放送内容

2019冬~京都 大原 ベニシアの手づくり暮らし~

初回放送日 Eテレ 2019年2月23日(土)午後3時00分~3時50分

一年で最も寒い季節を迎えた京都、大原。雪も舞う冬の朝、ベニシアさんの目覚めを促すのは、正さんがいれてくれる温かい日本茶だ。穏やかな日差しに覆われた中、使わなくなった道具を整理するため近所の古道具屋さんに出向く。
最近、歌を歌うことに力を入れているベニシアさん。京都市内に住む音楽家、今井春子さんを訪ねる。中世から伝わる楽器「シター」の音色に感動し、御年89歳の今も精力的に音楽活動などに挑戦し続けている今井さんに元気をもらう。
冷たい冬の空気に庭の植物が静まり返る中、瞑想を楽しんだベニシアさんは、お散歩がてらお気に入りのカフェへ。季節の果物を使った手作りの焼き菓子と紅茶を味わう。冬は春のために植物たちが元気を蓄える時期。そんな冬の庭を見に訪れたのは編集者の友人、藤井文子さん。「食べられる野草」に詳しい藤井さんと庭で野草を採取し、摘み菜でピザを焼く。

  • 朝の温かいお茶

    雪も舞うこの時期、夫の正さんがいれてくれる、温かい日本茶で目覚めるベニシアさん。夫婦で会話を楽しみながら、身も心も温まる時間を過ごす。

  • 古い道具を受け継ぐ

    家族で大原に移住し、古い納屋を改装して古道具屋を営む山本さん。古いものを労り、手作りの暮らしを楽しむ山本さんと、ベニシアさん意気投合。

  • バラ棚作り

    正さんが裏庭で、ツクシイバラのツルを支えるバラ棚を新しく作り直す。厳しい冬の間に、来る春への準備を整えるのも重要な庭仕事だ。

  • 人生を楽しむ

    御年89歳の今もなお、様々な楽器を弾きこなす今井さん。精力的に続ける音楽活動と、新しく始めた日本画の話に、ベニシアさん、元気をもらう。

  • お気に入りのカフェ

    ベニシアさんがお散歩がてら訪れた、大原でお気に入りのカフェ。オーナーの高村さんと会話を楽しみつつ、季節の果物を使った、手作りの焼き菓子と紅茶を堪能する。

  • 摘み菜

    フリーの編集者で、「食べられる野草」の魅力を伝える友人の藤井さん。ベニシアさんの裏庭で食べられる野草を採取し、摘み菜でピザを焼く。その意外な美味しさに、ベニシアさんもびっくり。

Venetia’s Favourite
  • 今井春子さん

    1930年生まれ、滋賀県彦根市出身。20代の頃、京都の高等学校で音楽教師として勤め、結婚を機に退職。その後も80歳になるまでピアノ講師として活動し、数多くの音楽家を輩出。現在も自宅には、ピアノ、チェンバロ、パイプオルガンなど様々な楽器が揃う。20年程前、“シター”という弦楽器と出会い、「この楽器なら歳を重ねても弾き続けられる」と、今現在も習い続けているという。

  • 藤井文子さん

    兵庫県加東市に生まれ。幼少期から祖母と一緒にヨモギ摘みなどを楽しみ、野草に親しむ。大学卒業後、アウトドア系の出版社に入社。編集長として、数多くの旅関係の書籍などを手掛けた。摘み菜(つみな)料理研究家・平谷けいこさんの“食べられる野草”の本の出版に携わったことを機に、平谷さんが主宰する“摘み菜”の魅力を伝える会に参加。フリーの編集者となった今も、野草の知識を深めるワークショップで講師を務めるなど、精力的に活動している。

Venetia’s Essay
  • 音楽という贈り物

    人類の歴史が始まったころから
    音楽は心を癒す大切なものでした

    音楽は 人間の体と心と魂に触れられる
    数少ないもののひとつ

    音楽は ある意味 言葉を超えています

    私たちを天国にいる気分にしてくれたり

    この世界の美しさを
    ありのままに教えてくれます

    私たちは言葉がなくても祈れるように
    音楽という贈り物を授かったのでしょう

  • 野の草花

    私の目に触れる植物は
    どれも独特の美しさと役割をもって
    ずっと昔からこの地に自生しています

    世界中どこでも 自生する土着の植物が
    その土地の野生生物の暮らしを支えています

    私たちも 身の回りの植物に
    もっと心をとめて大切にできたなら

    自然界に存在する命の輪のおかげで
    すべての生き物が
    仲良く共存できていると気づくでしょう

    ふと美しい詩の一節が心に浮かびました。

    一粒の砂にも世界が
    一輪の野の花にも天国がある
    きみの手のひらには無限があり
    ひとときのうちに永遠がある

    ウィリアム・ブレイク(英国の詩人)

Venetia’s Resipe
  • 摘み菜ピザ

    【材料】
    摘み菜 適量
    タマネギ 中1個
    チーズ 適量
    ピザソース 適量
    植物油 大さじ1
    水 150cc

    ●生地の材料
    強力粉 140g
    薄力粉 80g
    イースト 4g
    砂糖 大さじ1
    塩 ひとつまみ

    【作り方】
    1. 生地の材料をボウルに入れ 油と水を加え よく混ぜる 2. 15分ほど寝かせ お好みの大きさに広げる 3. 摘み菜を50℃のお湯で さっと洗い水気をきる 4. 生地にピザソースを塗り タマネギ 摘み菜 チーズをのせる 5. 210℃のオーブンで15分ほど焼く

▲ページトップへ戻る

関連番組