OnAir

2017年421日放送 午後1000分~NHK-FM

放送一覧

『美少女戦士・ハピネス!』

原案:田名部生来、福岡聖菜、佐々木優佳里、村山彩希、馬嘉伶

脚本:北阪昌人

出演

佐々木優佳里、田名部生来、村山彩希、福岡聖菜、馬嘉伶、山寺宏一

あらすじ

時は2048年。新政権による『禁ハピネス法案』が議会で可決された。「ハッピー!」「幸せ!」「ハピネス!」という言葉を使えば、すぐに秘密警察に連れ去れる、いわゆるハピネス狩りが横行。しかし、この法案が世の中を席巻したにも関わらず、地下組織を形成し、幸せという言葉を大切にする一人の少女がいた。その名は『美少女戦士・ハピネス!』果たして彼女は、ハピネスを守り抜くことができるのか?!

人物相関図

  • ストーリー&キーワード募集
  • メンバーへの質問募集
  • 感想を送る

物語が読める ♪


ナレーション:時は、2048年。新政権が打ち出したのは、幸せという言葉を使うことを禁じるというマニフェストだった。幸せという言葉、概念があるから、ひとはそれに憧れ、背中を押され、苦しむことになる。この世からあらゆるハピネスがなくなれば、ひとはもっと自由に生きられるのではないか。それを提唱したいわゆる『禁ハピネス法案』は、議会で可決された。ハッピー!、幸せ!、ハピネス!という言葉を使えば、すぐに秘密警察に連れ去られる、いわゆるハピネス狩りが、横行した。


マチャリン:台湾の食べ物「ダンピン」を食べると、幸せになる!

秘密警察A:秘密警察だ!今、なんと言った?

マチャリン:「ダンピン」食べて、幸せ。

マチャリン:きゃあああああ!

ミク:ああ、漫画読んだり、アニメ見てるとハッピーな気分になる!

秘密警察A:秘密警察だ!今、なんと言った?

ミク:え?いや、あの、漫画やアニメで、ハッピー。

秘密警察A:連行する!

ミク:きゃあああ、やめて、ああ、私の漫画、どうするの? ねえどうするの??


ナレーション:しかし、この法案が世の中を席巻したにも関わらず、地下組織を形成し、幸せという言葉を大切にする、ひとりの少女がいた。ひとは、彼女のことをこう呼んだ『美少女戦士・ハピネス!』


ハピネス:私ひとりになっても、ゼッタイ、守って見せる! ハピネスは・・・渡さない!!


ナレーション:ここは、トーキョータウン・アキハバラの薄汚れた雑居ビル。地下の一室で、必死に体を鍛えているのは、美少女戦士・ハピネスの親友、ユイリ。


ユイリ:(腹筋を鍛えている)ふん!401、ふん!402、ふん!403、


ナレーション:そこへ、街の偵察からハピネスが戻ってきた。


ハピネス:ユイリ、また腹筋?あんた、最近、ハリキリすぎだよ。そんなんじゃ体がもたない。

ユイリ:ハピネス、体鍛えてないと、不安なの。

ハピネス:気持ちはわかるけど。

ユイリ:で、どうだった?

ハピネス:いやぁ、ひどいもんだよ。ハピネス狩りは、どんどん激しくなってる。

ユイリ:大丈夫かな、マチャリンに、ミク。

ハピネス:ぜったい、取り戻すさ。

ユイリ:それにしても、どうしてあたいらの根城(ねじろ)がわかったんだろ。

ハピネス:そのことなんだけど、実は、あたしたちの中に、いるんだと思う。スパイが。

ユイリ:スパイ?だって、残った仲間はハピネスと、あたいと、あとは、

セイナ:ただいま!ああ、疲れちゃった。

ユイリ:セイナ、お帰り。

セイナ:はい、りんご、手に入れてきたよ。けっこう、美味しそうだよ、ほら!

ハピネス:よく、手に入ったね。

セイナ:え?どうしたの?ハピネス、そんな怖い顔して。

ハピネス:セイナ・・・

セイナ:なに?

ハピネス:ちょっとききたいことがあるんだけど、

ユイリ:ちょ、ちょっと待ってよ、ハピネス。まさか、セイナを、疑ってる・・・の?

セイナ:疑うって、なに?

ユイリ:ないない、ゼッタイないって。セイナは、古くからの付き合いで、

ハピネス:もうすぐ、わかる。

ユイリ:え?

ハピネス:セイナ、あんたには申し訳ないけど、トラップをしかけさせてもらった。

セイナ:え?

ハピネス:幸せという言葉が入っている辞書、ハッピーという言葉がついているCD、ハピネスなグッズたち、それらを保管した場所、あんたに教えたでしょ。

セイナ:そうね。

ハピネス:あたしはね、セイナ、あんたにしかしゃべってない。

ユイリ:あたいは、聞いてないよ。

ハピネス:その場所にね、ベットベトの粘着成分でできたノリを塗りこんでおいた。今から、その部屋の映像を、映すよ。もしそこに秘密警察がとらわれていたら、白状してもらう。

ユイリ:ハピネス・・・そんなセイナを疑うなんて・・・。ないよね、セイナ、あんたがあたいらを売るなんて、そんなの、ないよね?

秘密警察A:うわあああ、なんだ、このベタベタは、体が、うごかない、ああ、た、たすけて、くれ・・・。あああああ

ハピネス:どう、セイナ。

セイナ:ハハハハハハハ、ばれちゃったみたいね。

ユイリ:セイナ!

セイナ:そう、あたしは、ス・パ・イ。

ユイリ:セイナ! あんたってやつは! ミクとマチャリンは、あんたのせいで!

ハピネス:やめな! ユイリ。話してもらうわよ、どうして裏切ったか。

セイナ:・・・あたしは・・・あたしは・・・いつも、左上ちゃんって呼ばれて、バカにされてきた。最初にみんなで集合写真撮ったとき、左上だったから。

ハピネス:バカにしてたわけじゃない!

セイナ:でも、なんか私だけ写真写り、悪くて、それに、あたしは、人見知りで、どうやってみんなと話したらいいか、よくわからなくて・・・。ああ、あたしも幸せな笑顔がほしいって思った。でも、幸せになりたいって思うと、どんどん、辛くなってきて。あ、そうか、だから幸せっていう漢字と辛いっていう漢字は似てるのかなって。

ハピネス:セイナ、よく、聞いて。幸せってね、まずは誰かに与えるものなんだよ。

セイナ:え?

ハピネス:誰かに与えて、そのまた誰かが誰かに与えて、まわりまわって、やっと自分のところにやってくるものなんだよ。最初から、そこにあるもんじゃないの。

セイナ:ハピネス・・・。

ハピネス:ごめんね、セイナの気持ちを分かってあげられなかったのは、あたしがいけない。でも、これだけはわかって。あたしも、ユイリも、ミクもマチャリンも、みんなセイナのことが、大好きなの。

セイナ:・・・ハピネス・・・。

ハピネス:一緒に、行ってくれるわね?

セイナ:え?

ハピネス:ミクとマチャリンを助けに行くの。

セイナ:・・・無理よ・・・あたしには・・・。

ユイリ:もういいよ、ハピネス。あたいらだけで行こう!いよいよだね、あたいの鍛えた腹筋を使うときが来たー!

ハピネス:OKわかった。さあ、いくわよ! ハピネスは、渡さない! ハピネス戦士!見参!!


ナレーション:そうして、美少女戦士・ハピネスとユイリは、秘密警察の本部に乗り込んだ。


秘密警察B:ふふふ、そっちからやってくるとはいい度胸だなあ。だが、飛んで火に入る、夏の虫だぁ、あはははははは。それ、このちょこざいな女たちをつかまえろ!

ハピネス:ここはあたしにまかせて、ユイリは、ミクとマチャリンをお願い!

ユイリ:わかった!


ナレーション:そのころ、秘密警察の牢獄では・・・。


セイナ:さあ、開いたわ、ミク、マチャリン、早く逃げて。

ミク・マチャリン:セイナ、ありがとう。

ミク:え、セイナ、どうしたの? 一緒に、逃げないの?

セイナ:あたしは・・・その、あたしは・・・。

秘密警察C:セイナさん、なにやっちゃってるんだい? 獲物を逃がすなんて、ダメでしょうが、ねえ、

セイナ:さあ、ミク、マチャリン 私はいいから早く逃げて!

ミク:できるわけないよ。

セイナ:え?

ミク:セイナを置いて、逃げられるわけないでしょ。

マチャリン:そうだよ。

ミク:だって、セイナは、仲間なんだから。

マチャリン:友達、なんだから。

セイナ:ミク・・・マチャリン・・・ありがとう。

秘密警察C:残念ながら、三人とも、そこまでだ。このレーザー銃が見えるだろ?

セイナ:危ない!!

セイナ:あああ!

ミク・マチャリン:セイナ!

ミク:あたしをかばってくれたの?

セイナ:ううん、いいの。これが戦士の務めだから。


ナレーション:そこへハピネスとユイリが、やってきた!


ハピネス:させるか!あたしが相手だぁ!!

秘密警察C:みんなまとめて、レーザービームをお見舞いするぞ! それ!

ハピネス:幸せって言葉を使うから幸せになるの。ハピネスって言葉があるから、分かち合えるの。だからあたしはゼッタイ、手放したり、しない。ハピネスは、守ってみせる! えい!

秘密警察C:う、うわあああ、


ナレーション:美少女戦士・ハピネスは、必死に戦った。そうして、ミクとマチャリンを救出することができた。


ハピネス:セイナ、大丈夫?

セイナ:うん、

ユイリ:傷は、浅いよ。

ミク:ありがとう、セイナ、そして、ハピネスにユイリ。

マチャリン:ありがとう、みんな。


ナレーション:五人の戦士たちが歩く姿を夕陽が照らしていた。彼女たちは果たして、この先もハピネスを守ることができるのか? 戦いは、まだ始まったばかりだ。

収録後のワンショット

Page Top