これまでの放送

Vol.55 丹精こめて

初回放送日 BSプレミアム 2011年3月6日

仲間たち
矢沢裕さん、法子さん(豆腐店経営)
レシピ
はこべ・パセリ・豆腐のディップ
ハーブノート
パセリ
エッセイ
TOFU(豆腐)

春の息吹を感じ始めた京都・大原。朝、手づくりのヨーグルトとジンジャーティーを頂くベニシアさん。春に備えて庭の土を入れ替える。長年の友人で、京都市で豆腐屋を営む矢沢さん夫妻が豆腐を持ってやってくる。矢沢さんは、契約農家が有機農法で育てた大豆を使用して豆腐を作っている。はこべとパセリ、矢沢さんの豆腐を使ってオリジナルディップを作る。みんなが帰ってくるまでの間、まきストーブの前に腰掛けて読書にふける。

  • 矢沢裕さん、法子さん(豆腐店経営)

    高校時代に母親の影響で玄米菜食に出会う。
    大学2年で学生結婚。4年の夏、新婚旅行を兼ねて、約5か月間、アメリカを旅する。サンフランシスコのマクロビオティックのサマーキャンプに参加。その後、ボストンで自然食のレストランのちゅう房に入れてもらい、皿洗いをしながら天然酵母のパンづくりを見学。日本に帰ったら天然酵母のパン屋をしようと決心する。帰国後、食材の流通などを学ぶため自然食品の会社に就職。そこで知り合った知人が作る天然のにがりを使った正統派の豆腐を食べ、これだと思い立ち、会社を退職、半年も経たないうちに豆腐屋をオープンする。

  • はこべ・パセリ・豆腐のディップ

    【材料】
    はこべ 16g  
    パセリ 10g
    水切りした豆腐 1/2丁
    スモークサーモン 3切れ 
    カッテージチーズ 100g
    マヨネーズ 大さじ2  
    塩・コショウ 適量

    【作り方】
    1、はこべ パセリ スモークサーモン 豆腐をみじん切りにする さらに豆腐は軽くつぶす
    2、1とチーズをボールに入れてマヨネーズ 塩 コショウを混ぜ 味を整えれば出来上がり

  • 豆腐

    もう何十年も前 
    私は幸運にも鹿児島行きの船の切符を手に入れました
    おなかがすいて 
    船の食堂に降りた私は
    生まれて初めて豆腐を食べました
    そばにいた女性が
    大豆で作った豆腐は栄養豊富で
    体に良い驚異的なタンパク食品だと教えてくれました
    味わってみると背筋がぞくっとしました
    前にも食べたことがあるような既視感に襲われたからです
    豆腐の味がなぜか懐かしく 
    そのとき、私は日本に長く暮らすことになるかもしれないと思いました

    未来というものが良いのは
    1日ずつしかやってこないことである 
    (エイブラハム・リンカーン)