2020年6月

「初鳴き」(柴田アナウンサー)

こんにちは。
アナウンサーの柴田拡正です。
NHK富山放送局 柴田拡正アナウンサー

前回ブログを書いたのは、6月10日。
2週間ぶりの・・・。ウソです。前回は2019年6月10日。

今城アナウンサーから「ブログは定期的に書いてや~」と言われながら、
1年経ってしまいました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

あれから1年経ち、この富山局に岩﨑アナウンサーが加わりました。

100431563_01.JPG

今週は初めて、テレビのニュースに登場。
「初鳴き」なんて言ったりしますね。
初めての後輩を前に、私は先輩風をびゅうびゅう吹かせております。突風に注意。

そんな私が初めてのニュースで読んだのは「あすNBAドラフト」。
翌日にウィザーズに指名された八村塁選手、
この1年で世界のスターとしての地位は不動のものになったのではないでしょうか。
活躍を見るたびに、勝手な親近感がわいています。

そんな私の初鳴きから遡ること14年の、2005年1月。
当時8歳の私、実はNHKで「初鳴き」していたのです。

100431563_02.JPG

東京・渋谷のNHKスタジオパークでのアナウンサー体験。
その時の写真が実家に眠っていました。「誰?」ではないですよ、柴田です。

私の記憶では体験をしたい人が手を挙げるシステムだったように思いますが、
なんとなく恥ずかしくて、手を挙げられずに見学。
両親に頼んでもう一度並び、恐る恐る手を挙げたことを、今でも覚えています。

このほかにも、ためしてガッテンの「ガッテン!」を押すコーナーや、
忍たま乱太郎のアフレコ体験コーナーなど、
テレビ好きの子供にとっては夢のような施設でした。

そんなNHKスタジオパーク、この度閉館するということです。

あの体験コーナーで勇気を振り絞って手を挙げたことが、
今につながり、 こうして富山で仕事ができていると思います。

これからも初心を忘れず!?精進してまいります。
(ブログもきちんと更新します・・・!)

 

 

投稿者:柴田拡正 | 投稿日:2020年06月25日 (木) | アナウンサー | 固定リンク


夏野菜シーズン到来!(石黒キャスター)

こんにちは。
キャスターの石黒綾佳です。
NHK富山放送局 キャスター

暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
私のニュースの相方・石井アナウンサーは毎日「溶けそう…」といって出勤しています(笑)

さて、我が家では畑でいろいろな野菜を育てております。
といっても私は苗植えを手伝った以外は専ら食べる専門で、
ちゃんと管理しているのは母。1歳の娘は水やりという名前の水遊び担当です。

先月植えた苗、まいた種が大きく育ち、今月に入って収穫が始まっています。
そして先日、こんなに大きな丸ズッキーニがとれました!

200431090_1.jpg

私が持ってもこの通り!

200431090_2.jpg

我が家では次々に野菜がとれて家族だけでは食べきれないので、
このズッキーニは鈴木キャスターに贈呈しました。おいしくたべてね!

ちなみにどう料理したかは鈴木キャスターが
次にブログを書いたときに載せてくれるそうです♪

では、我が家では夏野菜をどうしたかというと…

200431090_3.jpg

以前、齋藤アナウンサーが番組で紹介していた「納豆丼」です。
納豆を炒めるのは初めてで半信半疑だったのですが、
とてもおいしくいただきました♪野菜もたっぷりとれていいですね^^

NHK富山放送局のホームページでは、
「納豆丼」をはじめ、私が担当している「北陸食探訪」
ご紹介した料理などいろいろなレシピをご紹介しています!
ぜひ皆さんにもお役立ていただければ嬉しいです☆

 

 

投稿者:石黒綾佳 | 投稿日:2020年06月17日 (水) | キャスター | 固定リンク


新人大集合!(今城アナウンサー)

こんにちは。
アナウンサーの今城和久です。
NHK富山放送局 今城和久アナウンサー

毎年恒例、着任したばかりの新人のみんなが
「ラジオ富山人」に登場。意気込みを語りました。

100430871_01.jpg

スタジオの外からまず一枚。
「密」の状態を避けるため、新人は3人ずつ交代で。
ゲストの高原兄さんと今城の間には透明なアクリル板を挟み、
新人のみんなはマスク着用での自己紹介です。

100430871_02.jpg

左から、城福さん(映像編集)、櫻井さん(記者)、木附くん(カメラマン)、
新人のために「立山連峰のうた」を熱唱して下さった高原兄さん。

100430871_03.jpg

左から、林くん(技術)、奥本くん(ディレクター)、岩﨑さん(アナウンサー)。
今城は数年ぶりにケースから出したアコーディオンでほんの3小節だけ、
兄さんの「マジ歌」に混ぜてもらいました(こっそりバックコーラスも)。

我らがアナウンスグループ期待の新人、岩﨑アナウンサーも
まずはラジオのニュースデビューを目指して特訓が始まります。
富山の皆さん、若い仲間たちのこともどうぞよろしくお願いします。

 

 

投稿者:今城和久 | 投稿日:2020年06月15日 (月) | アナウンサー | 固定リンク


おうち時間(舟本真理キャスター)

こんにちは。
キャスターの舟本真理です。
NHK富山放送局 舟本真理キャスター

かなりお久しぶりの更新になってしまいました。
石井アナが自炊などで「ステイホーム」を充実させているのに比べ(石井アナのブログ参照)
3歳と4歳の子供がいる我が家は、毎日のおうち時間が運動会?状態です…。

片づけても片付けても部屋が散らかり、
ご飯を作って、片づけて、洗い物がやっと終わった~と思ったら、
もう次のご飯の準備をしなきゃいけない時間だったり…。

そんな中、家族みんなでハマっているのが、「●●屋さんごっこ」です。
クレープ屋さん、たこ焼き屋さん、パン屋さん・・・などなど、
子供はエプロンをつけて店員さんになりきって作り、大人はそれを食べる
… という実にシンプルなものなのですが、これが思った以上に家族で楽しめるんです。
おもちゃのレジを使ってお会計もちゃんとしますよ(笑)
毎日、少しずつですが変化を持たせながら、工夫をして親子で楽しくおうち時間を過ごしています。

200430206_02.jpg
娘たちの手作りクレープは絶品でした!

200430206_01.jpg
いちごジャムとカスタードクリームを生地に練りこんだデニッシュパン

そして先日、とても嬉しい出来事がありました。
実家の雪柳の木にヒヨドリが巣をつくり、ヒナが産まれたんです。
数週間前に巣を発見し、なるべく刺激をしないように毎日そお~っと巣を観察し続けました。

すると先日、
可愛い可愛いヒナが巣から口ばしを出してピーピー鳴いていたのです!
あまりの感動の出来事にこちらまで涙が・・・・

娘たちは大喜びで、みんなでひ~ちゃん(ヒヨドリなので)と名前をつけて、
今も毎日のように様子を伺っています。
日に日に成長しているひ~ちゃん、最近では巣から飛び立ち、
庭の木や石などで休む姿も見られます。

そして親鳥は私たちが庭に出ていると、 「ぴぴぴっぴ~」とヒナに危険を知らせている(?)、
私たちを威嚇している(?)ように鳴くんです。
カラスやスズメが近くにいる場合でも同様に。
人間も鳥も、子供を守りたいという親の気持ちは一緒なんだなぁと、
親鳥と心が通じ合えたような気がしました。

ヒヨドリが我が家にやってきてから小さな幸せを毎日かみしめています。
もうしばらくひ~ちゃん達を見守っていきたいと思います。

200430206_03.jpg
ひーちゃんのつぶらな瞳にいやされています

 

 

投稿者:舟本真理 | 投稿日:2020年06月03日 (水) | キャスター | 固定リンク


ぜひ油断せず(石井アナウンサー)

こんにちは。
アナウンサーの石井 智也です。
NHK富山放送局 梶原典明アナウンサー

 

「ブログ、今月中(5月)に書こうね。」と
今城アナウンサーから言われて 慌てて書いているこのブログ。
(まずい、掲載時には6月になってしまった!)

実は初投稿、なのです。
思えば、「はじめまして」のご挨拶を投稿する機会を逃し、
「いつか書こう」と心に決めたまま、約2年・・・。
ずるずると時が経ってしまいました。

思い立ったらすぐにやらねばダメですね。反省!

さて、県内のテレビとラジオの放送局がタッグを組み、
新型コロナウイルスの感染拡大防止を呼びかける
共同キャンペーンの第2弾が放送されています。

NHK富山放送局からは、第1弾の梶原アナウンサーにつづき、
私が出演させていただきました。
民放各局のニュース・情報番組を担当するアナウンサーとともに、
平穏な日常を取り戻せるよう、願いを込めてメッセージをお届けしています。

100_430080_03.jpg

ちなみに、石井は「ステイホーム」の間、慣れない自炊にチャレンジ。
手軽にできるカレーやシチュー、フレンチトーストなどを作ってみました。

100_430080_02.jpg

(意外とちゃんとできました。自分で自分をほめてあげたい。)

また、『ニュース富山人』でお伝えしている「簡単!家での遊び方」。
以前リポートでご紹介した「とやまけん男性保育者の会」の皆さんの協力のもと、
小さなお子さんとおうちで楽しく過ごす方法をご紹介していますが、
自分でも作っています。 童心に返って楽しいですよ!

100_430080_01.jpg

ニュースでお伝えしている通り、
富山では、県が定めたロードマップで昼夜ともに外出の自粛などを求めない
「ステージ1」に移行し、 多くの活動が緩和されました。

一方で、全国的にみると、感染確認が続いている地域もあります。
感染拡大の第二波を招かないよう、いまこそ、油断せず。
対策を続けていきましょう。

 

 

 

投稿者:石井智也 | 投稿日:2020年06月01日 (月) | アナウンサー | 固定リンク


ページの一番上へ▲