ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK津放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK津放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

津局・おすすめ番組総合・Eテレ・BSプレミアム・BS1・ラジオ第1・ラジオ第2・FM

津局・おすすめ番組

※番組はニュースなどにより予告なく変更になることがあります。
※中部7県とは愛知、岐阜、三重、静岡、福井、富山、石川を指しています。
※東海3県とは愛知、岐阜、三重を指しています。

4月26日(金)・5月3日(金・祝)・5月10日(金)   
民謡をたずねて
〜三重県明和町〜

午前5時20分〜5時50分

『民謡をたずねて』は、私たちの遠い祖先が素朴な生活から生み出した数々の民謡を、地元の民謡も交えながらご紹介する番組です。

唄:藤堂輝明、加賀山昭、菊池恵子、佐々木理恵、中村優美、水野詩都子
三味線:二代目 藤本e丈、藤本秀禎
津軽三味線:二代目 三山貢正
尺八・笛:米谷和修
鳴物:美波駒和美、美波駒てる美
はやし詞:新津幸子、新津美恵子
司会:橋爪秀範アナウンサー(NHK津放送局)

〜三重県・明和町中央公民館で収録〜
4月26日(金)   
にっぽん ぐるり
えぇトコ「海の女神の贈り物〜三重・鳥羽〜」

午後3時8分〜3時48分

リアス式海岸の絶景が連なる鳥羽。志摩半島の最東端、国崎。海女小屋でいろりを囲む海女さんたちと出会う。この地のあわびは伊勢神宮に献上される絶品。傷物のあわびも無駄にせず食べるために生まれた「どぼづけ」。あわびの糠味噌漬けをごちそうに。若者が一つ屋根の下で暮らす寝屋子で知られる答志島。路地を巡ってようやくたどりついた食堂で名物の「めひびうどん」をいただく。豊かな海と共にある暮らしを訪ねる初夏の海旅。

出演:財前直見、金子貴俊
語り:島よしのり、橋本のりこ

※三重県では2018年6月15日に放送したものです。

(再)5月11日(土)BS1午前0時〜0時40分
4月26日(金)   
みえDE川柳
4月のお題:咲く

午後6時〜6時50分

三重県にまつわる旬なお題の川柳!入選作を選者と一緒に紹介。中継あり、 入門コーナーありの川柳に馴染みのない人でも共感できて、 ためになる、三重県民のための50分!

出演:橋爪秀範
選者:宮村典子
4月26日(金)   
新日本風土記
「伊賀」

午後9時〜9時59分

三重県北西部、伊賀市と名張市は「伊賀の国」と呼ばれた。盆地で寒暖の差が大きく、古く荘園の時代から米づくりが盛ん。かつて欠かせなかったのが農耕牛。牛飼いの文化は現代の肉牛生産につながっている。隣県・奈良の東大寺との関係が深い。お水取りで使う松明木は、名張市のヒノキでつくられる。伊賀市にある別院の祭りでは、鬼をかたどった珍しい供え物をする風習が伝わる。むかし忍者が駆け巡った大地の冬から春への物語。

声:松たか子
語り:中條誠子、井上二郎

(再)5月3日(金・祝)午前8時〜8時59分
5月3日(金・祝)   
鳥羽水族館のジュゴン“セレナ”〜世界最長の飼育日誌〜
午後6時5分〜6時48分

日本では三重県の鳥羽水族館にしかいないジュゴン“セレナ”。飼育期間が32年と世界記録を更新中だ。ジュゴンは温かい海に住む哺乳類で、とても飼育が難しい。長期間飼育ができたのは、飼育員たちの長年の試行錯誤の積み重ね。運動不足を“ある動物”と同居させ解消したり、エサ不足を“ある野菜”で回避したり。番組では様々なアイデアを繰り出してきた飼育員たちの苦労に注目しながら“癒やし系”の生き物ジュゴンの魅力に迫る

出演:光浦靖子、チャンカワイ、谷口恵美
   鳥羽水族館副館長…若井嘉人
   鳥羽水族館飼育員…半田由佳理
司会:中川翔子、浅井理
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
↑ ページの先頭へ