ページの本文へ

よむ富山人

  1. NHK富山
  2. よむ富山人
  3. いまの時期が重要!熱中症から命を守るための事前準備

いまの時期が重要!熱中症から命を守るための事前準備

  • 2023年06月01日

6月に入り、ことしも、夏日や真夏日となる日が出てきました。
気を付けなければならないのが、熱中症です。
富山県内では毎年、熱中症による救急搬送や、熱中症で亡くなる人が後を絶ちません。
自分や周りの人の命を守るために、早い段階からの対策が必要です。
(取材:柴田拡正アナウンサー)

熱中症による死は、“防げる死”

救急医学が専門で、熱中症に詳しい富山大学の奥寺敬名誉教授は「熱中症による死、は防げる死」だと話します。

奥寺先生

きちんとした知識をつけ、そして適切に対策をとれば、熱中症による死は防ぐことができます。高齢者や基礎疾患のある人には、とくに注意してほしいですし、ご家族や周囲の人も、気を配ってほしいです。

そのうえで、熱中症による死を防ぐために、本格的に夏を迎える前の “今の時期” に準備しておくことが重要だと話します。

水分補給は大丈夫?かかりつけ医に相談を

熱中症を防ぐために、まず行うべきは「水分補給」です。
普段はもちろん、夏の暑い時期には屋外・屋内にかかわらず、のどが渇くまえに、こまめな水分補給を心がけてください。

ただ、高血圧や腎臓病などの疾患によっては、医師から「水分を控えるように」指示されていることがあります。普段から水分をとるのを控えている人が、脱水状態になっているのにもかかわらず、適切な水分補給をせずにいると、危険です。

また、症状によっては、経口補水液やスポーツドリンクに含まれる「ナトリウム」などの成分を控えなければならないケースもあるということです。

奥寺先生

ご自身の体や病気にあった水分補給の方法について、いまのうちにかかりつけ医などに相談しておきましょう。どんな種類の水分を、どの程度とるべきか、夏が始まる前にハッキリさせておくことが大事です。

高齢のご家族がいる場合、そもそも病気がないか、医師から指示されていることはないか、いまのうちに確認しておくことも大事です。適切な夏の過ごし方を早い段階で知っておくことで、命を危険から守ることができます。

クーラーの点検を 買い替えも検討!

さらに、ことしの夏は電気料金の高騰による影響が懸念されています。
エアコンを適切に使用するのはもちろんですが、効果的に使用するためにはいまのうちに準備しておくことが大事です。

奥寺先生

暑くなって久しぶりにエアコンをつけたら、壊れていて動かなかったという人が毎年多くいます。暑い時期はエアコンの修理業者も忙しく、家でエアコンが使えるようになるまで何日もかかるケースが多発します。

家電店などが繁忙期を迎える前に、一度エアコンのスイッチを入れて、正常にエアコンが作動するかどうか、確認をしてみてください。

少しでも異常を感じたら、修理などを検討してください。また、年数が経って老朽化していると冷房効果が期待できず、電気の使用量も多くなることがあります。もしお使いのエアコンが長く使っているものであれば、買い替えも検討してみてください。最新のものは、電気代がかかりにくくなっていることもあります。

いまのうちに、早めの備えを!

早めに備えておくことで、救える命があります。
いまのうちに、ご自身はもちろん、ご家族や周りの方と声を掛け合って、夏を乗り切る準備をしませんか。

  • 柴田拡正

    アナウンサー

    柴田拡正

    東京都出身
    平成31年にNHK入局
    富山生活は5年目に突入

ページトップに戻る