7月のラジオ防災講座
「いつ避難?水害から身を守るには」

横林です。
7月3日(金)の「ラジオ防災講座」は「いつ避難?水害から身を守るには」と題してお送りしました。
九州では記録的な大雨で大きな被害が出ています。梅雨末期の大雨、台風による大雨に対しては
私たちもしっかり備えをしておかなければなりません。
命を守るため、適切なタイミングで避難するためにはどうすればいいのか。
専門家にお話を伺うとともに、和歌山市の和田川で和歌山大学と共同で行われている、
住民が避難の目安とする独自の「水位計」を設置する取り組みについてご紹介しました。



「ラジオ防災講座」は、NHKの「らじる★らじる」の聞き逃しサービスで、パソコンや
スマートフォンからも聞くことができます。

こちらにアクセスしていただき、「聴き逃し」から「50音」で「ら行」を検索すると「ラジオ防災講座」
があります。ぜひお聞きください。

和歌山市の和田川の橋に住民が設置した水位計

水位計の中はこうなっています

横林良純

ページトップへ

生活の困りごと タクシードライバーがお助けします”

こんにちは、大曲理美です。
6月23日の「わかやま見つけ隊」でご紹介したのは、タクシー会社の新しいサービスについてです。

九度山町と高野町に営業所を置くこちらのタクシー会社は、観光タクシーとしての業務が大部分を占めていましたが、新型コロナウイルスの影響で売り上げが半分以下に。
そこで、「ねこの手サービス紀北」という、日常生活をお助けするサービスを始めました♪

お買い物代行やお墓掃除、またドライバーの特技を生かした日曜大工も!
企画した中尾智美さんです。

企画したのは中尾さんですが、営業所のみんなで話し合って決めたそうです(*^_^*)

この日は日曜大工が得意なドライバーの石原さんが、お客さんの自宅でカーテンの不具合を直すところを見せてもらいました。細かい作業です・・・。

修理は30分ほどで完了。はやい! お客さんも喜ばれていました♪

この日、2つ目の依頼はカレーの配達。
こちらのタクシー会社の九度山営業所には喫茶店が併設されていて、提供しているカレーを配達するデリバリータクシーのサービスも始められたそうです。

みんなの生活をお助けするサービス。

「今後もいろんなことにチャレンジしていく」とおっしゃっていました♪


大曲 理美

ページトップへ

紀州てまりで“アマビエ”を

こんにちは、大曲理美です。
6月2日の「わかやま見つけ隊」でご紹介したのは、こちら!

紀州てまりで作られたアマビエです(◎◇◎)
疫病退散の御利益があるというアマビエ様。

このてまりを作っているのは、「紀州てまり趣味の会」の会員さんたちです。
会長である竹内マツ子さんにお話をお伺いしました。

アマビエのてまりは、寸法など作るのが難しいらしく、1つ完成するまでに3日はかかるとのことです。


「このてまりがみんなを守ってくれますように」と願いを込めながら作っているという竹内さん。
手先がとても器用でいらっしゃいます。

たくさんは作れないため販売はしておらず、公共施設やお知り合いにお渡ししているそうです♪

かわいい紀州てまりのアマビエ。
お守りとしても、インテリアとしても良いですね♪


大曲 理美

ページトップへ

アートで届ける子どもたちのパワー

こんにちは(^v^)
キャスターの辻です。
日に日に暑さが増していきますね、
皆さん体調崩していませんか?
熱中症にはお気を付けくださいね。
さて、先日の「#乗り越えよう和歌山」で私が取材させていただいたのは
「未来の地球アートの輪プロジェクト」という1本の動画。

新型コロナウイルスが収束した後の理想の世界をテーマに
子どもたちが描いた絵を集め、
スライドショーのように次々と流していくというものです。
和歌山市のアートディレクター、佐竹幸さんが企画しました。

佐竹さんは息子の風楽(ふら)君と一緒にSNSで動画の配信を行っていたそうなのですが、
その時の何気ない会話から、
子どもたちがコロナをどのようにとらえているのか、
どんなことを考えて過ごしているのか、
こうした子どもたちの声を表現する場所がないということに気が付いたそうです。


今回、私はこの取り組みに参加した出口さん親子を取材させていただきました。

綸子(りんこ)ちゃんと紗子(すずこ)ちゃんが描いた絵がこちら。

平和な地球をイメージしてみんなが手をつないでいる様子や、
マスク・消毒液など今不足しているものを描いたと教えてくれた2人。
出口さんは2人が描いた絵を見ながら、
子どもたちなりにいろいろなことを考えていることを知って
2人の成長を感じ、嬉しくなったと話していました。

新型コロナウイルスの影響で
今まで当たり前だったことができなくなったり
我慢することが増えたりと
気持ちが落ち込んでしまうこともありますが、
その一方で、コロナがあったからこそ気づけたこと、
人の温かさ、日常の大切さを改めて実感できたこと、
これからの私たちの生活をプラスに変えてくれることもあると思います。

皆でこの状況を少しずつ乗り越えていきましょう。
ぜひ一度この動画を見てみてください。
子どもたちの素敵な笑顔にきっとパワーをもらえるはずです!(^v^)

辻 紗樹

ページトップへ

野球選手が梅農家をお手伝い

こんにちは★リポーターの勝田千尋です。

6月に入り雨の降る日が多くなりましたね☔
梅雨のこの時期、収穫の最盛期を迎える「梅」\(^o^)/


6月16日(火)の見つけ隊でお伝えしたのも、梅に関する話題!!
いま大忙しの梅農家を手伝っている、田辺市と上富田町を拠点に活動する“和歌山ファイティングバーズ”の野球選手たちの様子をご紹介しました(゚д゚)!!

野球の関西独立リーグに所属する「和歌山ファイティングバーズ」⚾
ほとんどの選手がプロ野球入りを目指して活動しています(; ・`д・´)

およそ2か月の間、選手たちは球場での練習ができなかったり、球団からの給料がないため普段しているアルバイト先の飲食店が休業したり、新型コロナウイルスの影響を受けました。
そんな中で働き先を求めて多くの選手が始めたのが、梅農家のお手伝いだったんです(`・ω・´)ゞ

低い姿勢で梅干し用の梅を素早く拾って、およそ20キロのコンテナを2箱同時にトラックに積み込んでいました(;゚Д゚)!!

体力と速さが大事な梅農家さんにとっても大助かり!とのこと(*^-^*)

これからも、野球に梅農家のお手伝いに!両方、さらなる活躍を期待したいです(*^_^*)☆彡

勝田 千尋

ページトップへ

急増!ミシン修理 その理由は?

みなさん、こんにちは~☻♬
近畿地方も雨の季節を迎えましたね☂
じめじめとした日が続きますが、おうち時間を楽しみたいですね✦

さて、6月9日(火)のわかやま見つけ隊では、
「急増!ミシン修理 その理由は?」というリポートをご紹介しました!

ここ最近、ミシンの需要が高まっているんです。

その理由とは・・・

マスクを手作りする家庭が増えたからなんです!!

家電量販店を訪ねてみたところ、
「品切れ」「入荷未定」の文字が。

そこで、今まで使っていなかったミシンを取り出し、
修理に出す人が増えていたんです!

新宮市でミシンの修理店を営む石垣清臣さん。
繁忙期でひと月15台程度だった依頼が、ここ最近はひと月50台ほどに!
3倍から4倍ほどの修理依頼が寄せられるようになりました。

たくさんのミシンが石垣さんのところに届いています。

古くなった油が機械の中で固まり、動かなくなったミシンや、
部品が壊れてしまったミシンなどの修理を行っていました。

修理の依頼が止まらず、最近は友人である矢口京佳さんにも配達やミシンの解体作業などを手伝ってもらっています。

早くミシンを届けようと、夜遅くまで作業する日もしばしば。

今までは60代、70代の人からの依頼が多かったそうですが、
最近は30代や40代の若い世代の人たちからも依頼が相次いでいるそうなんです。

この機会に、ミシンの良さが見直されるのではないかと石垣さんは期待を寄せています。

今回ご紹介したリポートですが、
6月24日(水)にラジオ第1で放送の「関西ラジオワイド」でも放送される予定です!

見逃してしまった人も、そうでない人も、
ぜひラジオで聞いていただけたらと思います♪


福山早紀

ページトップへ

オンラインでつながる学生たち

こんにちは★リポーターの勝田千尋です。

5月26日(火)の見つけ隊では、私の母校・和歌山大学で行われている「オンライン新歓」についてご紹介しました!!

新型コロナウイルスの影響で大学に通えない日々が続く中、新入生が先輩たちとつながることができる場を作りたいと企画されました(*^▽^*)

ロケでは、よさこいサークルのオンライン新歓の様子を撮影☆彡
6人の新入生と7人のサークルメンバーが参加して行われました\(^O^)/

インターネットを通したオンラインでサークルの魅力を伝え、
パソコンの前で演舞も披露していました(≧▽≦)

さらに、初めての一人暮らしに対する悩み相談や学校に通えない中での友達作りについてもアドバイス(; ・`д・´)

参加した新入生たちの「実際にサークル活動をできるのが楽しみ」「大学生になり不安だったけど安心できるしいろんな事を聞けるからうれしいし、楽しい」という言葉が印象的でした☺

私も大学に入学したばかりのころ、新入生歓迎会で先輩たちからサークルのことや授業のことなどを聞き、たくさん相談をしていたことを覚えています(*^-^*)
大学に通えない中で、より不安や孤独を抱えている新入生の役に立っていると感じました(`・ω・´)

今後、授業が再開し実際に顔を合わせられる日が楽しみですね(*^▽^*)



勝田 千尋

ページトップへ

6月のラジオ防災講座「感染症を防ぎ避難するには」

横林です。
6月5日(金)の「ラジオ防災講座」テーマは「感染症を防ぎ避難するには」です。
もうすぐ台風・大雨のシーズンとなりますが、ことしは新型コロナウイルスの感染が懸念されます。
もし、規模の大きな災害が発生して避難を余儀なくされた場合にどうすればいいのか、
感染症を防ぎながら避難する方法について番組の中で考えました。
和歌山県の担当者に避難所の感染症対策についてお話を伺うとともに、2人の専門家に、
避難のあり方や避難所に避難した際の注意点、感染症を防ぐために非常持ち出し品に加えておきたい
ものなどについて伺いました。


「ラジオ防災講座」は、NHKの「らじる★らじる」の聞き逃しサービスで、パソコンや
スマートフォンからも聞くことができます。

こちらにアクセスしていただき、「聴き逃し」から「50音」で「ら行」を検索すると「ラジオ防災講座」
があります。ぜひお聞きください。

横林良純

ページトップへ

NHK和歌山放送局のアナウンサー・キャスターがつづるブログ。随時更新!

カレンダー