東京2020がやってくる!といわれても、いまひとつ盛り上がれない。
東京2020に向けて何かしたいけど、どうしたらいいのか分からない。
若い同世代の仲間と活動の輪を広げたいけど、交流する「場」がない。
このページは、そんな、さまざまな境遇のワカモノが集う、東京2020の「共創コミュニティー」です。
記事の執筆も動画の制作も大学生を中心にしたワカモノがやっています。
東京2020を “わがコト”として楽しむことで、新しい自分を見つけ出そうというNHKのプロジェクトです。

About us & Members

  • 東京2020 フロントランナー

オリンピックで、若者を盛り上げたい!(前半)

ニュースでは、東京オリンピックに向けて、期待の若手選手がよく取り上げられるようになってきましたね。そんな中、「オリンピックで若者を盛り上げる」という、何やらアツい動きをしている若者を発見しました!

  • 東京2020 フロントランナー

オリンピックで、若者を盛り上げたい!(後半)

「オリンピックで若者を盛り上げる」という、「TOKYOPLUS+」代表の三井田尚寛さん、メンバーの佐藤鈴夏さんへのインタビューの続きです。

  • 思い切って外国人に聞いてみた

やっぱり日本は、パーフェクトでしょ!?

2020年のオリンピック招致合戦で最後まで東京と競り合ったトルコのイスタンブール。トルコの人たちは、東京オリンピックにどんな思いを持っているのでしょう。

  • 思い切って外国人に聞いてみた

東京以外もチャンスになるはず!

交換留学生としてアメリカのUniversity of Floridaから来ているJacob Newcombさんと University of Washington から来たDaniel Singerさんに話を聞きました。

  • 思い切って外国人に聞いてみた

色んな国の選手を応援しよう!

日本の大学で学んでいる留学生って、オリンピックでどの国を応援するんだろう?母国?それとも日本?青山学院大学の国際学生寮(武蔵小杉)で留学生に聞いてみました。そしたら、オリンピックをもっと楽しむヒントが見えてきましたよ!

  • 渋谷民 未来共創プロジェクト

五輪音頭フェスティバル

今回は渋谷共創プロジェクトにて「東京五輪音頭フェスティバル」を提案した「チーム祭り」のリーダー武輪佳代子さんにお話を聞いてきました。 佳代子さんは青森県出身、現在津田塾大学の国際関係学科に通う大学生です。

  • 2076五輪妄想カイギ

宇宙も、海も、空も競技場に!?

集まったのは、美大生を含む学生11人。「面白そうなので来ましたけど、オリンピックはあんまり興味ないんですよね」と不安な声が聞こえますが、気にせずカイギ開始です!

  • 2076五輪妄想カイギ

五輪会場は”省エネ“バトルシティ!?

ではさっそく、カイギを見ていきましょう。今回のテーマは五輪の会場・競技場です。いつものように美大生が妄想を絵にしていきます。

  • 2076五輪妄想カイギ

サラリーマンも主婦・主夫もアスリートになった。

2076妄想カイギ始めます!テーマは選手、今回も美大生が妄想をどんどん絵にしていきますよ。

  • 思い切って外国人に聞いてみた

日本のおもてなし、最高!って言わせて

今回、インタビューに協力してくださったのは、東京大学のNadyaさん。インドネシア人でイスラム教徒です。東京2020に望むことを、イスラム教徒の視点で語っていただきました。

  • 渋谷民 未来共創プロジェクト

“さとり世代”の街づくり

2017年12月9日、青山学院大学で「渋谷民100人未来共創プロジェクト “未来共創マーケット”」が行われました。渋谷区と産官学の協働でレガシーの創造を目指す「レガシー共創協議会」が共催する渋谷民のプロジェクト、“渋谷民”とは、ニューヨーカー、パリジャンのようにcity prideを持って渋谷に関わる全ての人たちの総称なんだそう。そんな“渋谷民”の9チームが、未来の渋谷を創るアイデアをプレゼンしました。

  • 思い切って外国人に聞いてみた

行きたいけど、生きづらい国!?

2017年5月、東京大学では約3700人の留学生が学んでいます。その中から4人の方に集まっていただきました。

  • 東京2020 フロントランナー

オリンピックは、世界の学園祭!

首都圏の34大学の有志およそ120人が集い、競技体験や勉強会、イベントの企画・運営、ボランティアなどの活動を行っている「学生団体おりがみ」。
左側の男性は、設立者で全体代表の都築則彦さん。右側の女性は、明治大学代表の綿野知洋さん。まずは、都築さんの熱い、熱い、インタビューです。

  • 東京2020 フロントランナー

オリンピックに片思い!

キュートな笑顔の女性は、明治大学の綿野知洋さん。ひとりでも多くの人が関われるオリンピック・パラリンピックを目指している「学生団体おりがみ」の明治大学の代表です。