2022年10月28日 (金)【みえDE川柳】 お題:続く

天 ディスタンス鳥になりたい日が続く/あそかさん

丹川修先生 コロナ禍に見舞われて、やがて3年を迎えようとしている。
 現在は行動規制がなくなったとはいえ、まだまだ不安な日が続いている。
以前のようにディスタンスなど気にせず、楽しむことができる日を待ちわびている作者。
大空を自由に飛び回ることができる鳥になり、好きなところへ今すぐにでも行きたいと願っている。
「鳥になりたい」との表現に我慢を余儀なくされている作者の苦悩が滲み出ている。
時事吟(じじぎん)の中にあっても単なる風刺にとどまらず,人間の心理を上手く詠まれた。

地 目が合って続く言葉を待っている/メダカさん

丹川修先生 読み手のこちらまで、なにかドキドキさせられる。作者の待っている言葉とは、果たして何であろうか。愛の告白では。
もしそうだとすれば、何ともロマンチックな句である。それとも・・・などと、結論を見せずに読み手に様々な想像を与えるところに、
この句の上手さと深みを感じる。
ぜひ、作者に答えをお聞きしたい気もするが、それでは前言のコメントに矛盾する。

人 声のトーン変えて自慢はなお続く/八木五十八さん

丹川修先生 自分の世界に入り込むと自然に声のトーンも変わってくるのだろう。
きっと身振り、手振りも派手になり、もう自慢ばなしは誰にも止めることはできない。
眉をひそめる聞き手の顔も同時に見えてくる面白い句である。
この手の状況を詠んだ句は少なくないと思うが、「声のトーン」に目を向けたところが素晴らしい。

 

<入選>

固辞をした人がマイクを離さない/松田少納言さん

ゴシップの続きを煽る週刊誌/福村まことさん

幸運の神と続けるお付き合い/春爺さん

あきらめず猫のおねだりまだ続く/戴 けいこさん

続けたらそれが普通になる手抜き/田舎のマダムさん

統計の開始以来が続く危惧/船岡五郎さん

陽射し避け延々続く立ち話/西井茜雲さん

モナリザは微笑み続けねばならぬ/ホッと射てさん

メモ帳の表紙に日記と書いてある/漢方十七錠さん

花マルとバツが交互に続く日々/汐海 岬さん

 

丹川修先生 丹川修先生

「日記に関するもの」「夫婦の間柄」「ダイエット」などに、それぞれ『続く、続かない』を用いた句がたくさんありました。
「続く」のお題に対して「続かない」と詠むことに違和感がなくはないが、基本的には「続かない」のお題がでることはないので、許容範囲と私は考えます。
しかし、お題はより忠実にとらえる方が望ましいとは思います。また、「継続は力なり」の格言を引用した句も多数、見受けられました。
格言や諺(ことわざ)などからヒントを得ることは悪いとは思いませんが、やはり自分の観点、自分の言葉で綴りたいものです。
たくさんのご投句をいただき、ありがとうございました。

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:18:50


ページの一番上へ▲

カテゴリー

番組

RSS