これまでの放送

Vol.81 お茶のある幸せ

  • 6月16日(日) 午後6時00分~6時29分
  • (火) 午前10時25分~10時54分

初回放送日 BSプレミアム 2012年6月15日

仲間たち
茶農家 上嶋伯協さん
レシピ
抹茶クッキー
ハーブノート
緑茶
エッセイ
アフタヌーンティー

初夏の陽気が心地よい京都大原。壊れた手押し車で小さなバジルガーデンを作る。この時期、新茶を買いに行くベニシアさん、宇治茶の産地和束(わづか)町を訪ねる。この地で五代目の茶農家の上嶋伯協(のりやす)さんにできたばかりの茶、荒茶(あらちゃ)をごちそうになる。更に日本の茶葉を使った紅茶があると聞き伏見にあるお茶の店に立ち寄る。初めて飲む日本の紅茶の味に感激、オリジナルブレンドをつくってもらう。友人たちを家に招き、アフタヌーンティーを楽しむ。

  • 茶農家 上嶋伯協さん

    宇治茶の主産地京都府和束(わづか)町で江戸時代から続く茶農家の5代目として茶葉の栽培から販売まで行う。22歳の時より父の手伝いをしながら、茶作りとお茶の小売をはじめる。安心安全そして環境にやさしいを目標に玉露、抹茶、煎茶、ベニフウキ等のお茶作りをしている。

  • 抹茶クッキー

    【材料】(25枚分)
    抹茶 大さじ2
    小麦粉 175g
    ベーキングパウダー 小さじ1.5
    塩 少々
    無塩バター 120g
    ブラウンシュガー 大さじ4
    水 大さじ1.5
    卵 1個

    【作り方】
    1、麦粉 抹茶をふるいにかけ ベーキングパウダー 塩と混ぜる
    2、バター 砂糖に水を加えて弱火で溶かし 冷めたら卵を混ぜる
    3、(1)に(2)を混ぜ 生地になったら形を整え200度のオーブンで15分焼く

  • 緑茶

    雲が明るくなったかと思うと
    太陽が山の上に顔を出し
    谷間に初夏の暖かな日ざしが
    降り注ぎました

    朝霧が乾くのを待って 茶畑の
    柔らかい緑の葉が
    摘み取られていきます

    紅茶も緑茶も最古のハーブティー
    どちらも同じチャノキからとれた葉を
    煎じたものです

    アジアでは昔から
    日常的に飲まれていました
    その茶葉は心臓病や脳卒中を
    予防するといわれています

    12世紀にチャノキを
    日本に持ち帰った栄西禅師は

    お茶は五臓によく
    脳機能や骨密度を改善し
    消化不良や疲労に効くと
    『喫茶養生記』に記しています

    「お茶と水は互いを活(い)かす」
    ジェイソン・グッドウィン(英国の作家)