これまでの放送

Vol.69 漆の里へ~能登半島~

  • 12月8日(日) 午後6時00分~6時29分
  • 12月10日(火) 午前10時25分~10時54分

初回放送日 BSプレミアム 2011年12月16日

仲間たち
山本不二哉さん・さがのさん夫婦
エッセイ
能登半島

ベニシアさん、日本の古き伝統と景観が残る石川県能登半島を訪ねる。有名な輪島の朝市では、新鮮な魚やカニ、地の野菜を手に取り、売り子のお婆ちゃんたちと会話を楽しむ。輪島塗の工房を訪ね、100以上の工程を経て作り上げられる輪島塗の伝統の技に感銘を受ける。日本の原風景が広がる能登町。その能登町に山本さん夫婦が営む農家民宿を訪ねる。手作りのコンニャク作りに挑戦、夜はいろりを囲み山本さんの作った郷土料理に舌鼓。

  • 山本不二哉さん・さがのさん夫婦

    金沢市で共働きをしていたが
    50歳の頃 子どもの自立を期に
    不二哉さんの実家がある 能登町に戻る
    5年ほど前に
    同じ町に住む“農家民宿”の
    発案者に民宿の話を 持ちかけられ
    4年前から 
    農家体験型民宿「想い出」を始める

  • 能登半島

    秋の空気に肌を刺すような寒さを感じます
    小さな湾が
    いくつも入り組んだ大きな岬から
    息をのむような雄大な景観が広がります
    昔からの市場の町 輪島に向かいました
    年配の女性は新鮮な野菜を
    漁師さんは海でとってきた
    魚を売っています
    心を奪われた私は
    自分がいつの時代にいるのかも
    わからなくなり 気がついたら
    美しい町家に足を踏み入れていました
    そこは優美で
    しかも長持ちすることで有名な
    「輪島塗」の漆器工房でした

    その晩 私は古民家に泊まりました
    宿のご主人たちはとても親切で
    こんな遠く離れた地方で
    昔ながらの日本の暮らしを
    今も目にできることを
    とても幸せに思いました