OnAir

2017年519日放送 午後1000分~NHK-FM

放送一覧

番外編『あこがれの警備員!』

原案:佐々木久美、高瀬愛奈、柿崎芽実

脚本:北阪昌人

★参考:ミチオ、キリヒト

出演

佐々木久美、高瀬愛奈、柿崎芽実、山寺宏一

あらすじ

46階建ての超高級ホテル「欅坂46」に、世間を騒がせている怪盗・ルパン四世から、『今夜零時に、最上階の展示スペースにある、「けやきの涙」をいただきにあがります。』と予告状が届いた。これを受けて、佐々木久美、高瀬愛奈、柿崎芽実の3人の見習い警備員を呼び出すホテル支配人。フツウの論理が通用しないルパン四世に対し、正攻法で挑んでは術中にはまってしまうと考えたホテル支配人は、見習い警備員に命運を託すという奇策に打って出るのだが…。

人物相関図

  • ストーリー&キーワード募集
  • メンバーへの質問募集
  • 感想を送る

物語が読める ♪


ナレーション:ここは、欅坂にある、46階建ての超高級ホテル「欅坂46よんじゅうろく」。その最上階の展示スペースに、ホテルの総支配人が、3人の警備員を集めました。


総支配人:佐々木久美さん、高瀬愛奈さん、柿崎芽実さん、あなた達をここに呼んだのは、他でもありません。実はこんな予告状が、届いたんです。

佐々木:『今夜零時に、最上階の展示スペースにある、「けやきの涙」をいただきにあがります。ルパン四世』

高瀬:世間を騒がせている怪盗、ルパン四世!

柿崎:「けやきの涙」って、大きな大きな、いちごみたいな真っ赤なルビーですよね。

総支配人:このルビーは、フツウのルビーではありません。古代エジプトの女王が身に着けていたものなんです。

佐々木:これ、ですよね、輝き方が、全然違いますね。

総支配人:あなた達は、まだ警備員、見習いですよね。

佐々木:はい。その通りです。こんな大事な夜に、どうして私たちのように、頼りない三人を集めたんですか?

高瀬:自分で頼りないとか、言っちゃおしまいでしょ。

柿崎:そうですよ。制服だって、めっちゃ似合ってますよ。

総支配人:うん。ルパン四世には、フツウの論理が通用しません。正攻法では、負けてしまいます。そんな例を、ごまんと見てきました。だからこそ、あえて、未知数の、あなた達に賭けてみようと思ったんです。佐々木さん、あなたは、叫びながら警備して、近隣住民から怒られたとか。

佐々木:はい。叫ぶのが好きなんです。

総支配人:高瀬さん、泥棒にめっちゃ苦い青汁を飲ませて退治したとか。

高瀬:青汁、大好きなんです。

総支配人:柿崎さんは、犯人に、手作りのオムライスを作って自首させたとか。

柿崎:私のオムライスは、ふわとろです!

総支配人:あなた達の健闘を祈る! よろしく頼みましたよ。

一同:はい! まかせてください!

総支配人:無事、「けやきの涙」を守れるように願って、いちごジュースで乾杯です。乾杯!

一同:かんぱーい!

SE グラスが合わさる音


ナレーション:さて、三人は、「けやきの涙」を守ることができるのでしょうか?


ナレーション:さて、ここ、超高級ホテル「欅坂46」の最上階では、佐々木久美、高瀬愛奈、柿崎芽実の三人が、透明な箱に守られたルビー「けやきの涙」を見張っています。


佐々木:こうやって、三人で見ていれば、ぜったい、大丈夫だよね。

高瀬:そうだよ、私たちを選ぶなんて、あの総支配人、見る目あるよね。

柿崎:でも、私たち、会社では、半人前扱いですよね、ったくもう! やればできる子なのに! 警備員って響き、いいですよね!

佐々木:だね。

高瀬:ああ、なんだかお腹すいてこない? いちおう、夜食用にと思って・・・じゃーん、お好み焼きセット!

柿崎:ええ? なんすか、それ。フツウ、警備員と刑事の夜食といえば、アンパンに牛乳、もしくは、おにぎりか、肉マンって決まってますよ。

高瀬:古い、古い。今はね、じゃーん、カセットコンロもあるし、私が大阪仕込みのめっちゃ美味しいお好み焼き、つくってあげますよ。

佐々木:ちょっと、二人とも、集中して! 相手は、ルパン四世よ。いつ、どこから侵入してくるか、わからない。

柿崎:大げさなんだよね、ぐみちゃんは。あのね、セキュリティは万全! ここはあれだよ、46階だよ、あそこにあるエレベーター以外に、あがってこられない。

高瀬:そうだよ。ぐみちゃんは、考えすぎ。

佐々木:そうかな・・・。大丈夫かな。


ナレーション: 時計の針は、犯行予告の午前零時に近づいていきます。


高瀬:はい、できたで。高瀬愛奈特製! 青汁入り、お好み焼き!

柿崎:美味しいのかなあ。

高瀬:めっちゃ、うまいって。

柿崎:(はふはふして)あ、あっつい、っていうか、めっちゃ美味しい!ぐみちゃんも、食べなよ。

佐々木:ああ、じゃあ、ちょっとだけ、(はふはふして)あ、あ、あっつい、けど、うわ、めっちゃ美味しい!

高瀬:でしょでしょ? 自信あるんだよね、お好み焼きは。

佐々木:あ、やばい、もうすぐ、午前零時!

柿崎:あれじゃない、お好み焼き食べてるウチらの余裕に、恐れをなして、ルパンさんも、あきらめたっぽくない?

高瀬:だね。もう来ないね。

佐々木:さぁ、0時まで5、4、3、2、1、

SE エレベーターが到着チン!

高瀬:うわ、誰か来た!

総支配人:なんですか、いい匂いさせてますねえ。

三人:総支配人!

総支配人:驚かせてしまいましたか。

柿崎:もう、ルパン四世かと思いましたよ。

総支配人:はははは、すみません。どんな感じか、偵察にきたんです。

高瀬:まったく、異常なしですよ。あ、総支配人も食べませんか?私の特製、お好み焼き!はい、割りばしは、ここに、

総支配人:ありがとうございます。いいですねえ、いただこうかな。どれどれ、(はふはふして)う、う、うまい!いいねえ、いい味出してますねえ。

高瀬:でしょ?

総支配人:ああ、美味しい。いやあ、君たちのおかげで「けやきの涙」は、無事でしたね。ありがとう。では、これは私が預かっていきましょう。

佐々木:ちょっと待った!!

高瀬・柿崎:どうしたの?ぐみちゃん。

佐々木:「けやきの涙」に触らないで。

総支配人:何を言うんです、これは私のものですから。

高瀬:そうだよ、総支配人の物でしょ?

柿崎:どうしたの? ぐみちゃん。

佐々木:今日のお昼、総支配人と乾杯しましたよね。いちごジュースで。そのとき、グラスを持つ手は、左手でした。ああ、このひとは左利きなんだなと思いました。でも、今、あなたは、右手で、お好み焼きを食べた。あなたは、総支配人ではない。変装した、ルパン四世!

高瀬:まさか!

柿崎:そんなことが!

総支配人:はははははは、ああはははははははは! よくぞ見破った!

佐々木:やっぱり。

総支配人:だが・・・私は、変装などしていない。ほれ・・・。

柿崎:ほんとだ、このおひげ、本物。

総支配人:痛い痛い、引っ張るな! 強く引っ張るな!

佐々木:どういうこと?

総支配人:ルパン四世の予告状は、嘘です。私は警備会社に頼まれて、君たちを試したのです。

高瀬:なんだ、そうだったんだ!

総支配人:よくぞ、気づきました、佐々木久美さん、でかしましたよ。

佐々木:ありがとうございます!!

総支配人:あなた達はもう、半人前なんかじゃありません。立派な警備員です。おめでとう!

一同:やった! よかったね!

総支配人:いやあ、めでたし、めでたしだ。ははははっはは。


ナレーション: そう言って、総支配人は、エレベーターで去っていきました。しばらくすると、


SE エレベーターが着いて、チン!

総支配人:やあ、君たち。

佐々木:総支配人、何か忘れ物、ですか?

総支配人:ん? 忘れ物? どういうことです?

高瀬:さっき、来たとき、何かお忘れになったのかと。

総支配人:さっき? いや、私は、今、初めてここに来たんですが・・・。

柿崎:しまった!!


ナレーション:「けやきの涙」は、なくなっていました。


高瀬:あああ、やっぱり、さっきのは、ルパン四世!

佐々木:ははは、

柿崎:どうしたの? ぐみちゃん。

佐々木:ルパン四世は、偽物を持っていったよ、あれはね、特製のルビー。実はね、グミなの。

高瀬・柿崎:えええ?

佐々木:万が一のことを考えて、ほら、本物は、ここに!

高瀬・柿崎:さすが!

総支配人:あなた達はもう、立派に、警備員です!

一同:ありがとうございます!!

収録後のワンショット

Page Top