2月のラジオ防災講座「昭和の南海地震~残された教訓~」

横林です。
2月のラジオ防災講座、テーマは「昭和の南海地震~残された教訓~」です。
今から74年前の1946年12月21日午前4時19分、昭和の南海地震が発生しました。白浜町の 綱不知地区では、津波によって14人が犠牲となりました。
今回は、この綱不知地区で実際に津波に 遭遇した男性の証言をお聞きいただきます。
冬の早朝、辺りは暗く建物の壊れる音などがすさまじかったことや、津波から逃れた人たちをウバメガ シの木を燃やして暖めたこと。戦後間もないころで、白浜に疎開していた子どもが逃げ道が分からずに 津波の犠牲になってしまったこと…。現在の私たちにも教訓となることがたくさんあります。
また、番組後半では白浜町の危機管理室長・戒能浩樹さんにもお話を伺いました。戒能さんは元陸上自 衛隊員で、白浜町役場に再就職しました。
白浜町の防災事業や、東日本大震災などで自衛隊員として 活動した経験などを踏まえて「自分の命を自分で守る」ためにはどうすればいいのか伺いました。

「ラジオ防災講座」は、NHKの「らじるらじる」の聞き逃しサービスで、パソコンや スマートフォンからも聞くことができます。
こちらにアクセスしていただき、「聴き逃し」から「50音」で「ら行」を検索すると「ラジオ防災講座」 があります。ぜひお聞きください。

横林良純

ページトップへ

押し絵の魅力を伝えたい

こんにちは!リポーターの辻由布子です!
2020年、初ブログです♪
新しい年を迎え、皆さんはいかがお過ごしでしょうか(^^)
私はお正月にたっぷり食べたお餅の分、運動しないといけません・・・(笑)

さて、ことし初の「わかやま見つけ隊」では、“押し絵”についてご紹介しました!

羽子板などに布を使って絵を立体的に飾り付ける“押し絵”。
江戸時代に女性の間で流行したという伝統工芸です。

海南市に住む押し絵作家の堅田ヱル子さん。
道成寺に伝わる“安珍清姫伝説”の清姫や和歌祭の行列など、
様々な押し絵作品を制作しながら国内外で作品展を開いてきました。
制作風景も見せていただきましたが、
パーツの1つ1つにつめる綿の量の調整や組み合わせ方などは本当に繊細!
「目で見ても分からないから指で覚えるのよ!」とのこと・・・まさに職人技でした!

映像でご紹介した羽子板なんですが、実はすごく大きいのです。

なんと両手で抱えるぐらい!
色紙サイズのものや、これぐらい大きいものまで様々で、
作品が大きくなればなるほど綿の調整が難しくなるそうです。
その分、実物の迫力と美しさは圧巻でした!綿が作り出す、ほどよい立体が奥行きをもたせていて・・・
単なるパーツの組み合わせではなく、きちんと計算された配置だからこそのリアル感なんですね。


しかし、この“伝統工芸としての押し絵”を知る人が減っていると堅田さんは感じていました。
そこで堅田さんは押し絵教室も開いていて、伝統技法を広い世代に伝えています。

和気あいあいと、たまに冗談も飛び交う教室の雰囲気がとても素敵でした!
楽しいと感じながらどんどん続いていけば良いな、と堅田さんはおっしゃっていました。


堅田さんと生徒の皆さんは、6月に開催予定の展示会に向けて制作に力を入れていくということです。
どんな作品ができ上がるのか・・・今から楽しみですね!(*^^*)


辻 由布子

ページトップへ

1月のラジオ防災講座「守る!わかやま防災シンポジウム」

横林です。
1月のラジオ防災講座は、去年11月23日に和歌山市の和歌山信愛女子短期大学で行われた
「守る!わかやま防災シンポジウム」の模様をダイジェスト版でお送りします。
近い将来に高い確率で起こるとされる南海トラフ巨大地震から私たちの命を守るためには、1人1人が
防災の知識を深めて日ごろから備えるとともに、「命を守る情報」を発信・共有するため、様々な機関や
市民が連携することが大事になってきます。巨大災害から命を守るために、「今」できる備えは何かを
考えます。ぜひ、お聞きください。

収録は、和歌山市のコミュニティーFM「エフエム和歌山」のスタジオで行いました。
災害時には「AIアナウンサー」を使って、情報を繰り返し伝えています。
「ラジオ防災講座」は、NHKの「らじるらじる」の聞き逃しサービスで、パソコンや スマートフォンからも聞くことができます。
こちらにアクセスしていただき、「聴き逃し」から「50音」で「ら行」を検索すると「ラジオ防災講座」 があります。ぜひお聞きください。

横林良純

ページトップへ

期間限定!みかんアルバイト

こんにちは!
リポーターの辻由布子です(^^)!
冬のこの時期、こたつで食べたくなるのは・・・あの果物、ですよね?

和歌山県特産の「みかん」!

中でも海南市下津は、収穫したみかんを蔵で寝かせ、追熟させてから出荷する
「蔵出しみかん」で有名です。
12月10日(火)の「わかやま見つけ隊」では
収穫時期のみかん農家の悩みごとを解決する取り組みについてご紹介しました。

みかんは機械で収穫できないため、1つ1つ手作業で収穫していきます。
しかし高齢化や人手不足が進む中、その負担はかなり大きなものに。
中には収穫が追いつかなくなり、畑を手放してしまう農家もいるといいます。

そんな中、全国から希望者を募り、期間限定の住み込みアルバイトをしてもらう取り組みが
海南市で行われています。その名も「蜜柑援農(みかんえんのう)」

収穫はもちろん、みかんの入った重さおよそ20キロのコンテナの運搬なども積極的に手伝います。

参加者たちはシェアハウスで暮らすため、農家にとっても食事などのお世話をする負担がありません。

シェアハウスに帰れば、同じ参加者たちと様々な話をしたり一緒にご飯を食べたりしてリフレッシュできるので快適だと、参加者に好評です。

「色んな話が聞けて面白いし、子どもが増えたみたいでにぎやかです!」という農家さんに
、 「和歌山にも家族が出来たみたいな感じでうれしいです。」と話す参加者の皆さん。
この関係が本当に素敵でした。

さて、1月は、皆さんが収穫した蔵出しみかんの出荷時期です。
力を合わせて収穫した海南市特産のあまーい蔵出しみかん!
皆さんもぜひ食べてみてください!(*^^*)

辻 由布子

ページトップへ

寒さを生かした農業を

こんにちは!リポーターの福山です(^^)

12月17日(火)放送の「わかやま見つけ隊」では
紀の川市鞆渕地区をご紹介しました!

鞆渕地区は、冬になると・・・

雪が降り積もるほど寒さが厳しい地域です。

この寒さを生かして始めたのが
「ちぢみほうれんそう」づくりです!

通常のほうれんそうと比較してみると・・・

(左:ほうれんそう、右:ちぢみほうれんそう)

葉がもりあがっているのが分かります。
これは、寒さにあたることで葉が縮むからなんです!
また、寒さによるストレスによって甘みが増すのも特徴♪
通常のほうれんそうよりもえぐみが少ないため、
お湯にさっとくぐらせるだけで食べられるんです!

取材に伺った日は、しゃぶしゃぶにしていただきました(^^)



ちぢみほうれんそうは、2月ごろまで収穫が行われるとのことです!

みなさんも、ぜひ1度
鞆渕のちぢみほうれんそうを味わってみてください(*^^*)


福山早紀

ページトップへ

大根役者?いえいえ、冬の食卓の千両役者!布引だいこん料理

キャスターの黒杉愛です。

12月、寒い日には毎日でも鍋やおでんを食べたくなりますね・・。
(鍋が好きすぎて、私は昔、冬の間毎日鍋を食べ続ける生活をしていましたが、
さすがに今は家族から不評なので、2~3日に一回におさえています・・。)

そんな、あたたまる料理に欠かせない冬野菜といえば、大根。
12月18日放送のギュギュっと元気では、出荷の最盛期を迎えている
和歌山市の特産・布引(ぬのひき)だいこんの畑にうかがいました!

一面に広がる畑!
後ろには紀三井寺も見えています。


布引だいこんは、細かい砂地をいかして育てられる大根。
他の土地の大根より成長がはやく、やわらかいのが特徴です。
皮をむかずに食べられるんです!



大根には消化を助けるジアスターゼや、塩分を排出するカリウムなどが含まれています。
今回は垣淵浩子さんに、大根を使ったチヂミと、
すりおろしのたれの作り方を教えていただきました。



【大根のチヂミ】
■材料(4人分)
・大根        1/2本 
・大根の葉      少々
・豚バラ肉(薄切り) 100g
・干しエビ      10g

・塩       小さじ1
・酒       小さじ2
・薄力粉     大さじ6
・ごま油     大さじ2


■作り方
【大根のチヂミ】
1、大根を皮ごと千切りにします。大根の葉も細かく切ります。
それをボウルに入れ、塩を入れてもみ込みます。
2、別のボウルに豚肉、酒、しょう油を入れて下味をつけます。
3、大根の水気をよくきって豚肉のボウルに入れ、干しエビ、薄力粉を加えて混ぜます。
4、フライパンにごま油をひき、先ほどの大根を丸く入れておよそ3分焼きます。
5、焼き色が付いたらひっくり返し、ふたをして火が通るまで焼けばでき上がりです。



【大根のすりおろしだれ】
■材料(4人分)
・大根おろし            1/3本分
・しょうゆ             150cc
・酢                50cc
・果汁(ゆず、すだち、かぼすなど) 大さじ1
・果物の皮             少々



■作り方
大根をすりおろし、ボウルに入れ、酢、しょうゆ、ゆずなどの果汁、果物の皮を入れ、混ぜればでき上がりです
(ポイント)
大根は、葉に近い青色の部分の方が甘いので、今回は青い部分を使って甘いすりおろしだれにします。また、すりおろすときに力を入れすぎず優しくすりおろすと、辛くなく食べやすくなります。

生で食べても、加熱してもおいしい布引だいこん。
一味違った料理、ぜひ作ってみてください。



黒杉愛

ページトップへ

ラグビーブーム到来!県内唯一の女子ラグビーチーム

こんにちは★リポーターの勝田千尋です。


12月3日(火)の見つけ隊では、女子ラグビーチーム「Pacific Ocean’s7」の皆さんをご紹介しました(≧▽≦)
ことし1月に和歌山県内で初めて結成された女子のラグビーチームです\(^o^)/


ラグビーの試合や練習の様子を実際に見たのは初めてでしたが、その迫力と激しさに圧倒されました(゚д゚)!
クッションを使って強くぶつかったり、激しく動き回ったり・・・

実際にどのくらいの力強さなのか、私もチームいちのコンタクト力を持つ選手にぶつかってもらいました(`・ω・´)

とっても衝撃を感じました(>_<)!

さらに腕の筋肉を触らせてもらうと・・・

筋肉の形が分かるくらいガッチガチでした(゚Д゚)!!
皆さん普段から筋力トレーニングをして鍛えているとのこと(`・ω・´)かっこいいですよね(≧▽≦)

「Pacific Ocean’s7」は、始動してからもうすぐ1年!
これからさらに強くなり活躍してほしいなと思います(*^_^*)♪

 


勝田 千尋

ページトップへ

パラコードの新たな利用法


みなさん、こんにちは!
リポーターの福山です(^^)

11月26日(火)わかやま見つけ隊では
「パラコード」の新たな利用法というテーマでご紹介しました。


パラコードというのは、こちら

かつて、パラシュートに使われていたひもなんです。

コードの中には7本のナイロンのひもが入っています。
1本のコードで、およそ250キロの重さに耐えることができると言われています。

このパラコード、いま様々なアイテムに変身しているんです!

丈夫さを生かし、カバンの持ち手として!

ほかにも、壁や天井からプランターをつるすハンギングプランターとして!

カラフルなデザイン性を生かし、ネックレスやブレスレットといったアクセサリーとしても人気を集めています。

パラコードを使って製作活動をしているのが海南市在住の脇村清也さんです。

脇村さんは、このパラコードを使って新たな利用法を考案しています。
それは「普段から身に付けられる防災グッズ」です。

ブレスレットをはずしてひもを引っ張ると、およそ2メートルのロープになります。
これが災害時には・・・

テントにシートを結び付け、日よけ・雨よけとして活躍!!

このほかにも、ロープをピンと張ると、洗濯物やタオルなどを干す物干しに!
また、情報収集には欠かせないラジオもぶら下げることができました。

脇村さんは「1人の力では限界があります。今後もパラコードを通して多くの人と交流し、さらなるパラコードの可能性を模索していきたい」と話していました(*^^*)

福山早紀

ページトップへ

12月のラジオ防災講座
「コミュニティーFM 災害への備え」

横林です。
12月のラジオ防災講座、
テーマは「市民の防災活動~災害に立ち向かうために~」です。
阪神淡路大震災以降、各地で結成された自主防災組織をはじめとする市民の防災活動。
ここ数年多発する豪雨災害で、その役割は改めて見直されています。今回の番組では、和歌山市の直川地区の自主防災
組織の活動と、50年以上にわたって活動を続けている和歌山県赤十字特別救護隊の活動についてご紹介しました。
また、自主防災組織の組織率を上げ、市民レベルの防災活動をより
活発にするためには何が必要かについて、
東京大学大学院特任教授の片田敏孝さんにもお話を伺いました。
「ラジオ防災講座」は、NHKの「らじるらじる」の聞き逃しサービスで、
パソコンやスマートフォンからも聞くことができます。

こちらにアクセスしていただき、「聴き逃し」から「50音」で「ら行」を検索すると「ラジオ防災講座」があります。ぜひお聞きください。

和歌山県赤十字特別救護隊の皆さんをエフエム和歌山のスタジオにお招きし、収録しました

横林良純

ページトップへ

NHK和歌山放送局のアナウンサー・キャスターがつづるブログ。随時更新!

カレンダー