ページの本文へ

よむ富山人

  1. NHK富山
  2. よむ富山人
  3. だまされんちゃ!特殊詐欺 被害件数が倍増!!

だまされんちゃ!特殊詐欺 被害件数が倍増!!

  • 2023年09月26日

次に狙われるのはあなたかも!最新の手口を知って被害を防ぎましょう!

 

今回のテーマはこちら!

「特殊詐欺被害が倍増!」です。
富山県警察本部は8月末時点の被害状況について公表しました。              それによりますと令和5年の被害件数は前年の2.4倍に急増しています。

 

令和5年1月から8月末までに富山県内で確認された特殊詐欺の被害件数は135件、前年の同じ時期は56件で2.4倍に増えました
▼架空請求詐欺が89件
▼還付金詐欺が32件
▼オレオレ詐欺が8件
架空請求の手口のうち代表的なものが「サポート詐欺」です。

被害が最多!サポート詐欺とは?

令和5年9月13日、富山県射水市に住む70代の男性が自宅のパソコンでインターネット上の
動画を見ていたところ、突然画面上に
「このパソコンはウイルスに感染しています。サポートに連絡してください」
と警告メッセージが表示されました。
そこには「050」から始まる電話番号が記載されていました。

 

 

男性が電話をかけるとソフトウェア会社の社員を名乗る男が対応して
「パソコンを直すには5万円分の電子マネーカードを購入しシリアル番号を教えてください」
と話したと言います。
男性はこの指示に従って最寄りのコンビニで電子マネーカードを購入して番号を相手に伝えました。

 

 

ところが相手の男は
「番号が間違っているのでもう一度カードを購入して番号を教えて欲しい」と指示してきたため
男性は別のコンビニに行って再び5万円分のカードを購入し相手に伝えました。
しかし今度も番号が間違っていると言われ、合計3枚、15万円分の電子マネーカードを購入して相手に番号を教えてしまいました。
その後、男性は家族にこの話をしたところ詐欺の手口だと指摘され警察に届け出ました。

こんな詐欺にも注意!

特殊詐欺に加えて、ほかの詐欺被害も急増しています
SNSを介して暗号資産への投資を呼びかけて投資資金をだまし取る「投資詐欺」
8月末までで58件にのぼっていて、前年よりも24件多く被害総額は4億3400万円に達しています。
「国際ロマンス詐欺」の被害も28件にのぼり前年の11件から倍以上に増えています。こちらの被害総額は7900万円になっています。

「だまされんちゃ!特殊詐欺」では、県内で確認された最新の詐欺の手口を紹介していきます。
家族や近所の人たちと情報を共有して、未然に被害を防ぎましょう!!

 

  • 草野航

    記者

    草野航

    朝日町出身 
    生っ粋の富山人です!
    日々事件・事故を
    取材しています

ページトップに戻る