ページの本文へ

よむ富山人

  1. NHK富山
  2. よむ富山人
  3. 富山百景 こいのぼり作り

富山百景 こいのぼり作り

八尾和紙 こいのぼり
  • 2024年03月28日

 

(2024年3月19日撮影)
5月の端午の節句を前に富山市八尾町の工房では手すきの和紙を使ったこいのぼり作りが最盛期を迎えています。

富山市八尾町で作られる「八尾和紙」は江戸時代に富山の薬を入れる袋として盛んに作られました。

工房では、厚手で丈夫な特徴を生かし色鮮やかな模様が施された名刺入れやクッションなどを作っています。

30年ほど前からは室内にも飾ることができる大きさが60センチから90センチほどのこいのぼりを
制作していて、今シーズンの作業が最盛期を迎えています。

最近は海外からの注文も多いということです。

和紙のこいのぼり作りは4月いっぱい行われるということです。

 

  • 木附貴哉

    カメラマン

    木附貴哉

    東京都出身ですが、自然派です。 山岳取材を志望して令和2年に入局(富山が初任地!)。 仕事もプライベートもよく山にいます!

ページトップに戻る