ARでのこす・伝える震災遺構
宮城県南三陸町
防災対策庁舎

宮城県・南三陸町の防災対策庁舎の屋上は高さ12メートルあり、東日本大震災では職員や住民が屋上に避難した。しかし15mを超える大津波が建物全体を飲み込み、43人が命を奪われた。

  • スマホの性能や通信環境によって、表示に数十秒程度かかることがあります。
  • 周囲の状況に十分注意しながらご覧ください
  • PCやスマホの性能や通信環境によって、表示に数十秒程度かかることがあります。
  • ARの推奨環境は、iPhoneはOS13以上でブラウザはSafari、AndroidはOS8以上でブラウザはChromeです。