2018年11月7日放送
「伝統受け継ぐ浜料理 たら汁」

伝統受け継ぐ浜料理 たら汁

あつあつの鍋に、タラがまるごと一匹。 今回注目したのは、朝日町のたら汁です。郷土料理として親しまれてきた「たら汁」、朝日町出身の松田キャスターが取材してきました。

「たら汁」


たら汁

材料(4人前)

スケソウダラ
1匹
ゴボウ
2分の1本
みそ
80g
4カップ
ネギ
適量
  • ◆作り方
  • 1、スケソウダラの表面を包丁でこすり、うろこをとる。
  • 2、エラから腹にかけて包丁を入れ、内臓をすべて出す。
  • (たらこ、白子、肝臓はあとで使うのでとっておいて下さい)
  • 3、身を流水で洗い、血合いなどをブラシでこすりながら取り除く。
  • 4、皮は完全に切り落とさずに、タラの身を3cm角にする。
  • 5、沸騰したお湯にみそを半分溶かし、タラの身と肝、たらこ(白子)を加える。
  • 6、ふたをして、再び沸騰したらアクをとる。
  • 7、残りのみそで味を調え、ささがきにしたゴボウを入れる。
  • 8、器に盛り付け、ネギをのせたら完成。

  • ★ポイント
  • ・臭みの元になる血合いはすべて洗い流し、アクは取り除いて下さい。
  • ・皮を残して切ることで、鍋に入れやすく、皮が切れれば火が通ったサインです。
  • ・始めにみそを半分溶かしておくことで、身崩れしにくくなります。

このページのトップへ戻る