ページの本文へ

よむ富山人

  1. NHK富山
  2. よむ富山人
  3. 富山百景 かぶらずし作り

富山百景 かぶらずし作り

冬の食卓を彩る
  • 2023年12月04日

(令和5年11月28日撮影)

 

かぶらずしは、切り込みをいれたかぶにぶりなどを挟んで発酵させた食品で、富山県西部から石川県加賀地方にかけての郷土料理として親しまれています。

南砺市の食品加工会社では、お歳暮の贈答用などとして、年末に向けてかぶらずし作りが盛んに行われています。

撮影した日は、従業員およそ80人が、地元でとれたかぶにぶりの切り身を丁寧に挟み込んだあと、発酵させるために、こうじをまぶしておもしを乗せていました。

かぶらずしは2週間ほど発酵させた後、県内のほか全国のデパートに出荷されるということです。

食品加工会社によりますと、ことしの夏は暑い日が続いたものの、種をまく時期をずらすなどの工夫をしたため、大きくて甘いかぶが採れたということです。

かぶらずし作りは来年の2月末(すえ)まで続きます。

  • 二之湯瞬太

    カメラマン

    二之湯瞬太

    愛知県出身。富山に来てもう7年になります。 朝日町によく出没します。

ページトップに戻る