ちょこトチ!担当の岩内美優です。

栃木に来てから部屋にお花を飾るようになりました。
お世話をすると、生き生きとお花を咲かせてくれるので、
毎朝の水やりが癒しの時間になっています。

 

・・・ということで!
皆さんも、おうちでも、お花を楽しんでみませんか!(^▽^)
県内で栽培されたお花をご紹介します♪

1 まずは「スイートピー」です。

上三川町の角田盛一さんが栽培して、
6品種を届けていただきました。

3.5sweetpee.jpg

 ご家庭では、暖房の風が当たらない、なるべく涼しいところに置くといいそうです。

生産者の角田(かくた)さんによると、
「香りを楽しんでほしいです。特に寝室に飾るのがおすすめです」とのことでした!

 今年度から「とちぎ630」キャスターを務める
川島加奈代キャスターとともに♪

3.5sweetpeekawashima.jpg

 

2 お次は、「サイネリア」です。

白に紫、ピンクと鮮やかな色合いが見ごたえがありますね。

312saineria.jpg

大田原市の鈴木篤則さんが栽培しました。

品種名は「カナリーイエロー」「マドリードレッド」
「チェリーピンク」「マイルドピンク」「エーゲブルー」です。

水をあげるときは、花に水がかかると傷んでしまうので
株の根元にあげると良いそうですよ。
今年度から「いちスポ!」キャスターを務める長井ゆめのさんとともに♪

312sainerianagai.jpg

 こちらは「彼岸桜」

319higanzakura.jpg

小ぶりで淡いピンク色の桜が上品で素敵ですね♪

那珂川町の笹沼巧さんが栽培しました。

名前の通り、ソメイヨシノよりも早く、春の彼岸ごろに咲きます。
小ぶりな花がたくさんつき、枝が細く、しなやかなので、
ほかの花とも合わせやすいのが特徴です。

素敵な彼岸桜をありがとうございました。

319higanzakurakawashima.jpg

 

4 お次は「トルコギキョウ」

3.26torukogikyou.jpg

フリルのような花びらが華やかで、優美ですね。

足利市の渡辺剛士さんが栽培しました。
品種名は、「シルクラベンダー」「ダイヤモンドピーチ」「マキアルージュ」

 直接風の当たる場所や直射日光の当たる場所には置かない方が良いそうです。
「とちぎ630」キャスターの小林陽広アナウンサー!お花がとてもお似合いです♪

3.26torukogikyoutokobayashisan.jpg

 

5 こちらは、「バラ」です。

4.2rose.jpg

エレガントで、思わずうっとりと見入ってしまいますね。
こちらは、上三川町(かみのかわM)の
齋藤 裕充さんが栽培しました。
品種名は「アマダ+(あまだ)」
スペイン語で「最愛」や「親愛なる」という意味だそうです。
ロマンチックですね~♪

4.2roseowauchi.jpg

飾るときは、直射日光を避け、

定期的な茎の切り戻しと水の交換を行うといいそうですよ♪

 

6 続いては、「ミヤコワスレ」

0409miyakowasureiwauchi.jpg

濃い紫色がとっても綺麗ですね。
益子町の高橋幹生さんが栽培しました。

品種名は「江戸紫」です。
江戸時代から栽培され、茶花などに用いられてきた
日本人にとって、なじみ深い山野草です。

0409miyakowasure.jpg
日当たりと水はけのよい場所を好みますが、
暑さが苦手なので、夏は半日陰の方が状態良く育つそうです。
また、秋以降は肥料をあまり施さない方が、花がよく咲くそうです!

 

7 次は「マーガレット」です。

0416margarettoiwauchisitamuki.jpg

赤やピンクの花々が元気に咲いていて、
見ていると気持ちが明るくなりますね。

日光市の福田浩基さんが栽培しました。
品種名は「ストロベリーホイップ」です。

生産者の福田さんによりますと、
「長く咲き続け、花色は、赤からピンク、ホワイトの順に変化していきます。
 色の移り変わりを楽しんでください。」とのことでした!

 

8 最後は、アジサイです。

鹿沼市の小野口仁志さんが栽培しました !
「とちぎ630」キャスター3年目、加藤成史アナウンサーとともに♪
加藤アナは毎日局に届くお花に水やりをしてくれているんです。

右側にあるのが「パラソルロマン」向かって左側にあるのは「きらきら星」

0423azisaikatousaniwauchi.jpg

0423azisaikirakiraboshi.jpg

0423azisaiparasoruroman.jpg

薄いピンク色と白色のグラデーションがとっても素敵ですね。

どちらも、栃木県が育成した品種です。
ご家庭で管理する際は、
室内ではレースのカーテン越しの日が当たる場所、
屋外では半日陰の場所に置いてください。
水やりは土の表面が少し乾いたら、たっぷり与えてください、とのことでした。

紫陽花の花言葉は、「元気な女性」と「強い愛情」。
生産者の小野口さんは、「母の日のプレゼントにお使いいただければうれしいです。」と話していました。

 生産者のみなさん、素晴らしいお花をありがとうございました!

RSS