ninntei.jpg

説明をしてくださった狐塚さんと

8月1回目のとちグルは
とろ~り濃厚日光湯波をご紹介しました。

yubasou.jpg製造所内に入り、湯波の作り方を見せていただきました!

写真のように湯波槽と呼ばれる枠に豆乳を入れ熱していくと
表面に膜が張ります。

hikiage.jpgそれを丁寧に引き上げます!
薄く張った湯波を破らずに手際よく引き上げる姿は職人技でした!

***

「ゆば」といえば京都も有名ですが、
日光のゆばとは
おおきく2つの違いがあります。

①漢字の違い
京都のゆばは『湯葉』
日光のゆばは『湯波』と書くんです!
これを知っておけば
漢字を見ただけでどちらの「ゆば」かすぐに見分けられますね☆ミ

②ゆばの引き上げ方の違い
京都では
湯葉槽に張った湯葉を引き上げるとき、端から引き上げます。
そのため「一枚仕上げ」
日光では、
真ん中から引き揚げ湯波を二つ折りに
するため「二枚仕上げ」
二つに重ねるため食べ応えがあり
大豆の風味がよりはっきりと楽しめます。

同じ「ゆば」でも
地域によってこんな違いがあるんですね!

***

taiken2.jpgほかにも
「湯波の引きあげ体験」もさせていただきました。
(現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため行っていません)

湯波が張ったタイミングを見極め引き上げます

taiken3.jpgtaiken.jpgとれましたー!!

湯波の味は・・・
もちろん

うんまいっ!!!

食べた瞬間から
大豆の風味が口いっぱいに広がって
とっても濃厚でおいしい!
とろ~んとした食感もたまりませんでした。

見学させていただいた工場は
湯波の元となる豆乳作りから行っていて
タンパク質と脂質のバランスにこだわって大豆をブレンドし
豆乳を作っているのだそうです。 

こだわりが詰まったおいいしい日光湯波!
ごちそうさまでした!

RSS