ページの本文へ

とちぎWEB特集

  1. NHK宇都宮
  2. とちぎWEB特集
  3. 満開を迎えた芝ざくら(市貝町)

満開を迎えた芝ざくら(市貝町)

あっちこっちとちぎ
  • 2023年04月13日

NHK宇都宮放送局では、平日午後6時30分からのニュース番組「とちぎ630」で、栃木県内のあっちこっちを回って、その地域の魅力をお伝えする「あっちこっちとちぎ」というコーナーを放送しています。
県内25の市と町をすべて訪ねる今年度の2回目は市貝町
見ごろを迎えた芝ざくら公園に行ってきました。

(宇都宮放送局キャスター 長井ゆめの)

今まさに満開!香る花のカーペット

市貝町の春の風物詩、芝ざくらが見ごろを迎えています。
植栽面積1.8haに20万株以上が植えられていて、一面に咲き誇るその様子は、まるで花のカーペット。 色もさまざまで、この公園では、白・紫・ピンク・赤の4色を楽しむことができます。

芝ざくらはハナシノブ科の多年草で、 名前のとおり芝のように広がり、春に桜のような小さな花を咲かせます。 よく見ると、花びらの形もハート型になっていてかわいらしいですよね!

地元の方々の努力が花を咲かせる

これらの芝ざくらは、何もせずに咲くわけではありません。
花が咲き終わった夏から秋にかけて、地元の方々が毎年、草むしりや殺虫剤の散布を行うなど、丁寧に手入れをしています。 一面に植えてあるので機械を使うことができず、作業はすべて人の手で行います。 見ごろを迎える直前の3月には、すでに枯れてしまった株を植え替える作業も行い、ことしは3万株を捕植したということです。
このような努力のもとで、ことしも市貝町の芝ざくらは美しい花を咲かせました。

芳那の水晶湖ふれあいの郷協議会  石川忍さん
ことしも立派に咲いてくれてうれしいです。
お客さんにも、「きれいですね」や「ブラボー!」と声をかけていただき、ありがたく思っています。今がちょうど見ごろなので、予定の入っている方はキャンセルをしていただいて、この市貝町の芝ざくらを見に来てほしいと思います!

芝ざくらの手入れを行う石川さん

おすすめポイント①

今回、さらに芝ざくらを楽しむためのおすすめの観賞ポイントを教えていただきました。
まず1つ目は…360度芝ざくら!

360度カメラで撮影
石川さん

公園の真ん中から見ると、360度芝ざくらを見渡すことができるのでおすすめです!

長井

どこからでもすてきな写真が撮れそうですね!

おすすめポイント②

2つ目は…展望台からの絶景!

展望台から見た芝ざくら
石川さん

ここからは、4色の芝ざくらが織りなす、小貝川の流れをイメージした景色が一望できます!また、正面に見える山々と可憐な芝ざくらを一緒に楽しむことができるのも最高です!

長井

青空とのコントラストも美しいですよね!

4月末まで「芝ざくらまつり」も開催

園内は花の甘い香りに包まれていて、日常を忘れてしまうほどの美しさでした。
皆さんもぜひ、この時期だけの景色を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ことしは例年より10日以上早く満開になったということで、4月中旬まで見ごろだそうです。
会場では、コロナ禍で中止されていた「芝ざくらまつり」も4年ぶりに通常開催され、地元商店の出店やステージイベントなどが行われています。
まつりは4月30日(日)までです。(午前7時~午後6時)

 

  • 長井ゆめの

    宇都宮放送局 キャスター

    長井ゆめの

    栃木県さくら市出身。
    ”さくら”とつくものに縁を感じます。最近はさくらラテがお気に入り。

ページトップに戻る