OnAir

2017年1117日放送 午後1000分~NHK-FM

放送一覧

『ピアノコンクール!』

原案:松岡菜摘、森保まどか、松岡はな

脚本:北阪昌人

★参考:4番バッター、おにぎり大魔神

出演

森保まどか、松岡菜摘、松岡はな、山寺宏一

あらすじ

年に一度、福岡、博多で開催される、若きピアニストの登竜門、HKTピアノコンクール!最終選考に残ったのは三人。まずは、その美しい容姿と、華麗なテクニックで観衆を魅了する、松岡菜摘!そして、お父さんゆずりの長い指を駆使した、超絶的な技法が持ち味の、松岡はな!そして優勝候補は、このコンクールの常連!誰にも負けない根性で、今年こそ、優勝を目指す、森保まどか!そんな三人がコンクール前日、中州の屋台ラーメン屋「山ちゃん」に偶然にも集まり…。




人物相関図

  • ストーリー&キーワード募集
  • メンバーへの質問募集
  • 感想を送る

物語が読める ♪


ナレーション:年に一度、福岡、博多で開催される、若きピアニストの登竜門、HKTピアノコンクール! ちなみに、HKTとは、破格に、けた違いに、特別なひと、を選ぶという意味です。今年も、HKTピアノコンクールの季節がやってきました。最終審査に残っているのは、次の三人! まずは、その美しい容姿と、華麗なテクニックで観衆を魅了する、松岡菜摘!


菜摘:今年は、ぜったいに、負けられない! 私、松岡菜摘は、必ず、優勝する! 弾くのは、ベートーヴェン!


ナレーション:そして、お父さんゆずりの長い指を駆使した、超絶的な技法が持ち味の、松岡はな!


はな:2歳から習ったダンスのリズムを生かしてみる。こう見えて、私、松岡はなは、負けず嫌い。負けない! 弾くのは、リスト!


ナレーション::そしてそして優勝候補は、このコンクールの常連! 誰にも負けない根性で、今年こそ、優勝を目指す、森保まどか!


森保:コンクールの前の日は、必ずとんかつを食べる。私、森保まどかは、今年にかけている! 弾くのは、ショパン!


ナレーション:さて、今年のHKTピアノコンクールの栄冠は、誰の上に輝くのか?!


ナレーション:ここは、中洲の屋台のラーメン屋さん「山ちゃん」。


山ちゃん:へいらっしゃい!

森保:どうも、あの、とんこつラーメンを。

山ちゃん:へい、とんこつラーメン一丁!


ナレーション:やってきたのは、森保まどか。ほどなくして、再び暖簾の向こうから、


菜摘:どうも、こんばんは。

山ちゃん:へいらっしゃい!

菜摘:とんこつラーメン。あ、どうも。

森保:どうも、


ナレーション:やってきたのは、松岡菜摘。そして・・・。


はな:こんばんは、あのとんこつラーメンを、って、あああ!

森保:どうも、

菜摘:どうも、

はな:・・・どうも。


ナレーション:なんと、松岡はな、まで揃い、三人が、屋台のカウンターに座ったのでした。


はな:明日、だね、コンクール。

菜摘:明日、だね。

森保:前の日に、ここで、ラーメン食べるのが、私のゲン担ぎで、

はな:あれ! 森保さん、とんかつじゃないの! 雑誌のインタビューで読んだけど、

森保:もちろん、とんかつも食べるけど・・・HKTコンクールはね、やっぱりラーメンかなって。

菜摘:私は、こう見えて、もやしが、好きなんだよね。「山ちゃん」のもやし、シャキシャキで、美味しいんだよね。

はな:確かに、もやし、いいよね。

山ちゃん:ありがとうございます! お客さんたち、なんか顔見たことあるなあ。あれでしょ、アイドルでしょ! 三人組の。えっと、名前が、えっと、あ、違ったかなあ、あれかな、お天気お姉さんたちかな! あ、あああ、わかった、あれだ、お笑いタレントだね、三人組の、えっと、名前は・・・名前は・・・ホルモンとメロンパン、だっけ!

森保:二人に会って、緊張していた。ほんとは練習をしなくちゃいけないのに、サボってしまって、ラーメンを食べている私・・・。彼女たちの余裕とは、大違い。

はな:私はあせっていた。え! なに! 二人の余裕は! 私なんか、勝てる気がしなくて、やけ食いしに来たのに・・・。

菜摘:ああ、恥ずかしい、私は練習が手につかなくて、ふらふらとここに来てしまったのに・・・。ああ、自分が情けない。


ナレーション:三人は、顔を見合わせ、笑いました。


三人:はははははっは、


ナレーション:三人は、それぞれの不安を抱えながら、ラーメンをすすりました。


三人:(ラーメンをすする)

森保:ラーメンは、美味しかった。なんだか素直な気持ちになった。

森保:ごめん、ちょっと、嘘ついたかも。実は、練習が手につかなくて、サボって、ここにきた。

はな:え?

菜摘:ほんと?

森保:ほんと。

はな:一緒だ。

菜摘:私も、

森保:え?

はな:森保さんが、正直に言ってくれたから、私も言えた。

菜摘:私も、同じく、練習に集中できなくて、ここにきた。

森保:同じだね。

はな:同じ。

菜摘:明日、闘うのが、この三人でよかった。

森保:ほんと。

はな:よかった。

菜摘:明日はライバルだけど、今は、同志だね。


ナレーション:三人は、にっこり笑い合い、ラーメンをすすりました。


山ちゃん:はいよ、これ、それそれそれ、と。

三人:ええ! 味玉?

山ちゃん:三人の友情に、感動しちゃったよ、それ、サービス。

三人:ありがとうございます!

山ちゃん:いつも仲いいばかりが、友情じゃないんだ。ときには、競いあう、大いにけっこうじゃないか、なあ。お笑い三人組も、ときにはライバルになるってもんだよなあ。


ナレーション:三人は、再び、目を合わせ、微笑みました。


森保:そうなんです、お笑い三人組、けっこう大変なんです。ね?

菜摘:そうそう、

はな:そうそう、

山ちゃん:がんばりなよ。売れたら、また味玉、サービスしてやるからな。

三人:はい!

森保:屋台を出ると、川を通る風が気持ちよかった。私たちは、手を合わせた。

森保:明日、悔いがないように、精一杯、弾こうね。

はな:そうだね。

菜摘:私、今、気づいた。

森保:なに?

菜摘:本当のライバルって、自分自身なんだね。

森保:私は、忘れないと思う。コンクールの前日、三人で並んでラーメンを食べたことを・・・。

司会:今年度の、HKTピアノコンクール、優勝は!!

収録後のワンショット

Page Top