BEST PHOTO
写真をクリックすると大きいサイズでご覧いただけます
9月テーマ 『晩夏
ベストフォト賞  テーマに応募された多数の作品の中から毎月「ベストフォト賞」を決定します。
ベストフォト賞

「トンボとり」

小畑 英三さん

【先生のコメント】

野生の猫がトンボを捕まえようとしている、ジャンプして狙うのは「赤トンボ」。
決定的瞬間が見事に捉えられているところです。
獲物を狙うするどい眼差しに野生の本能を感じます。
キャッチしようとする姿を見事にキャッチした、カメラマンの粘り勝ちですね。







入選作品  ベストフォト賞と共に放送された写真を入選作品として紹介しています。
「朽ちた向日葵」
梅本 勝治さん

【先生のコメント】

種も落ちて、役目を果たした向日葵。
アップで撮影しているので、凄味がありますね。
背景をぼかしてシンプルにしたことで 撮影意図がよく伝わります。




「夢を乗せて」
高島 弘さん

【先生のコメント】

船の明かりが際立つ薄暮の時間帯ですね。
手前にぽつんと佇むふたりが、風景の広さと わびしさ表しています。
「晩夏」が感じられる作品です。




「ビーチヨガ」
中道 望さん

【先生のコメント】

大自然のなか風と波の音を感じながらとるポーズ。
あおりで撮っているので天に伸びる様子が伝わります。
開放感にあふれる1枚です。


「金色の田んぼと秋の空」
西田 之伸さん

【先生のコメント】

色味が夏の終わりですね。
影が長くなる夕暮れ。自分の影を入れたのがポイントです。
流れるような雲が雄大な田園風景を表現していますね。


照井四郎さん

写真家 照井四郎さん

1948年秋田県横手市生まれ。横手工業高卒業後、東京でアルバイトをしながら全国を放浪。70年に有田市へ移住。

写真店を営むかたわら、82年に国際写真サロン初入選。長崎県の日本最古の「高島炭鉱」を追い続けた「地底の炎は消えた」、紀の川や有田川をとらえた「紀の国の川」などドキュメンタリー写真を出版。現在は、熊野地方を中心に写真を撮り続けている。

2004年11月には有田市文化奨励賞を受賞。日本写真家協会会員、写真集団「無限」代表。

バックナンバー  これまでホームページに掲載した作品も是非ご覧ください。

2022年  │ 1月  │ 2月  │ 3月  │ 4月  │ 5月  │ 6月  │ 7月  │ 8月  │ 9月

2021年  │ 4月  │ 5月  │ 6月  │ 7月  │ 8月  │ 9月  │ 10月  │ 11月  │ 12月

写真館のトップに戻る │ NHK和歌山放送局のトップに戻る
© NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved. 許可なく転載することを禁じます。