これまでの放送

Vol.87 土と親しむ~三重県伊賀~

  • 10月27日(日) 午後6時00分~6時29分
  • 10月29日(火) 午前10時25分~10時54分

初回放送日 BSプレミアム 2012年10月12日

仲間たち
蓮善隆(はす よしたか)
レシピ
コモンセージとフェンネルのうがい薬
エッセイ
大地

三重県の伊賀を旅する。この地で苦労して土をつくりハーブを育ててきた友人がいるというベニシアさん、今の時期はセージが満開と聞いてそのハーブガーデンに訪ねる。そして30年ぶりに会う陶芸家・蓮善隆さん。蓮さんは伊賀の土を長い年月をかけ熟成させてから焼き物にしてきた。独自の作風の作品は料理を盛るために考えてつくるというが、蓮さんに手料理をごちそうになりその器とともに味わう。旧友の温かいもてなしに心和む。

  • 蓮善隆(はす よしたか)

    1949年長崎県生まれ。26歳の時、北大路魯山人の再来といわれた番浦史郎氏の陶器と出会い、その美しさに魅せられ弟子入り。伊賀に移り住み4年間の住込み修行の後、1979年伊賀上野に開窯し独立。多種多彩な伊賀の土を用い、マキの窯で作られる蓮さんの作品は土味を活かしつつ料理を引き立てるための器と評判。妻・加都子さんと二人三脚で30年以上作陶を続けている。

  • コモンセージとフェンネルのうがい薬

    【材料】
    コモンセージ 約20枚
    フェンネル  約1g
    水 400ml

    【作り方】
    1、セージとヤロウを20分弱火でせんじて、こす
    2、そのままうがいに使う

  • 大地

    静かに腰をおろし
    空までつながる眼前の
    広大な世界を見渡します

    踏みしめている大地を感じたくて
    靴を脱いで草の上を歩いていたら

    ミミズの姿が目に入りました

    小さなミミズは 土を作る生き物です

    彼らが落ち葉を良質な腐植土に変え
    樹木や植物は根を通して
    その栄養をもらうのです

    ミミズがいないと土は硬くなります
    健康な土は柔らかく
    生命に満ちているのです

    いま 私たち人間が
    この地球に強いている要求は
    ほとんど限界に達しようとしています

    遠い昔から
    この大地という贈り物のおかげで
    私たちは食糧を栽培し

    壁やタイル そして美しい陶器まで
    作ることができるのです

    動物と同じように 人間も自然が
    本来のバランスを取り戻すよう

    手伝いをすることで
    地球にお返しができるのです

    大地は私たちの究極の宝物 
    黄金よりも大切なもの