OnAir

2018年922日放送 午後900分~NHK-FM

放送一覧

『銀河バスの夜』

原案:沖侑果、磯貝花音、今村美月

脚本:北阪昌人

★参考:ミッチー、きらら

出演

沖侑果、磯貝花音、今村美月、山寺宏一

あらすじ

STU高校の休み時間。小説家を目指す沖侑果は、またもや徹夜で小説を書いてきた。孤独な少年、ユカンニが、銀河バスに乗り込むと、そこで不思議な少年、カノンパネルラと出会い…という物語の小説「銀河バスの夜」。それを聞いたクラスメイトの磯貝花音、今村美月は、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」にそっくりなことを沖に指摘する。しかし、やはり沖は聞く耳を持たず、小説「銀河バスの夜」について語り始めて…。

人物相関図

  • ストーリー&キーワード募集
  • メンバーへの質問募集
  • 感想を送る

物語が読める ♪


ナレーション:ここは、瀬戸内のおだやかな海をのぞむ、STU高校。休み時間、同じクラスの沖侑果、磯貝花音、今村美月が話しています。


磯貝:ねえねえ、沖ちゃん、めっちゃ眠そうなんだけど、大丈夫?

沖:ああ、ダメかも~。

今村:ゆうべ、寝てないの?

沖:そうなんだよね。実はさ、昨日も、徹夜。

磯貝:ええ? マジで?

今村:英語のテスト、あるもんね。

沖:いや、試験勉強じゃなく。

磯貝:ええ? 違うの?

沖:実はさ、じゃーん! 小説を書いたんです!

今村:うわ、また書いたの? すごい!

磯貝:何枚書いたの?

沖:いや、そんなに長くないよ。900枚くらいかな。

今村:長~っ!

磯貝:沖ちゃんの将来の夢は、小説家、だもんね。

沖:いやあ、我ながら、いい出来だと思うんだよね。めっちゃ感動すると思う。

今村:へえ、タイトルは・・・『銀河バスの夜』?

磯貝:なんか、また匂うね、

今村:パクりの匂い。

沖:失礼な! これはちゃんとオリジナルだよ。

磯貝:じゃあ、どんな話?

沖:よくぞ、聞いてくれました! 瀬戸内海の、とある小高い丘に、運のいいひとだけが乗れる、銀河バスが、あるんだよね。ある夜、孤独な少年、ユカンニが、銀河バスに乗り込むと、そこで不思議な少年、カノンパネルラに出会って、

今村:はい、ちょっと待った!

沖:なに?

今村:いや、なに? って、それ、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」にそっくりじゃない?

沖:えええ? もう真似されたの? 賢ちゃんに?

磯貝:賢ちゃんって、

今村:時代、逆だし。

沖:もう油断もすきもあったもんじゃない。作家の世界も厳しいね。


ナレーション:果たして、沖侑果が、書いた『銀河バスの夜』とは、どんな話?


先生:そんなふうに、星空に流れたミルクのようなものは、なんだか、わかりますか? はい、ユカンニくん。

ユカンニ:えっと、ええっと・・・。

先生:よろしい、では、カノンパネルラくん、

カノンパネルラ:はい、ええ、ええ、ええっと、

先生:よろしい。これは、天の川と呼ばれるものです。二人とも、ちゃんと復習しておくように。

ユカンニ・カノンパネルラ:はい!


ナレーション:ユカンニは、孤独でした。家で待つ、お母さんのために、パンと牛乳を持って帰るのですが、途中、広い広い、草原で、星空を眺めました。すると、


車掌:銀河ステーション! 銀河ステーション!

ユカンニ:え?

車掌:まもなく、銀河バスが到着いたします。ご乗車のかたは、お急ぎください。

ユカンニ:銀河、バス?あ、あの、車掌さん、

車掌:なんだい、少年。

ユカンニ:銀河バスに、どうやったら乗れるんですか?

車掌:はははは、そんなことは簡単だよ。美しい心が切符がわりさ。

ユカンニ:美しい、心?

車掌:コンビニで、残り一個の肉まんを買おうとしたら、後ろに並んでいる親子連れも、肉まんを楽しみにしていたとする。そんなとき、「ああ、ボクはいいです。どうぞ」って譲れる心。それが、美しい心なんだよ。

ユカンニ:ボク・・・譲れるかな・・・。

車掌:ちょっと、ここに手をかざしてもらえる?

ユカンニ:はい? あ、この円盤みたいなところですか?

車掌:そうそう。

車掌:ああ、おやおや、

ユカンニ:はい?

車掌:あんた、乗れるよ、これ。

ユカンニ:え? ほんとですか?

車掌:いま、機械に、OKって出た。あんた、譲ってきたんだねえ。

ユカンニ:そうかな。

車掌:しかも、お友達も、お待ちだ。

ユカンニ:友達?


ナレーション:ユカンニが、銀河バスに乗り込むと、いちばん後ろの席に、


ユカンニ:カノンパネルラ!

カノンパネルラ:やあ、ユカンニ。遅かったね。

ユカンニ:君も乗っていたんだね。

カノンパネルラ:ああ、乗っていたよ。


ナレーション:バスは、ぐいんっと急上昇して、あっという間に銀河に浮かびました。


ユカンニ:あ、あああ! あれが、例の牛乳だね、

カノンパネルラ:ああ、天の川。

ユカンニ:そう、天の川。ねえ、カノンパネルラ、

カノンパネルラ:なんだい?

ユカンニ:ほんとうは、答え、知っていたんじゃないかい?

カノンパネルラ:え?

ユカンニ:天の川。でも、答えるとボクを傷つけると思って、

カノンパネルラ:そんなことはないよ、知らなかったよ、実際の話。

車掌:次は、瀬戸内座、瀬戸内座、お降りのかたは、ブザーでお知らせください。

ユカンニ:瀬戸内座って、聞いたことがないね。

カノンパネルラ:そうかい? 知らなかったかい?

ユカンニ:ああ。

カノンパネルラ:瀬戸内座はねえ、素敵なところだよ。星の中におだやかな海があってねえ、新鮮な魚がとれるんだ。

ユカンニ:新鮮な魚かあ・・・。

車掌:あ、あんた。

ユカンニ:ボク、ですか?

車掌:ちょっと、ここに手をかざしてみて。

ユカンニ:え?

車掌:いいから。

ユカンニ:はい。

車掌:やっぱり、思ったとおりだ。

ユカンニ:はい?

車掌:あんた、新鮮な魚と聞いて、まず、こう思ったんだね。「お母さんに食べさせてあげたい」

ユカンニ:ええ、思いました。

車掌:いいねえ、いいよ。

カノンパネルラ:そうだね、ユカンニは、いいね。

車掌:美しい心っていうのはねえ、自分のことより、大切なひとのことを考えるんだよ。

カノンパネルラ:ユカンニは、優しいから。

ユカンニ:ボクは・・・優しくなんかないよ。いつだって自分のことばっかりだよ。新鮮な魚をお母さんに食べさせたいって思ったのも、結局、自分がいい気持ちになりたいからなんだ。

車掌:いいんだよ、それで。

ユカンニ:え?

車掌:それでいいんだ。

カノンパネルラ:そう、それでいいんだよ、ユカンニ。

車掌:優しいっていうのは、自分に対しても優しくできるってことだから。

ユカンニ:そうなんだね。


ナレーション:銀河バスは、さらに、暗い夜空を走っていきます。


車掌:まもなく、瀬戸内座、瀬戸内座、

ユカンニ:え? カノンパネルラ、君、降りるの?

カノンパネルラ:ああ、降りるよ。

ユカンニ:じゃあ、ボクも、

カノンパネルラ:ユカンニ、君は、終点まで行けるチケットを持ってる。

ユカンニ:え?

カノンパネルラ:でもね、ボクは、ここで降りなくちゃ、いけないんだ。

ユカンニ:え? 嫌だよ、ボクも降りるよ。

カノンパネルラ:また、すぐに会えるから。

ユカンニ:カノンパネルラ・・・。

カノンパネルラ:じゃあ、またね。

ユカンニ:カノンパネルラ・・・。


ナレーション:銀河バスは、カノンパネルラを置いて、発車しました。


ユカンニ:あ、すみません! やっぱりボクも降ります!!

車掌:ほんとに、いいんですか?

ユカンニ:はい。カノンパネルラと離れたく、ないから。

カノンパネルラ:ユカンニ、君ってやつは・・・。


ナレーション:こうして、ユカンニと、カノンパネルラは、瀬戸内座で暮らすことになったのです・・・。


沖:どう? このお話。

今村:いや、

磯貝:なんていうか、

沖:なに?

今村:意外に、いいね。

磯貝:うん、いい! で、どうなるの? この先、

沖:この続きはねえ、瀬戸内座にいた・・・このひとと出会って、

ユウカ:おおい!! なんだ君たち、どうかな、ボクと一緒に走らないか? ボクはねえ、走れユウカっていうんだよ!!

今村・磯貝:混じってるし!

磯貝:もう、台無し!

沖:このあと、暴君ヤマディラニスが出てきて、

今村・磯貝:もういいからっ! もうほめて、損した!

沖:ええええ?? このあと、三人は、罠にかかった鶴を助けて・・・。

収録後のワンショット

Page Top