これまでの放送

Vol.92 名峰のしずく

  • 1月19日(日) 午後6時00分~6時29分
  • 1月21日(火) 午前10時25分~10時54分

初回放送日 BSプレミアム 2013年1月18日

仲間たち
岡本英史さん
エッセイ
水の恵み

名峰に囲まれた山梨県を旅する。富士山のふもとに位置する忍野村、富士山の雪どけ水が多く湧くこの村で水と寄り添う暮らしを送る家族を訪ね手打ちのそばをいただく。創業から400年以上の歴史ある印伝の店。伝統の確かな技を受け継ぐ工芸品の数々にしばし時を忘れ見入る。更に、以前大原の友人に進められて飲んだワインの味を忘れられないベニシアさん、作り手に会いに北杜市に行く。ワイナリーで飲むその味に再び感銘を受ける。

  • 岡本英史さん

    山梨大学のワインセンターで醸造学を学んだ後、勝沼のワイン会社に勤務。その後独立し、八ヶ岳の裾野で自ら畑を耕し無農薬でブドウを作り始める。飲む人の手に渡る瞬間まで目が届くように、一切の妥協を許さずブドウ本来の味をいかすワインづくりを心がけてきた。岡本さんのワインは大量生産できないものの本場フランスからも賞賛され、知る人ぞ知る名品として高い人気を得ている。

  • 水の恵み

    風もなく うっすら静かに靄(もや)がかかり
    青い空に灰色の雲がそっと浮かんでいます

    歩いていると 山の湧き水をみつけました
    私はかがみこみ 手ですくった水を飲み干しました

    あらゆる生命の源泉である水は
    この世界で一番の薬

    毎日 水という贈り物を飲むことで
    私たちは健康を維持し 渇きを潤すのです

    賢い人々は 水を大切にします 一度汚れた水は
    きれいにならないことを知っているからです

    キラキラと輝く小川を見ながら
    私はネイティブアメリカンの祈りの言葉を思い出しました

    私たちは 大地の端から端までを
    縁取るように流れる水に頼って生きています

    大河や小川を通って 私たちの畑に注がれる水

    私たちは水に教えられ 道を開いてもらうのです