栃木の皆さん!こんにちは!

いろいろあって入局2年目で26歳の神奈川県出身の高瀬智基です。

ディレクターやっています!

takase.jpgなかなかの老け顔でなので、取材先からは10年目くらいだと

勝手に思われることも・・・・(笑)フレッシュさを演出する毎日です。

26日(金)に放送した「とちスペ」は、

7月18日(土)総合テレビで午前10時55分から再放送が決まりました。

 

ここであらためて今回取材した方々についてご報告します。

一人目は、今年大手ホテルチェーンに就職した細谷友里愛さん!

hosoya.jpg

細谷さんの実家は東京で、大学も東京ということで、

第一印象は、生粋の都会っ子。

本当に農業なんかできるのかなと取材前は、少し不安でしたが、

いざ始まってみたら、ニコニコしながら農作業をしていました。

休憩中は一緒に農作業をしている、おばあちゃんから差し入れをもらったり、

会話を楽しんだり、地域にとけこんでいるようでした。

 コロナ禍でも、吸収できることをやろうという細谷さんの前向きな姿に

自分ももっと頑張らねばと思いました。

 そして、二人目は、高齢者の支援をしている濱野将行さん。

hamano.jpg

会ったときからキラキラしていて、「自分たちが、今やらなければ、

誰がやるんだ」と強い使命感に燃えていました。

コロナ禍で緊急事態宣言が出され、社会が緊張感に包まれている中でも、

力強い言葉は、同世代の一人として勇気づけられました。

 

番組では、ご紹介できませんでしたが

地域の人の老若男女が集まれる場所も運営していて、

そこでは毎週のように宴が開催されているみたいです!

もちろん新型コロナの感染リスクを防ぐ取り組みはやってます。

 

僕も今週いっていきます!

 

お近くの皆さんもぜひ!いってみてください。

 

「とちスペ」 コロナと向き合う栃木の若者たち

 総合 7月18日(土)午前10時55分

 

新コーナー「きまぐれとちぎ旅」

始まりました!

 

栃木県1年生の川島が、

県内各地を訪れて、

知られざる栃木の魅力を

発見していくコーナーです♪

 

なぜ“きまぐれ”なのかと

いいますと・・・

毎回、おじゃまする地域と

旅のテーマは、カードを引いて

決めるからです(^o^)

地域とテーマが決まったら、

気になる場所をリサーチ!

行きたい場所を厳選したうえで

旅に出ます。

 

記念すべき1回目のテーマは

「上三川町のフォトスポット」

でした。

写真とともに、楽しかった旅を

振り返ります。

【続きを読む】

先週金曜日、
NPB(プロ野球)が開幕しました!
やっぱりスポーツのある日常は
ワクワクしますね!!!

さらに、先週末は
栃木ゴールデンブレーブスが属する
BCリーグも開幕しました!

残念ながら、しばらくはスタンドにファンのみなさんを入れての
試合ができません。

なので、ナカジマが球場の空気をみなさんにお伝えしようと
取材に行ってきました⚾
an2006221.jpg

【続きを読む】

みなさんは
「SDGs」
読み:えすでぃーじーず
をご存じですか?

S
ustainable Development Goals
の頭文字で、
持続可能な開発目標」
という意味です!

一見難しそうですが、
(私も最初わかりませんでした)
実は身近に行っていることが
「SDGs」
関係しているんですよ!

【続きを読む】

新型コロナウイルスは栃木県の若者たちにどんな影響を与えているのか。

今回の「とちスペ」は、県内の3人の若者を取材。

コロナ禍で何に戸惑い、どう向き合おうとしているのかを描く。

放送は総合テレビで6月26日(金)夜7時30分

番組では3人の若者を取材した。

1人目は、日光の旅館に配属が決まった新入社員だ。

新人研修がコロナのため例年のように行う事ができず、不安を抱いている。

hosoya.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

 

 

 

 

 

新入社員 細谷友里愛さん(22歳)

 2人目は、大田原で高齢者の支援をする団体を立ち上げた若者だ。

「自分たちがお年寄りに感染させてしまうのでは・・・」という葛藤を

抱えながら支援にあたる。

hamano.jpg

              高齢者支援団体代表 濱野将行さん(28歳)

3人目は、宇都宮市の高校生。吹奏楽部に所属しているが、

4月に部活動がコロナの影響で休止となり、

出場を目指していた大きなコンクールの開催もなくなった。

 muroi.jpgのサムネイル画像

               吹奏楽部に所属する室井伯さん(17歳)

番組の取材をしたのはNHK宇都宮放送局で働く若手ディレクター2名。

若者の視点からそれぞれの取材者に寄り添い、コロナ禍で抱く葛藤や

前を向く姿を伝える。

wakatepd.jpg

       柴垣文香ディレクター(25歳) 高瀬智基ディレクター(26歳)

 

「とちスペ」 コロナと向き合う栃木の若者たち

   放送 総合 6月26日(金)夜7時30分 

2020年06月17日 (水)

大田原から世界へ発信!

今、海外からも注目されている
大田原市の主婦をご存じですか?

その理由は、
SNSに投稿するお弁当の数々!
企業のパッケージをリアルに再現した
デコレーション弁当、
通称“デコ弁“なんです。

先日の「とちぎ630」や
「ひるまえほっと」でもお伝えしましたが、

今回は特別に!
いちごどーもくんのお弁当を
作ってもらいました✨

IMG_2130.jpgかわいらしいですよね♡

【続きを読む】

2020年06月15日 (月)

ジャズの街・宇都宮

今年度から宇都宮放送局に異動してきました、橋本奈穂子です。

これまで栃木には旅行などで来たことがありましたが、
住み始めて改めて
魅力的な場所、素敵な文化、おいしいものがたくさんあるなと実感しています。


 そのひとつがジャズ。子供のころから父親の影響でジャズをよく聴いてきました。
大学時代はジャズ研究会に所属していたことも。
宇都宮でもライブを聴きに行きたいと思っていましたが
新型コロナウイルスの影響でライブは中止に・・・

 そこで、演奏の機会が失われ収入が減少したミュージシャンを助けようと始まった
取り組みをご紹介します。

 

今月17日(水)の【とちぎ630】では同期の平山昇記者がリポート。
(平山記者はぎょうざや市政など宇都宮市の取材を担当していて、
私が首都圏ネットワークを担当していた時にも一緒に働いていました)

23日(火)午後10時からの【NHKジャーナル】(ラジオ第1)では私がリポートする予定です。

jazz.jpg

ちなみに・・・この写真は数年前、サックスの発表会での私です。

2020年06月08日 (月)

栃木GB オープン戦!!!

きょうの「いちスポ」は、
6日(土)に小山運動公園で行われた
栃木ゴールデンブレーブスの
オープン戦を中心にお伝えします⚾✨

an2006086.jpg久しぶりの取材に行ってきました!!

【続きを読む】

こんにちは!この春、宇都宮放送局に仲間入りしました、
リポーターの川島加奈代(かわしまかなよ)です。
昨年度までは、出身地・北海道にある室蘭放送局で働いていました。
(室蘭は栃木県と同じく、ものづくりが盛んなところです)

ビギナーの視点で、すてきな栃木をたくさん発見していきたいです。
これからどうぞよろしくお願いします!

さて、先日から番組では、県内で栽培されたお花をご紹介しています。
毎週スタジオに届けていただいているのですが、
見ているだけで気持ちがパッと明るくなり、とても癒されています。
改めて、お花のもつパワーを感じました!ブログでもご紹介していきますね。 

 

 

【続きを読む】

2020年06月05日 (金)

出演者がいっぱい☆★

6月5日(金)の「とちぎ630」
ご覧いただきましたか??

この日は企画やコーナーが重なり、
史上最多(中島調べ)
6人の出演者が
番組を盛り上げました!

an2006081.jpg左から、中島 川島キャスター 加藤アナウンサー
落合キャスター 福嶋キャスター 田中記者


こう見ると実にカラフル✨
そしてポーズに個性が出ていますね!

「とちぎ630」は
出演者もスタッフも
ソーシャルディスタンスを保ちながら、
放送を続けております♪

今後も地域の役立つ放送を
お送りしていきます!

ぜひご覧ください★☆

RSS