送一覧

『天使の期末試験』

原案:田口愛佳、西川怜、下尾みう

脚本:北阪昌人

★参考:たぬぽん、ルリコ

出演

西川怜、田口愛佳、下尾みう、山寺宏一

あらすじ

ここは、空の上の、神々の世界。全能の神から呼び出されたのは、天使学校からの卒業を目前にしたミウ、レイ、マナカという3人の天使。レイは天使の矢を射ることができないこと、そして、マナカとミウは能天気でだらしないことを理由に、このままでは3人とも天使になれないことを神から告げられる。クリスマスイブまでにレイが矢を射ることができなければ、3人とも天使落第!果たして、3人はこの課題をクリアすることができるのか!?

人物相関図

  • ストーリー&キーワード募集
  • メンバーへの質問募集
  • 感想を送る

物語が読める ♪


ナレーション:ここは、空の上の、神々の世界。全能の神が、ミウ、レイ、マナカという3人の天使を呼びました。


ミウ:神様、私たちに何の用だろうね。

マナカ:ああ、あれじゃない? あまりにも今年、頑張ったんで、ご褒美、くれるんじゃね? ああ、ありがたぐち。

レイ:私はともかく、あなたたち二人に限って、それはないようですね。

ミウ:なんだよ、それ。

マナカ:そうよ、天使学校もようやく卒業かあ・・・。ああ、これからは、朝寝坊できるなあ。

レイ:私は、嫌な予感しか、しません。

マナカ:あ、神様が来た。

神様:マナカ、レイ、ミウ、

マナカ・レイ・ミウ:はい!

神様:おまえたちを呼んだのは、他でもない。

マナカ:ご褒美、ですよね。

神様:ははははははは、

マナカ:ははははっは、

神様:違う。

マナカ:えええ?

神様:えええ? ってこっちがびっくりだ。このままでは、おまえたちは、全員、天使には、なれない。

マナカ・ミウ:えええ?

ミウ:っていうか、レイは驚かないの?

マナカ:そうだよ、天使学校では成績優秀、常にトップだったのに。

レイ:私は・・・。

神様:レイには、天使として、致命的な問題があるんじゃあ。

ミウ:致命的な、

マナカ:問題?

神様:矢を射ることができんのじゃあ。

レイ:ひとさまに矢を向けるなんて、そんなこと・・・できません。

ミウ:ええ? そうだったの?

マナカ:私なんか、めっちゃ好きだけどね、ばんばん弓ひいて、カップルいっぱいつくっちゃうな。特に今のシーズンは、最高よ! クリスマス! おお、ロマンティック!

神様:そんな能天気でいいのか? マナカ。おまえは、何も考えずにあっちにフラフラ、こっちにフラフラ、落ち着きがない!

ミウ:ははははは、確かに、マナカ、そういうとこ、あるよね。

神様:ミウ、おまえもしっかりしないと、いかんぞ!

ミウ:ええ?

神様:悪いことをしたひとに足をひっかけて倒すのは、まあ、大目にみよう。でもなあ、おまえは、おっちょこちょいだから、転ばせる人を間違えてしまうんだ。すっごくいいひとなのに、「え? なんでこけちゃったのかな? 」ってことになる。

ミウ:ああ、そうなんですよね、やっちゃうんです、私。はははっは、

神様:笑いごとか!

ミウ:ひええ!

神様:いいか、今からクリスマスイブまでの二日間で、レイが、天使の矢を射ることができるように、協力するんじゃあ、もし、クリスマスイブの夜、レイが弓をひけなければ、おまえたちは3人とも、落第! 天使にはなれん!

3人:えええ?


ナレーション:果たして、3人の天使は、期末試験をクリアすることができるのでしょうか?


ナレーション:ここは、東京銀座、四丁目の交差点。デパートの屋上に、3人の天使が腰かけています。


ミウ:いやあ、下を見下ろせば、イルミネーションが綺麗だなあ。

マナカ:そんなにのんびりしてる場合じゃないんじゃん?

レイ:まさか、こんなことになるなんて・・・ミウとマナカを巻き込むなんて・・・。

ミウ:まあ、これもなんかの縁だと思うしかないねえ。

マナカ:ったく、どこまでのんきなんだか。それにしてもさあ、レイ、なんで弓をひけないの?

レイ:それは・・・。

ミウ:天使にとって、矢を放つ瞬間が、いちばん気持ちいいんですけど。

レイ:あんな怖いこと、できません。

マナカ:怖い? 怖いって?

レイ:もしも、矢が、別のひとにあたったら? もしも、矢が、変なところにあたって、相手がとんでもなく大けがをしたら?

ミウ:あのねえ、ウチらの持ってる矢は、人間界の矢とは、ぜんぜん、違うの。

マナカ:あたっても痛くないし、いや、むしろ気持ちいいし、

ミウ:人間のためには、必ず必要なんだから。

レイ:必要、なの?

ミウ:あ、ほら、あそこ、交差点で話す男女発見。

太郎:あの、花子さん、よかったら、もう一軒、いかがですか? この近くに行きつけのバーがあるんですが、

花子:ええ、そうですねえ、でも太郎さん、私、家がその遠くて、父もうるさくて、いまだにその、門限があって、

太郎:そう、ですか・・・じゃあ、有楽町の駅まで歩きますか。

花子:すみません。

マナカ:あれは、男も、女も、お互い、魅かれ合ってるね。

ミウ:でも、あのままでは、ずっと平行線。

マナカ:近頃は、人間界の男がハッキリしないんだよね。

ミウ:もっとハッキリ言えばいいのに。

マナカ:そんなとき、この矢が役に立つんだよね。いい? まあ、見てて、いくわよ。男めがけて、

マナカ:それ!

おじさん:ううう!

マナカ:あ、あああ! やっべ、失敗した!

ミウ:えええ?

マナカ:隣を歩く、酔っぱらいのおじさんに当たっちゃった。

ミウ:えええ?

おじさん:あのさ、そこの、お嬢さん、

花子:はい?

おじさん:一軒、付き合ってくれませんか?

花子:ええ?

太郎:花子さん・・・あの、花子さん・・・このひと、知り合い?

マナカ:ま、まあね、こういうことも、あったりね、するけど、あれだね、あの男がダメなのよ、煮え切らないから、はははははは、もう一回、やるね、それ! あ、またしくじった! てへ!


ナレーション:一日目は、あっという間に過ぎ去っていきました。


マナカ:ねえ、ミウ、やばくない?

ミウ:だね、やばいね。

マナカ:レイってさあ、けっこう頑固だね。

ミウ:ゼッタイ、弓、ひかないからねえ。

レイ:私、レイが、矢を射(い)ることができない理由、それは・・・。天使の学校に入ったときの最初の試験で・・・。

レイ:えい!

レイ:矢は的をはずれ、地面に落ちた。それをみんなに笑われて・・・。そのあとはもう、気持ちが動転してしまい、ひとつもうまく射ることができなかった。私はそれまでずっと完璧だった。テストも実技も全て100点満点。でも・・・天使の弓矢だけ・・・0点だった。もう嫌だ、二度と弓矢なんてごめんだ。笑われるのは・・・嫌だ。なのに・・。この二人は・・・なに?

ミウ:もうしっかりしてよ! マナカさんよ! ははははは。

マナカ:だって、難しいんだもん。はははははは、

レイ:失敗したのに、笑ってる。いいの? それで、いいの?

マナカ:ウチら、天使見習いじゃん。失敗も仕方ないよね。

ミウ:だね。

レイ:そんなことでいいの?

マナカ:え?

レイ:天使は天使。人間に迷惑かけちゃダメでしょ!

ミウ:まあ、そうだけど。

レイ:しっかりしなくちゃダメでしょ。失敗して笑っちゃ、ダメでしょ。

マナカ:あ、まあねえ。

レイ:失敗したら、もっとフツウもっと、落ち込んで、

ミウ:まあ確かにね。でもね、

レイ:なに?

ミウ:一本も弓をひけないあんたに言われたくないんですけど。

レイ:そんな・・・。私は・・・。

ミウ:失敗が恐くて、一歩前に踏み出せないんでしょ?

レイ:え?

ミウ:私、最初の授業、覚えてる。レイが、弓矢を失敗した授業。

レイ:ええ?

ミウ:いいじゃん、失敗しても、いいじゃんって思ったけど、レイ、ボロボロ涙流して・・・。笑えばいいの、どんなに失敗しても。

マナカ:そうだよ、結局さ、カッコ悪いんだよ、生きるってことはさあ。

レイ:私は・・・

マナカ:無理無理、全て完璧にできる天使なんか、いないって。

レイ:でも、昨日の男のひと、可哀そう。あの女のひとのこと好きだったのに。

ミウ:だったら、自分で弓をひいてみれば?

レイ:え?

マナカ:そうだよ、ひいてみれば?

ミウ:あの二人、また四丁目の交差点で立ち話してるよ。

太郎:花子さん、今日はもう、帰りますか?

花子:そう、ですね。

太郎:クリスマスイブ、ですけど。

花子:ああ、そうでしたね、今夜は、クリスマスイブ。

太郎:でも、まあ、あれですよね、

花子:ええ、

太郎:あぁ~、その・・・じゃあ、

ミウ:ああ、帰っちゃうよ、男の人が、

マナカ:いいの?

ミウ:男の人、淋しそうだね。

マナカ:仕方ないなあ、じゃあ、やっぱり私が、

レイ:やるわ!

マナカ:え?

レイ:私、やる。弓、かして。

マナカ:はい、どうぞ。

レイ:失敗したら・・・どうしよう・・・笑われる? でも、あの男の人には、幸せになってほしい。

ミウ:早く、レイ、

太郎:じゃあ、僕は、これで、

花子:はい、じゃあ、

マナカ:ああ、男の人が行ってしまう!

レイ:もういい、失敗してもいい、私は私は、あのひとのために!

レイ:えい!

ミウ:やった!

マナカ:レイが弓をひいた!

太郎:う! なんだ? 胸が、あったかくなる。

ミウ:やった!

マナカ:男の人にあたった!

太郎:花子さん! いやだ、僕は今夜、キミを帰したくない! 一緒に、一緒に、クリスマスイブを過ごしましょう!

花子:太郎さん!! 私も…その、太郎さんと過ごせたらいいなって、思ってました。ありがとう、ございます。

レイ:や、やった・・・。

神様:あははははっはは、

ミウ:神様!

マナカ:やりましたよ、レイは!

神様:ああ、見ておったぞ、見事だった。

レイ:ありがとうございます!

神様:ひとつ、レイに教えてあげよう。マナカだが、矢の腕は、天使学校でイチバン。今まで、一度も的をはずしたことはないんだ。

レイ:え? ってことは、昨日の、あれは・・・。わざと? 私に、弓をひかせるために?

ミウ:レイ、よかったね。

マナカ:レイ、すごかったよ!

レイ:ミウにマナカ・・・。ありがとう!

神様:さあ、これから、立派な天使になるんじゃぞ。あはははははは。

収録後のワンショット

Page Top