OnAir

2017年121日放送 午後1000分~NHK-FM

放送一覧

『シンガポールってどこ?!』

原案:山本彩加、渋谷凪咲、太田夢莉

脚本:北阪昌人

★参考:片づけられない男、ヒューストン

出演

山本彩加、渋谷凪咲、太田夢莉、山寺宏一

あらすじ

新しく始まった2学期、NMB学園1年B組は転校生の噂でざわついていた。やってきたのはシンガポールからの転校生、渋谷サーモン凪男(なぎお)。あーやんこと山本彩加は、転校生よりも、シンガポールという響きやイメージに惹(ひ)かれ妄想にふける。一方、渋谷はあーやんこそが、探していた理想の女性だと言い、積極的にアプローチをかける。果して、恋の行方は…!?

人物相関図

  • ストーリー&キーワード募集
  • メンバーへの質問募集
  • 感想を送る

物語が読める ♪


ナレーション:ここは、大阪難波にある、NMB学園。2学期が始まって早々、1年B組はざわついていました。転校生がやってくるというのです。


山本:ねえねえ、ゆーり、どんなひとが来るんかな?

太田:なんか、噂では、超イケメンらしいよ。

山本:ええ? そうなん?

太田:外国の高校から来るみたい。

山本:外国? どこかな? アメリカ? フランス?

太田:さあ、どこかな。

山本:英語とかフランス語とかペラペラなんかな?

太田:まあ、外国にいたんやから、そのへんは、あれなんちゃう。

山本:そっか・・・。

太田:英語の勉強、教えてもらおうかな。

山本:え?

太田:あ、来た!

担任:ええ、みんな、転校生を紹介する。渋谷サーモン凪男(なぎお)君だ。

渋谷:どうも、はじめまして、渋谷サーモン凪男です。

太田:えー、超イケメン!

山本:そやね。

太田:しかも、サーモンだって、

山本:ミドルネーム?

太田:どっからきたんやろ?

担任:ええ、渋谷は、どこから来たんだっけ?

渋谷:はい、シンガポールです!

太田・山本:シンガポール!

太田:すごいね、シンガポール。

山本:ねえゆーり、

太田:なに? あーやん、

山本:シンガポールって、どこにあんの?


ナレーション:さて、ここは、NMB学園の中庭。ベンチに座って、妄想にふけっているのは、あーやんこと山本彩加です。


山本:シンガポール! なんて素敵な響きなんやろう・・・。シンガポール・・・めっちゃでっかいライオンの口から、ばーって水が出てるイメージ、空の上にプールがあって・・・。はあ、ええなあ、シンガポール。

渋谷:やあ、こんにちは。ここ、いいかい?

山本:え? あ、はい。

山本:うわ、いきなり私の隣にシンガポール。

渋谷:名前は?

山本:え?

渋谷:キミの名前だよ。

山本:キミ? あ、ああ、私? えっと、山本彩加です。

渋谷:彩加、いい名前だね。

山本:なんなん? このジェントルマンな感じ。他の男子にはない、大人な雰囲気。

渋谷:僕は渋谷サーモン凪男、よろしくね。

山本:よろしくお願いいたします。

渋谷:ははは、なんかかたいな、ボクのことは、そうだな、凪男でも、サーモンでも、なんとでも呼んでくれたまえ。

山本:シンガポール。

渋谷:え?

山本:シンガポールって、どんなところですか?

渋谷:え? ああ、そうだな。ひとくちにいって、

山本:はい。

渋谷:素晴らしいところさ。そうだな、この世に楽園があるとしたらまあ、シンガポールだろうなあ。

山本:そうなんですね、すごい。

渋谷:この難波の街も、負けず劣らず、すげえと思うよ。

山本:あ、行かなきゃ。

渋谷:彩加さん、どこに行くんだい?

山本:え? あ、あの部活です。

渋谷:何をやってるの?

山本:空手です。

渋谷:空手? キミは空手をやるのかい?

山本:はい。

渋谷:いいね。空手いいねえ。シンガポールにも空手道場があって、実はボク、習ってたんだ。

山本:え、ほんとですか?

渋谷:ああ、練習、見ていいかな。

山本:はい。

山本:(空手の型をやる声)おっす! えい!

渋谷:すげえな、彩加さん!

山本:えい! えい!

太田:こんにちは、渋谷君、

渋谷:やあ、君は、ゆーりさんだね。

太田:はい。

渋谷:いいね、彼女、彩加さん

太田:今度の全国大会でも優勝候補なんですよ。

渋谷:そっか・・・。ゆーりさん、

太田:はい。

渋谷:好きになってしまったよ。

太田:え? ええ? 私、そんな、いきなり言われても、

渋谷:山本彩加さんを。

太田:え? わ、私じゃないんですね。

渋谷:素敵だ。彼女こそ、ボクが探していた理想の女性だ。ねえ、彩加さんに伝えてくれないかな。

太田:え? 伝える?

渋谷:ボク、凪男が、部活のあと、中庭のベンチで待っている、と。

太田:あの、ちなみに、私もですね、空手はできませんが、文字の早打ちは、得意ですよ。見ててくださいね、おりゃおりゃおりゃああああああ、

太田:ね? すごいでしょって、あれ? いーひん。


ナレーション:さて、部活が終わった夕暮れ時・・・。中庭のベンチに、渋谷サーモン凪男が、座っていました。そこにやってきた、山本彩加。


山本:お待たせしました。

渋谷:やあ、呼び出して悪かったね。

山本:いえ、

渋谷:実は話があって、

山本:はい。

渋谷:ここに座って、

山本:はい。

渋谷:ボクはね、すっかりはまってしまったんだ。

山本:私も、はまりました。

渋谷:え? キミも?

山本:はい。もう好きで好きで仕方ありません。

渋谷:やっぱりそうかい。そんなに・・・ボクのことを・・・。

山本:だって、なんていうか、もう心をぐってつかまれちゃいました。

渋谷:ボクもねえ、すっかり夢中さ。

山本:エキゾチックで、

渋谷:うん、

山本:いろんな顔を持っていて、

渋谷:うんうん、

山本:カッコよくて、

渋谷:うんうんうん、

山本:いつか行ってみたいな。

渋谷:行ってみたい?

山本:大好きです、シンガポール!!

渋谷:ええ? あ、あの、その、彩加さんが好きなのは、ボクじゃなく?

山本:え?

渋谷:いや、あの、

山本:もっと聞かせてください。シンガポールの話。あああ、私の頭の中は、シンガポールでいっぱい!!

渋谷:まさか・・・シンガポール・・・。

収録後のワンショット

Page Top