これまでの放送

Vol.9 夏を迎える

初回放送日 BSプレミアム 2009年6月28日

仲間たち
京唐紙屋 千田堅吉さん
ガーデニング日記
梅雨に向けての準備
エッセイ

京都大原の豊かな自然と共に季節の移ろいを感じながら生活するベニシアさん。初夏を迎えたベニシアさんの庭では花が次々と咲き、ハーブは太陽の光を浴びてぐんぐん伸びる。そんな季節には害虫の活動も真っ盛り。ベニシアさんは虫よけのハーブや手作りのスプレーで悪い虫を庭から追い出し、そして蚊の多い夏の夜には蚊帳を部屋に吊って、大原の涼しい夜風を呼び込む。

  • 京唐紙屋 千田堅吉さん

    千田堅吉さんは京都唯一の唐紙屋、唐長の当主。唐紙とは襖や壁に使われる紋様が入った紙で、千田さんの家では代々その唐紙作りを受け継ぐ。京都独特の「はんなり」色を京唐紙に刷り続け、伝統の技を守ると同時に、現在のモダンなインテリアにも対応している。

  • 園芸用虫よけスプレー

    野菜や園芸用植物に付く害虫を駆除するスプレー。バラなどどうしても害虫が付いてしまう植物に効果的。

    【材料】
    ホワイトリカー 1L
    赤唐辛子 3g
    ニンニク 5片
    ワームウッド 15g
    ヨモギ 15g
    除虫菊(乾燥花) 25g

    すべての材料を透明のガラス瓶に入れ、2か月間日当たりの良い場所に置いた後、こす。
    ※使うときは10倍の水で薄める
    ※手袋をして風のない日にスプレーする

  • 一日を終えて帰って来た時に、心穏やかに快適に過ごせる場所を作りたい。それが家というものです。家で使うものは、西洋のものでも東洋のものでも、調和して混在できます。土や木や植物から作られた材料や色は、それぞれの部屋を落ち着いた雰囲気にしてくれます。その柔らかな色合いが、気持ちをなごませてくれます。家は心をはぐくむ場所なのです。