ページの本文へ

とちぎWEB特集

  1. NHK宇都宮
  2. とちぎWEB特集
  3. 染め物の魅力伝える展示会(足利市)

染め物の魅力伝える展示会(足利市)

あっちこっちとちぎ
  • 2023年04月10日

NHK宇都宮放送局では、夕方のニュース番組「とちぎ630」で、栃木県内のあっちこっちをまわって伝える「あっちこっちとちぎ」というコーナーを放送しています。
ことしは宇都宮放送局開局80年ということで、県内25の市と町をすべて訪ねていきます。
1回目は、染め物の魅力を伝える足利市の展示会を訪ねました。

(宇都宮放送局キャスター 川島加奈代)

足利にオープン!染め物の魅力に触れる展示スペース

かつて織物のまちとして栄えた足利市にこのほどオープンした展示スペースにおじゃましました。
麻のタペストリーを中心に、植物をモチーフにしたやわらかな風合いの作品が並んでいます。
 

自然の中にいるような清々しさも感じられる空間です。
この場所、じつは、県の草木染の伝統工芸士に認定されている田尾日出郎さん(81)のご自宅。
「染め物の魅力を多くの人に知ってもらいたい」 という思いから、自宅を改装して展示スペースを作りました。

自然のぬくもりを生かして

展示されているのは100点ほど。
植物を煮出した染料と化学染料を 出したい表情によって使い分けているそうです。 

たとえば、こちらのトチの葉がデザインされた風呂敷は柿渋で染め上げています。
 自然のもつ色味のやわらかさ、ぬくもりが感じられます 。

この季節ならではの作品の数々

満開のの作品。緻密で絵画のようです。
花の形は型を使って染めていて、 枝と幹は筆で丁寧に手描きしています。

そしてこちらは墨染の桜。デザインは似ていますが、染める色によってがらりと印象が変わります。
松煙染め(しょうえんぞめ)という古くからある染色方法で、松の木を燃やしたススを基にした染料で染めています。

花の中心をよく見ると、一つひとつ色が置かれています。手仕事の技が光る見事な作品です。

季節先取りの花菖蒲
こちらの展示スペースは毎月1日~7日にオープンして、時期ごとにラインナップを変えていくそうです。

職人の手仕事を間近で見られる工房 染め物体験も

作品だけでなく、作業場も見せていただけます。
染料を煮出す鍋には、いが栗がたくさん。 
自然の色で染めているということがよくわかります。

煮出した栗の染料で刷毛染めする田尾日出郎さん

アトリエがらや 田尾日出郎さん
自然素材の良さや手作りの良さをご覧いただいて、ご自身でも、ものをつくる楽しさを感じてほしいです。

簡単な染め物の体験も行っているということですので、ぜひ足を運んでみてください!

  • 川島加奈代

    宇都宮放送局 キャスター

    川島加奈代

    北海道出身
    趣味は短歌(日記感覚で楽しく詠んでいます)

ページトップに戻る