BEST PHOTO
写真をクリックすると大きいサイズでご覧いただけます
1月のテーマ 『寅年
ベストフォト賞  テーマに応募された多数の作品の中から毎月「ベストフォト賞」を決定します。
ベストフォト賞

「名カメラマン」

梅本 勝治さん

【先生のコメント】

巫女さんの意外な姿を捉えたところです。
この表情から傑作をトラねばという意気込みが伝わります。 提灯や巫女さんの装束も紅白でおめでたい!
袴をなびかせ、颯爽と歩いていますね。
活発な姿に元気をもらえます。

お正月の清々しい空気感が漂う1枚です。





入選作品  ベストフォト賞と共に放送された写真を入選作品として紹介しています。
「私のガードマン」
矢田 六夫さん

【先生のコメント】

ド迫力!
猛獣の鎧をまとって、怖い物なし!
縦位置で肩まで入れたことで、守られている感じが出て効果的です。





「トライモリ」
小畑 光弘さん

【先生のコメント】

お腹が見事な寅柄、だからトライモリね!
見た瞬間ギョッとしましたが…
ちょっと…でも手足のしぐさが 仲良くダンスしているようでユニークな1枚です。




「どんどさん」
北 順夫さん

【先生のコメント】

山車には無病息災を願って、皆さんの短冊も載せられています。
コロナ禍で中止になりましたが、毎年地元の小学生が山車を引いているそうです。 来年は子どもたちのかけ声が聞きたいですね。



「寅年」
福本 ツヤ子さん

【先生のコメント】

こちら3人共、 干支が「寅」だそうです!
トラの絵馬の前で「寅年」集合!
12年に1度の寅づくしですね。
このような記念写真は、12年毎に撮り続けて 残して欲しいですね!



照井四郎さん

写真家 照井四郎さん

1948年秋田県横手市生まれ。横手工業高卒業後、東京でアルバイトをしながら全国を放浪。70年に有田市へ移住。

写真店を営むかたわら、82年に国際写真サロン初入選。長崎県の日本最古の「高島炭鉱」を追い続けた「地底の炎は消えた」、紀の川や有田川をとらえた「紀の国の川」などドキュメンタリー写真を出版。現在は、熊野地方を中心に写真を撮り続けている。

2004年11月には有田市文化奨励賞を受賞。日本写真家協会会員、写真集団「無限」代表。

バックナンバー  これまでホームページに掲載した作品も是非ご覧ください。

2022年  │ 1月  │ 2月  │ 3月  │ 4月  │ 5月  │ 6月  │ 7月  │ 8月

2021年  │ 4月  │ 5月  │ 6月  │ 7月  │ 8月  │ 9月  │ 10月  │ 11月  │ 12月

写真館のトップに戻る │ NHK和歌山放送局のトップに戻る
© NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. 許可なく転載することを禁じます。