これまでの放送

Vol.46

  • 10月6日(日) 午後6時00分~6時29分
  • 10月8日(火) 午前10時25分~10時54分

初回放送日 BSプレミアム 2010年10月24日

仲間たち
野島孝介さん(靴屋店主)
レシピ
レモングラスとコリアンダーの
デオドラント
ハーブノート
レモングラス
エッセイ
自分にぴったりの靴

秋の風に彼岸花が優しく揺れる京都・大原。ベニシアさん、庭の花と秋の草花を織り交ぜ、ベニシア流の生け花を楽しむ。秋晴れの午後、オーダーメイドの靴を注文するため西陣の靴屋へ出かける。店の主人と相談しながらの靴作り。自分の足にピッタリの世界に一つだけの靴。出来上がりが待ち遠しい。夜は夫の正さんと、清水寺で行われる友人のピアノリサイタルに出かける。
(清水寺ピアノリサイタル撮影協力 舞台制作:平山ジロウ、録音:水村 良、録音・整音:森ヒロユキ)

  • 野島孝介さん(靴屋店主)

    静岡県で育った野島さん。
    24歳のとき、東京の靴メーカーに就職。製造企画を担当しながら独学で靴作りの技法を学んだ。その時、ヨーロッパの技術を真似ただけの革靴作りに疑問を持ち、日本の伝統技術を活かした、日本人に合う革靴を作ろうと決意。4年前に独立して京都の西陣にオーダーメイド専門の靴屋を開いた。

  • レモングラスとコリアンダーのデオドラント

    【材料】
    レモングラスの葉 3枚
    ユーカリ 1枝
    コリアンダーの種 1カップ
    精製水 2カップ

    ※エッセンシャルオイル
    レモングラス 20滴
    ラベンダー 10滴
    シダーウッド 5滴
    ユーカリ 5滴

    【作り方】
    1、精製水を沸騰させる。
    2、コリアンダーの種、レモングラスの葉、ユーカリを加え、10分間煮てからこす。
    3、全てのエッセンシャルオイルを加え、よく混ぜる。
    4、スプレー付のガラス瓶に入れ、冷暗所に置く。

  • 自分にぴったりの靴

    世界のどの地域でも
    わたしたち人間の先祖は
    まず足を保護して
    暖かく保つためにの靴を作りました
    当時の靴職人は
    生皮や編んだ草でサンダルを作り
    木をくり抜いたり
    なめし皮や毛皮、フェルトを縫って
    靴を作っていました
    わたしは子供のころ足幅が狭く
    へん平足だったので
    サイズがぴったりの靴を探すのが大変でした
    そこで母は靴職人に特製の補正靴を注文してくれました
    その靴は履き心地もよく
    わたしの足を丈夫にしてくれました
    今でもわたしは靴は買うよりも
    特別に注文した方が得だと思います
    その方が長持ちするからです
    腕の良い職人は
    ヒールや足底の付け替えが
    必要な時も喜んで修理してくれます
    靴がきつくなった時には伸ばしてくれます
    健康で丈夫な足なら歩くのも平気
    この足が日々わたしたちに
    人生を歩ませてくれるのです