これまでの放送

Vol.63 初夏の味

  • 7月28日(日) 午後6時00分~6時29分
  • (火) 午前10時25分~10時54分

初回放送日 BSプレミアム 2011年7月15日

仲間たち
久保勝さん
レシピ
ディルのカルパッチョ
ハーブノート
ディル
エッセイ
大原の美しさ

梅雨明けまでもう少し、草の匂いが濃く香る京都・大原。庭に自生したシソを摘み、畑に植えるベニシアさん。友人の久保勝さんが営む漬物屋を訪ねる。代々受け継がれてきたしば漬け作りの技術は長男・統(はじめ)さんに受け継がれている。ベニシアさんは息子の悠仁(ゆうじん)くんと久々のデート。悠仁くんの生まれた町を訪れ思い出話に花が咲く。ディルを使って昔ながらのイギリスの軽食とカルパッチョを作り、悠仁くんとランチをとる。

  • 久保勝さん

    大原で漬物屋の三代目として生まれる。この仕事を誇りに思い、当然跡を継ぐつもりでいたが、将来のことを心配する親に説得され、一度は公務員として就職。しかし、どうしても漬物屋を継ぎたかったため、29歳の時、結婚を機に大原に戻って跡を継ぎ、現在に至る。

  • ディルのカルパッチョ

    【材料】
    ディル 2枚  
    ニンニク 1片
    スズキ サーモン タイ ヒラメ 各5切れ
    レモン 1/8個  
    シソ 4枚  
    塩 適量
    オリーブオイル 適量
    バルサミコ酢 適量

    【作り方】
    1、皿にニンニクを塗りシソを敷き その上に薄く切った魚をのせる
    2、そこへレモンを搾り ちぎったディルをのせ塩 オリーブオイル バルサミコ酢をかける

  • 大原の美しさ

    初夏の朝
    私はまだ誰もいない外に出て
    地球を独り占めにしています
    見渡すと 朝露に濡れた野原が
    ひっそり静まりかえっています
    田んぼのあぜ道を登って行くと
    棚田が巨大な緑の階段に見えます
    空に向かってそびえる山を見上げ
    私は美しい自然に対し
    感謝の祈りをささげました
    大昔から日本では
    山が里の暮らしを支えてきました
    山里とは 山が平地につながる場所です
    近くの森の木は炭や薪(まき)として利用します
    川の水は田んぼに引き
    畑の水やりに使い
    さらに この美しい山腹の景色を引き立ててくれます
    山里の生物多様性が
    自然と調和して暮らせるよう
    手助けをしてくれるのです
    季節が徐々に移ろうさまや
    自然の本当の美しさを観察していると
    ふと立ち止まって 今日という一日に
    笑顔で感謝したい気持ちになります