ページの本文へ

とちぎWEB特集

  1. NHK宇都宮
  2. とちぎWEB特集
  3. 色づきまもなく 樹齢700年の大いちょう(さくら市)

色づきまもなく 樹齢700年の大いちょう(さくら市)

あっちこっちとちぎ
  • 2023年11月02日

ことしは、NHK宇都宮放送局が開局して80年です。そこで、みなさんともっとつながっていこうと水曜日の「あっちこっちとちぎ」のコーナーでは、県内25の市と町をすべて訪ね、その地域の魅力をお伝えしています。20回目はさくら市です。地元出身の私が、樹齢700年の大いちょうで有名な神社にお邪魔しました。

(宇都宮放送局キャスター 長井ゆめの)

樹齢700年の大いちょう

さくら市の今宮神社の境内に立つ、樹齢700年の大いちょう。高さは25メートル、幹回りは3.5メートルと、大人3人が両手を広げても少し足りないくらいの太さの立派な木です。

取材した10月24日の時点では、ほんの一部分黄色くなっていましたが、まだほとんど色づいておらず、例年通り11月10日前後に見ごろを迎える予定です。

 金子立 宮司

今宮神社のいちょうの木は700歳ですから、その長い歴史の間にたくさんの伝説を残しています。例えば安産、あるいは人と人との縁を結ぶというようないろいろな話が残されています。

御朱印にも お守りにも いちょう

しかし、こちらはもう色づいています。

期間限定の御朱印

10月から11月末まで、期間限定で頒布されているいちょうの絵柄が描かれた御朱印です。今宮神社では、このように季節ごとに様々な絵柄の御朱印を頒布しています。

春は華やかな桜(左)、夏は涼しげなあじさい(右)。
季節の移り変わりを感じるすてきなデザインですよね。この期間限定の御朱印を集めようと県外からも多くの参拝者が訪れるそうです。

お守り

こちらはお守りです。10月からいちょうがモチーフになっているものが授与されています。肌身離さず持っていたくなる美しさですね。

さらに今宮神社では、絵馬にもいちょうが描かれています。御朱印、お守り、絵馬、そして黄金色に輝く大いちょう。すべてがそろうのがいよいよ今月中旬です。

11月中旬にはライトアップも

見ごろを迎えるころには毎年ライトアップが行われ、幻想的な光景が広がります。

おととしの様子
おととしの様子

ことしは以下の日時でライトアップされます。

★☆★大いちょうのライトアップ☆★☆
11月12日()~19日(
午後5時~9時
場所:今宮神社

今宮神社 金子立 宮司
ライトアップ期間中はミニマルシェも開催します。飲んだり、食べたりしながらゆっくりいちょうを観賞できるようになっていますので、ぜひ見に来てください。

さくら市は桜だけではありません。秋はいちょうがとても美しく色づきます。ぜひ皆さんもこの時期だけの絶景をお楽しみください。

金子さん、ありがとうございました!
  • 長井ゆめの

    宇都宮放送局 キャスター

    長井ゆめの

    栃木県さくら市出身
    大いちょうを見ながら焼き芋を食べたいです。
    これぞ秋。

ページトップに戻る