これまでの放送

Vol.32 再生のとき

初回放送日 BSプレミアム 2010年4月11日

仲間たち
喜多和夫さん
(喫茶店オーナー)
レシピ
ジャスミンとラベンダーの
保湿クリーム
ガーデニング日記
エッセイ
大事に使うこと

春の足音が聞こえてきた京都大原。ベニシアさんは新緑の季節に向けて庭の手入れに勤しむ。以前から気になっていた楓の補修を友人の庭師に手伝ってもらう。虫食いの手当てをした後、ハーブで栄養をつけてあげる。この日は奈良で喫茶店を営む友人に会いにいく。ハーブのエッセンシャルオイルを使った手作りの保湿クリームを手土産に久々の再会。大正時代に作られた工場跡を改装し作られた喫茶店でノスタルジックな時間を過ごす。

  • 喜多和夫さん(喫茶店オーナー)

    奈良県出身、在住。
    喜多さんの実家は大正時代に曾祖父が開業した乳酸菌飲料の工場だった。しかし祖父の代で閉業、工場は長い間野放しになっていた。そこで喜多さんは工場跡の一部を改修、沢山の人にこの場所の歴史を知ってもらおうと喫茶店に作り変えた。
    ベニシアさんは古いものを大切にし、新しいモノに作り変える喜多さんの意気込みに共感している。

  • ジャスミンとラベンダーの保湿クリーム

    【材料】
    保湿クリーム(無添加) 200g
    ラベンダーウォーター 大さじ2
    <エッセンシャルオイル>
    ジャスミン 16滴
    サンダルウッド 8滴
    ラベンダー 8滴
    市販の“うぐいすのフン” 大さじ2

    【作り方】
    すべての材料をよく混ぜ 煮沸消毒したビンにいれる

  • 空には雲ひとつありません 
    ことし初めての暖かな春の日
    庭の梅の木に
    淡いピンクの花が
    咲き始めました
    英語学校で
    1日授業をして疲れて帰った時は
    1杯の梅酒を飲むと
    疲労がやわらぎ
    食欲もわいた状態で
    夕食の仕度にとりかかれます
    梅は8世紀に
    中国から日本にもたらされました
    冬の間 
    わたしは梅干しを食べるようにしています
    日本では民間療法としても
    用いられる梅干しは
    風邪や二日酔い 
    腹痛などの症状を和らげてくれると実感しています
    1日1粒の梅干しで
    医者いらずです