BEST PHOTO
写真をクリックすると大きいサイズでご覧いただけます
12月テーマ 『冬音
ベストフォト賞  テーマに応募された多数の作品の中から毎月「ベストフォト賞」を決定します。
ベストフォト賞

「水面の彩り」

新谷 彰さん

【先生のコメント】

水面に散りばめられた落ち葉。
まるで一幅の絵画。あまりの美しさに目を奪われました。
自然が織りなす造形には敵わない。
もみじと茶色い枯れ葉の取り合わせがよく、
緑の水草もアクセントになっています。
フレーミングもいいですね。
一歩一歩近づく冬の音(ね)を感じました。





入選作品  ベストフォト賞と共に放送された写真を入選作品として紹介しています。
「冬至」
惣田 慕宜さん

【先生のコメント】

木枯らしで葉が散った木々が、
初冬のメルヘン、一抹の寂しさも感じます。
この女の子は何を考えて覗いているのかな?
シルエット調にしたことで寒さと侘しさを表していて効果的です。




「葉ボタン畑」
梅本 勝治さん

【先生のコメント】

切り花用葉ボタンの収穫風景。
紀の川市は出荷量が全国一ですよね!
包んだ葉ボタンを抱える男性の姿に
農家の誇らしさも感じました。
トラックの荷台に並ぶ葉ボタンが、
造形的でおもしろくていいですね。




「風よけ」
谷口 幸永さん

【先生のコメント】

こちら、みかん畑ですね。 白い帯のようなネットは風よけ。
さらに防風林にも白いネットを巻いています。
これは枝が伸びて、太陽の光を遮らないようにするためなんです。
ネットに巻かれた木がアート的で
ユニークな1枚でした。





「ライトアップ」
北 順夫さん

【先生のコメント】

魚眼レンズで撮影したことで、境内の賑やかさが表現されています。
また日の入り直後のブルーアワーに
撮ったので、イチョウが際立ちました。
寒々とした空気感が伝わってきますね。




照井四郎さん

写真家 照井四郎さん

1948年秋田県横手市生まれ。横手工業高卒業後、東京でアルバイトをしながら全国を放浪。70年に有田市へ移住。

写真店を営むかたわら、82年に国際写真サロン初入選。長崎県の日本最古の「高島炭鉱」を追い続けた「地底の炎は消えた」、紀の川や有田川をとらえた「紀の国の川」などドキュメンタリー写真を出版。現在は、熊野地方を中心に写真を撮り続けている。

2004年11月には有田市文化奨励賞を受賞。日本写真家協会会員、写真集団「無限」代表。

バックナンバー  これまでホームページに掲載した作品も是非ご覧ください。

2022年  │ 1月  │ 2月  │ 3月  │ 4月  │ 5月  │ 6月  │ 7月  │ 8月  │ 9月

2021年  │ 4月  │ 5月  │ 6月  │ 7月  │ 8月  │ 9月  │ 10月  │ 11月  │ 12月

写真館のトップに戻る │ NHK和歌山放送局のトップに戻る
© NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. 許可なく転載することを禁じます。