これまでの放送

Vol.34 手仕事の暖かさ

  • 5月19日(日) 午後6時00分~6時29分
  • 5月21日(火) 午前10時25分~10時54分

初回放送日 BSプレミアム 2010年5月16日

仲間たち
辻善夫さん(金網職人)
レシピ
カモミールのバスバッグ
ダイアリー
カモミール
エッセイ
心のこもった手作りの品

草花が一気に芽吹き、春の香りただよう京都・大原。ベニシアさん、道路の脇まで伸びたラベンダーを剪定し、挿し木にして増やしていく。夫の正さんが庭に敷いた石畳に沿ってカモミールを植え、カモミールを使ったバスバッグを作る。午後、大好きな金網細工の茶漉しを買いにいきつけの辻善夫さんの店に出かける。辻さんは京都の伝統工芸の金網細工を作り続けて60年の職人。手作りの暖かさに触れ、ベニシアさん感激。茶漉し作りも体験。

  • 辻善夫さん(金網職人)

    京都在住
    昭和7年、先代の辻和三郎さんが創業した辻和金網を25歳の時に継ぎ、2代目店主になった。金網細工は京都の伝統工芸の一つで、善夫さんは60年間、金網細工を作り続けている。今年の6月、息子の3代目泰宏さんに代替わりする。

  • カモミールのバスバッグ

    【材料】
    カモミール(ドライ)  大さじ2
    オートミール  大さじ10
    ガーゼ  15cm×15cm
    リボン 適宜

    【作り方】
    カモミールとオートミールを混ぜ ガーゼで包みリボンで縛る

  • 心のこもった手作りの品

    桜の花がそよ風の中で揺れています。
    賀茂川の土手をゆっくりと歩きながら、
    足元の若草に私は目を落とします。
    毎年この時期は、
    何世紀にもわたって
    都人の暮らしを支えてきた
    昔ながらの工芸品のお店を見て歩く絶好の季節。
    はけ、ほうき、羽根ばたきなどを買いに行くのが、私の楽しみです。
    魚の焼き網や竹のひしゃくなど、
    昔の日本の日用品も探します。
    どれも自然素材を使って、
    熟練の技で丁寧に作られたもの。
    こういった心のこもった手工芸品は
    持続可能な暮らし方について教えてくれます。