OnAir

2016年63日放送 午後1000分~NHK-FM

放送一覧

『翼はいらない~蛇つかい編』

原案:小嶋真子、小笠原茉由、平田梨奈、大森美優

脚本:北阪昌人

★参考:れいこ、スネークマン

出演

小嶋真子、小笠原茉由、平田梨奈、大森美優、山寺宏一

あらすじ

見事、世界蛇つかい選手権で金メダルを獲得した平田梨奈。記者会見で蛇つかいになろうと思ったきっかけについて質問され、昔のことを思い出す。アメリカから日本にやってきたばかりの頃、なかなか学校でクラスになじめずにいた。そんなある日、雨の中、梨奈が傘もささずに歩いていると…。

人物相関図

  • ストーリー&キーワード募集
  • メンバーへの質問募集
  • 感想を送る

物語が読める ♪


ナレーション:さて、ここは、秋葉原のホテルで行われている記者会見。カメラのフラッシュをあびる、その綺麗な女性は?


梨奈:どうも、こんにちは! 平田梨奈です。


ナレーション:彼女がなにゆえ、注目を集めたかというと、


記者:平田さん、世界蛇つかい選手権で金メダルをとられた今のお気持ちは?

梨奈:そうですねえ、私が何かしたわけじゃないんです。演じたのは、蛇さんたち、みゆぽんと、こじまこに、あらためて、感謝です。

記者:どうして蛇つかいになろうと思ったんですか?

梨奈:それは・・・。

記者:それは?


梨奈:私は、思い出した。アメリカから日本にやってきて、とまどった・・・それは、漢字。


梨奈:金の横に、同じと書いて、銅! ホワイ! ジャパニーズピーポー! オリンピックで、金と銅、同じじゃないよ! ホワイ!


梨奈:私は、漢字が書けなくなった。全部、ひらがな。学校でクラスになじめない。そんなある日・・・。


梨奈:傘も差さずに、歩いている私は、みじめな気持ちになっていた。


梨奈:私は、日本でやっていけるんだろうか・・・。雨が冷たい。

みゆぽん:ねえねえ、そこのキミ、

こじまこ:ねえねえ、そこの泣き虫さん、

みゆぽん・こじまこ:うふふふふ~。


梨奈:草むらから声がした。のぞき込んでみると・・・。


みゆぽん:やあ、こんにちは!

こじまこ:どうもどうも、こんにちは!

梨奈:え? へ、蛇??


梨奈:こうして、私の蛇つかい人生が始まった!


ナレーション:雨の中で出会った二匹の蛇を自宅に持ち帰った梨奈は、


梨奈:ねえ、キミたち、ママがびっくりするから、大人しく、この箱の中に入っていてね。

みゆぽん:ええ? こんな狭い中に?

こじまこ:やだなあ、押し込められるのは。

梨奈:そんなこと言わないで、ね? ドンウオーリー!

ママ:ちょっと、梨奈、開けるわよ。

梨奈:あ、ちょっと待ってママ!

ママ:なによ、開けちゃうわよ。

ママ:あ、いま、何か隠したわね?

梨奈:か、かくしてないよ、ママ、ノープロブレム。

ママ:隠しました。梨奈はね、何か隠し事があると、必ず英語になっちゃうの。

梨奈:そんなことない。

ママ:その箱があやしいわね。

梨奈:いや、これは、その、

ママ:かしなさい。

梨奈:いや、ママは見ないほうがいいと思う。

ママ:そういわれると見たくなるわねえ、あ、わかった。中にあれでしょ、サザエさんのアナゴさんが入ってるんじゃない? 平田梨奈ちゃん、ちょっと飲みにいかないかい。

梨奈:あんまり、似てないけど、

ママ:かしなさい!

梨奈:やだ!


ナレーション:蓋が開き、中からニョロニョロと出てきたのは、


ママ:キャアアアアア、蛇! しかも、二匹!!


梨奈:ママには捨てるように言われたけど、そんなことはできなかった。私は、ひそかに、蛇を飼った。


みゆぽん:捨てないでくれてありがとうね。

こじまこ:梨奈、ありがとう。

梨奈:名前をつけるね、あなたがみゆぽんで、

みゆぽん:みゆぽん?

梨奈:あなたが、こじまこ、

こじまこ:こじまこ?

梨奈:よろしくね。


ナレーション:こうして、梨奈と二匹の蛇との奇妙な共同生活が始まりました。


みゆぽん:梨奈はさ、もっと自信持たなきゃダメだよ。

梨奈:みゆぽん、そんなふうに言われても、自信なんてないもん。

みゆぽん:顔だって可愛いし、ダンスもうまい。

梨奈:でも、漢字が苦手。

こじまこ:苦手だって思うなら、克服すればいいじゃん。

梨奈:こじまこ、克服って、簡単に言わないでよ、

梨奈:漢字の、一、二、三、OK、法則わかった、簡単ね、イッツイージー! でも、四、ホワイ! ジャパニーズピープル!! こんなひっかけ、いらないよ!

みゆぽん:厚切りジェイソンさんのパクリは、そのへんでやめて、もう一度、考えて。

梨奈:何を?

こじまこ:漢字って、素敵なんだよ。

梨奈:え?

みゆぽん:ひとを、憂えると書いて、優しい。

こじまこ:はい、いいですかぁ! 人という字は、支え合って、できていますぅ!

梨奈:そっか・・・。

みゆぽん:漢字検定、受けてみなよ。

梨奈:え?

こじまこ:わたしら、応援するからさ。

梨奈:無理無理。

みゆぽん:なんでそんなこと言うの?

梨奈:だって、私にはハンデがあるし、

こじまこ:このバカチンがぁ!

梨奈:え?

こじまこ:はい、いいですかぁ、私らみたいに、蛇だったら、手も足も出ません。でもねえ、梨奈、あんたには、努力するっていう、手足がある。

梨奈:努力・・・。

みゆぽん:ただね、努力って道には、一気に飛べる羽はない。

こじまこ:翼はない。

梨奈:翼・・・。

みゆぽん:いらないよね?

梨奈:え?

こじまこ:翼。

みゆぽん:頑張ってみようよ。


ナレーション:こうして、平田梨奈の漢字レッスンの日々が始まりました。彼女は、頑張りました。毎日、少しずつ、コツコツと、漢字を覚えていきました。


みゆぽん:がんばって! 梨奈!

こじまこ:負けるな! 梨奈!!

梨奈:わかった、がんばる!!


ナレーション:ある日、梨奈は、担任の先生に呼ばれました。


担任:平田、

梨奈:はい。

担任:よく頑張ったな。

梨奈:え?

担任:漢字検定の二級、合格してたぞ。

梨奈:ほんとですか??

担任:ああ、ほんとだ。どうしてそこまで頑張れたんだ?

梨奈:蛇のおかげです。

担任:蛇?


梨奈:私は蛇たちに感謝した。もう、彼女たちを箱の中から出してあげようと思った。でも・・・。


みゆぽん:なんかさ、漢字を覚えちゃったんだよね。

こじまこ:私も・・・。

梨奈:え?

みゆぽん:ねえ、あのさ、よかったら、蛇つかい、やらない?

梨奈:蛇つかい?

こじまこ:漢字を知ってる蛇、なかなかいないと思うよ。


ナレーション:そうなんです。世界蛇つかい選手権で、平田梨奈が、優勝したのは、


実況アナ:おおっと、すごいすごい! 蛇が平田梨奈の指定した漢字を、自分の体を使って、書いています!!

みゆぽん:金に、同じで、銅!

こじまこ:一、二、三、四、ホワイ!ジャパニーズピープル!!

記者:平田梨奈さんが、金メダルを取れた理由がなんとなくわかりました。

梨奈:ありがとう! みゆぽんに、こじまこ、

みゆぽん:いえいえ、

こじまこ:梨奈が、忘れなかったからだよ。

みゆぽん:翼がいらないって。

収録後のワンショット

Page Top