写真に関するギモン・撮り方のギモン
BEST PHOTO
写真をクリックすると大きいサイズでご覧いただけます
8月のテーマ 『夏休み
ベストフォト賞  テーマに応募された多数の作品の中から毎月「ベストフォト賞」を決定します。
ベストフォト賞

「夜 の 華」

高島 弘さん

【先生のコメント】

夏の宵といえば、花火。
右の黒い森が画面を引き締め、 そこから飛び出した花火も勢いがあっていいですね。
浜辺に響く大音響が聞こえてくる雄大な1枚。
浜辺のカップルも印象的でした。







入選作品  ベストフォト賞と共に放送された写真を入選作品として紹介しています。
「南国気分」
川口 詩穂子さん

【先生のコメント】

「どう?」と自慢げなストレートの表情がいい。
歯の抜けた口元がリアルで何とも可愛らしいですね。
南国トロピカルな雰囲気があふれる1枚です。





「チョウトンボ」
梅本 勝治さん

【先生のコメント】

万葉の里で撮影された金紫色に輝く豪華な羽を広げ、優雅に飛ぶチョウトンボ。
ヒラヒラと飛ぶんですが動きは素早いんです。
夏色の背景をぼかしたことで、トンボが際立って効果的です。






「法事」
芝 のり子さん

【先生のコメント】

頭を垂れて両手を合わせる
1歳の男の子。大人のしぐさを
マネしてるんですね。それを見抜いた
おばあちゃんカメラマン、さすが!
夏の風情がただよう1枚です。


「夕暮れの秘密」
菊池 佳奈さん

【先生のコメント】

片男波海水浴場。 人物の大きさが絶妙で、その位置もいい。
一刻一刻変化する渚のドラマが捉えられていて
天の高さもあり、画面構成が優れた作品です。


照井四郎さん

写真家 照井四郎さん

1948年秋田県横手市生まれ。横手工業高卒業後、東京でアルバイトをしながら全国を放浪。70年に有田市へ移住。

写真店を営むかたわら、82年に国際写真サロン初入選。長崎県の日本最古の「高島炭鉱」を追い続けた「地底の炎は消えた」、紀の川や有田川をとらえた「紀の国の川」などドキュメンタリー写真を出版。現在は、熊野地方を中心に写真を撮り続けている。

2004年11月には有田市文化奨励賞を受賞。日本写真家協会会員、写真集団「無限」代表。

バックナンバー  これまでホームページに掲載した作品も是非ご覧ください。

2022年  │ 1月  │ 2月  │ 3月  │ 4月  │ 5月  │ 6月  │ 7月  │ 8月  │ 9月  │ 10月

2021年  │ 4月  │ 5月  │ 6月  │ 7月  │ 8月  │ 9月  │ 10月  │ 11月  │ 12月

写真館のトップに戻る │ NHK和歌山放送局のトップに戻る
© NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. 許可なく転載することを禁じます。