OnAir

2017年825日放送 午後1000分~NHK-FM

放送一覧

『サイコーの自由研究!』

原案:山本彩、矢倉楓子、吉田朱里

脚本:北阪昌人

★参考:ビビーノ、ミルクの反対

出演

山本彩、矢倉楓子、吉田朱里、山寺宏一

あらすじ

「このままやったら、夏休みの宿題、終わらへん!!」。夏休み、遊びすぎて宿題がまったくできていなかった矢倉フウタは頭をかかえていた。そんなフウタは母親の頼みで仕方なく沼の近くの豆腐屋におつかいへ。機嫌の悪いフウタが沼に道端の石を投げ入れると、「痛っ!」という声が。姿を現したのは、河童!夏休みの宿題、なかでも自由研究がやっかいだと言うフウタに河童は…。フウタの自由研究、いったい、どうなる!?

人物相関図

  • ストーリー&キーワード募集
  • メンバーへの質問募集
  • 感想を送る

物語が読める ♪


ナレーション:ここは、大阪、難波の住宅街。小学生の矢倉フウタ君は、頭を抱えていました。


フウタ:ああ、ああああ、終わらへん、このままやったら、夏休みの宿題、終わらへん!!


ナレーション:そうです。夏休み、すっかり遊び過ぎて、宿題が、まったくできていなかったのです。


フウタ:ヤバイヤバイ、めっちゃあかんわ。

お母さん:フウタ、ねえ、フウタ、入るよ。

フウタ:なにいきなり入ってきてんねん!

お母さん:なにキレてんねん。あれやな、カルシウム不足やな。今晩のメニューは、いわしやな、そうや、やっぱりいわしやな。

フウタ:なんの用なん?

お母さん:そうそう、おつかい、行ってきてくれへん?

フウタ:え? ボク、宿題で忙しいんやけど、

お母さん:沼の近くのお豆腐屋さんで、木綿豆腐買ってきてんか。

フウタ:えええ? そんなんお母さんがいったらええやん。

お母さん:お母さん、これから夕飯のしたくで、忙しいんや。これ、お金。頼むで。


ナレーション:仕方なく、フウタは、沼の近くの豆腐屋に出かけました。


フウタ:ったくもう、ひとづかい荒い家やなあ。まいるわ。こんちきしょう!


ナレーション:フウタは、沼に道端の石を投げました。


河童:痛っ!

フウタ:え?

河童:このアホんだら! 何してんねん!

フウタ:え? えええ?


ナレーション:沼から姿を現したのは・・・河童でした。


河童:おまえなあ、むやみに沼に石投げくさって。皿割れたらどないすんねん。高いんやで、これ、保証きかへんのや!

フウタ:え・・・すんません。

河童:ったくもう近頃の坊主ときたら、すぐにキレて、すぐに沼に石を投げよる。沼をなんや思てんねん。おいらの家やで、家。ひとんちに石投げたら、そらもう、あれやろ、犯罪やろ、おまわりさん呼ぶで!

フウタ:えらいすんません。

河童:ほんまに反省してるんかいな。

フウタ:してます。

河童:口ばっかりちゃうんか。

フウタ:いえ、すんません。

河童:なんや誠意が感じられじへんけど、まあええわ、で、なんでイライラしてんねん。話してみ、

フウタ:えええ? 河童に?

河童:あ、あああ。おまえ、いま、河童を馬鹿にしたな? 体が緑色で、頭に皿のっとって、キュウリくわえとるからいうて、馬鹿にしたな?

フウタ:い、いえ、

河童:じゃあ、いうてみ、なんでふてくされとんねん?

フウタ:それは・・・夏休みの宿題も終わってへんのに、おつかい頼まれたさかい・・・。

河童:アホか。宿題をやってへん、おのれに問題あるんとちゃうんかい。

フウタ:まあ、そうですけど。

河童:宿題、何が残ってんねん。

フウタ:いろいろですけど、いっちゃん、やっかいなんは、

河童:やっかいなんは?

フウタ:自由研究です。

河童:自由研究?

フウタ:なに研究したらええんか、わからへん。

河童:ははははは、そんなん簡単やんか、サササ、サイコーの研究対象があるやんか!

フウタ:え? 何?

河童:何って、おまえ。目をゴシゴシやってみてみい。

フウタ:え? ええ? まさか、

河童:そや、おいらを研究したらええ。

フウタ:えええええええええええ??


ナレーション:フウタくんの自由研究、いったい、どうなる??


ナレーション:沼の近くのお豆腐屋さんで豆腐を買ったフウタは、家に戻りました。


フウタ:ええか、ボクの影に隠れてるんやで。

河童:なんで?

フウタ:なんでって、お母さんがいきなり河童見たら驚くやろ。

河童:そか?

フウタ:そうに決まっとるわ。それでなくてもお母さん、ビビリやさかい。ええか、ボクの影にいて、姿見られんようにな。

河童:はいはい。

フウタ:ただいま!

お母さん:お帰り、フウタ、ちゃんとお豆腐買えたん?

フウタ:買ったよ。ほら。

お母さん:ああ、ごくろうさん。おつりは?

フウタ:え? ないけど、

お母さん:ないって、余分に渡したやろ?

フウタ:それは・・・

お母さん:それは?

フウタ:途中でキュウリ買ったから。

お母さん:キュウリなんて頼んでないやろ。ていうか、どこにあるん?

フウタ:食べてしもた。

お母さん:食べた? あんたが?

フウタ:いや、ボクやあらへん、と、友達や。

お母さん:友達? 友達って?

フウタ:と、友達の・・・、

河童:はいな! こんにちは。

フウタ:何、前に出てんねん!

河童:フウタの友達どぇ~す! キュウリ食べました。

お母さん:ああ、どうも、こんにちは。

フウタ:えええ?

お母さん:なんや河童が友達なら、キュウリもしゃあないなあ、はははは。

フウタ:ど、どういうこと?

お母さん:・・・ってフウタ、か、か、河童がおるって、どうなってるん??

フウタ:って、驚くの遅っ!!!


ナレーション:お母さんは、河童の出現に驚き、気を失ってしまいました。


フウタ:た、大変や、お母さんが倒れてしもた!

河童:大丈夫や、こういう場面なれとるからなあ、ええか、みとき、


ナレーション:そういうと、河童は頭の上の皿に手を伸ばし、水をすくい、それをお母さんの顔にふりかけました。


お母さん:うううん・・・。

フウタ:あ、気がついた!

河童:さ、今のうちに、フウタの部屋にいこ!

フウタ:うん、わかった。


ナレーション:こうして、フウタの自由研究が始まったのですが・・・。


フウタ:河童さん、

河童:なんや?

フウタ:そもそも、あの、根本的なことをおうかがいしてもよろしいでしょうか?

河童:なんや、えらいあらたまって。

フウタ:はい。ええとですねえ、自由研究にご協力いただけるのはまことにうれしいかぎりなんですが、その、河童の研究、ええ、誰が信じてくれるのか、と。

河童:・・・フウタ、

フウタ:はい。

河童:おいらは、哀しい、めっちゃ哀しいで。

フウタ:はい。

河童:おまえの目の前にいるのは、誰や?

フウタ:・・・河童さんです。

河童:自分が見えてるもんを信じないでどないすんねん? 他のひとが何いうてもええやないか。おまえが見えてるもんを、おまえは、信じたらええ。

フウタ:はぁ・・・。

河童:沼に落ちた野球のボールが、ひょいと出てきたことがあったやろ?

フウタ:はい。

河童:誰が泥だらけになって探した、思う?

フウタ:えええ?

河童:沼で釣りしたとき、フウタだけ、でっかい魚が釣れた、あれは誰のおかげやと思う?

フウタ:ええええええ??

河童:おいらもなあ、なんや自分のやってることを自慢するのは、性にあわんけどなあ、そこまでおいらの存在を否定されるんやったら言わせてもらうわ。おまえら人間は、思いあがっとる! この世にはなあ、動物も虫も草も魚も! いろんな生き物がおんねん。共存や共存! 自分がいちばんえらい思たら、バチあたるで。

フウタ:・・・なんか、ボク、感動しました。河童さん、ありがとう。ボク、自由研究で書きます。沼で起こった出来事は、みんな河童さんのおかげやと。

河童:いやいや、みんなちゃうで。まあ、そのほんの少しや。

お母さん:フウタ、お友達にお紅茶と、ケーキ、持ってきたで。

フウタ:どないする? また気絶してまう。

河童:もう、大丈夫や。

フウタ:え?

河童:おいらの聖水をかぶったもんは、大丈夫なんや。

お母さん:河童さん、うちのフウタがえらいお世話になってます。

河童:いえいえ、フウタ君の自由研究、楽しみにしていてください。

お母さん:はい。ありがとう、ございます。

フウタ:うわ、ほんまや、すごっ!


ナレーション:こうして、フウタは、河童にいろいろと質問をして、自由研究をまとめました。


フウタ:好きな武将は?

河童:明智光秀。

フウタ:好きな食べ物は?

河童:野菜。

フウタ:好きな場所は?

河童:お城のお堀。

フウタ:好きなアイドルは?

河童:NMB48。特にあの子、さやねえ、ええなあ、あの子は。美人やし、おもしろいし、何よりいっつも一生懸命や・・・。


ナレーション:そうして、フウタの自由研究ができあがると・・・。


河童:そろそろ頭の皿が渇いてきたし、沼に帰るわ。

フウタ:河童さん、いろいろありがとう。

河童:ええか、フウタ君。この夏、河童に会ったこと、大人になっても覚えとくんやで。

フウタ:わかった。

河童:約束や。

フウタ:うん。

河童:また、なんかあったら、沼に来たらええ。

フウタ:うん。

河童:おいらは、どこにもいかへんさかい、沼に来たらええ。

フウタ:わかった。


ナレーション:フウタの自由研究は、友達に笑われました。それでも、フウタは、胸を張っていいました。


フウタ:笑うならわろたらええ! 河童さんは、ボクの友達や!


ナレーション:そのサイコーの自由研究を、フウタは大人になっても、大切に大切に、引き出しの中にしまっておきました。


河童:フウタ、ええか、この世には、いろんな生き物が生きているんや。共存や、共存。ええやろ。

収録後のワンショット

Page Top