これまでの放送

Vol.65 植物に恋して

初回放送日 BSプレミアム 2011年9月9日

仲間たち
和田誠志さん
ダイアリー
高知・牧野植物園
エッセイ
信じる道

ベニシアさん、植物の研究に人生を捧げた植物学者・牧野富太郎博士のふるさと、高知県を訪ねる。牧野植物園で、博士と交流があったという園長の小山鐵夫さんに話を伺い、描くことでより植物を知ることができる、という博士の言葉に共感する。登山家で友人の和田誠志さんの案内で博士の郷里・佐川町を訪れ、寺の住職に話を聞く。高知の友人に食事に招待され、土佐の郷土料理に舌鼓を打つ。

  • 和田誠志さん 

    19498年高知県生まれ。大学時代に山岳部に入り、登山にのめり込む。その後、世界の8000m級の山々の登頂に次々と成功。ベニシアさんとは登山仲間の夫、正さんを介して知り合い20年来の家族ぐるみでの付き合いが続いている。現在は旅や登山の傍らボランティア活動を行っている。

  • 高知・牧野植物園

    私は一歩ずつ ゆっくりと山道を登り
    楽園のような庭に足を踏み入れました
    男女に関わらず 
    高知の人はどうして明確で屈強な意志を持っているのかが
    分かるような気がしました

    彼らの人生を愛する気持ちが
    この美しい庭造りに感じられたからです
    ここの植物を眺めていたら 
    日々成長しているのは
    植物や樹木だけではないことを
    改めて実感しました

    人間の心も育っているのです

  • 信じる道

    「どう生きていくべきか?」という疑問が
    心の奥底から湧き起こることが
    あるでしょう

    その答えを求めて 
    私たちは学校に行き 
    地理や歴史など
    様々な教科を通じて
    この世界について学びます

    知識欲は人間を進歩させ 
    未知の発見へと
    駆り立てる原動力です

    飽くなき好奇心は 
    人間を見知らぬ土地 
    川 山へと探検に向かわせます

    私は19歳のとき 
    自らを知ることが自分にとって
    最大のチャレンジだと感じました

    「汝(なんじ)自身を知れ」というソクラテスの格言に導かれ
    私は自分の真の心を追い求める旅に
    出たのです