おすすめ番組

※放送予定は変更になる場合があります。

※番組ホームページへのリンクはPCサイトに移動する場合があります。

2月 5日(金)

ラジオ防災講座 第7回「コロナ禍の災害対応」

午後6:00~6:50

新型コロナウイルスの感染が拡大している中でも、大地震や津波による災害が起こる可能性はある。新型コロナウイルスに対応した避難所運営などについて海南市の担当者に話を聞くほか、新型コロナウイルスの影響で実施が難しくなっている避難訓練について、スマートフォンを使って実施した静岡県浜松市の取り組みについて紹介する。

2月 6日(土)

紀の国スペシャル・アンコール「疾走538段~熊野・お燈(とう)まつり~」

午後4:15~5:10

コロナ禍の今年は例年と異なる形で執り行われるお燈まつり。2月6日のまつり当日に2 007年に放送した番組をアンコール放送。男達の意地と誇りのぶつかり合いに密着。

2月 6日(土)

もういちど、日本「お燈まつり」

午後5:10~5:15

和歌山県新宮市で毎年2月6日に行われる「お燈まつり」は、1400年続くといわれる 伝統の火祭り。「山は火の滝 下り龍」とも唄われる壮観な様を紹介。▽2013年放送

2月 12日(金)

紀の国スペシャル「心の距離を越えて~コロナ禍“ひきこもり”たちの職探し~」

午後7:30~7:57

コロナ禍で社会へ出るきっかけが激減した「ひきこもりの若者たち」、そして彼らを支援 する和歌山県の精神科医・宮西照夫さんの日々を追う。若者たちを企業とつなげることで 社会復帰を目指してもらおうとする宮西さん。コロナ不況のため協力企業を見つけるのは 困難を極める。そうした中で自ら変わろうと動き始めた若者たち。社会との間に大きく広 がった「心の距離」を取り戻すことはできるのか…。ナビゲーター・山崎樹範(俳優)。

2月 19日(金)

紀の国スペシャル「心の距離を越えて~コロナ禍 人とつながり生き直す~」

午後7:30~7:57

白浜町の断崖・三段壁。観光名所である一方、毎年、身を投げる人が現れる。その岩壁に あるのが「いのちの電話」だ。電話が鳴ると牧師の藤藪庸一さんが駆けつける。藤薮さん は自殺願望を持つ人たちを支援するNPOの代表を務め、彼らに共同生活が送れる住まい や働ける場を提供し自立を助けてきた。しかし今、新型コロナが、彼らの自立に暗い影を 落とす。手を差し伸べ続ける藤藪さんの日々を追う。ナビゲーター・山崎樹範(俳優)

 
▲ ページの先頭へ