ひでり続きでほこり立つ

明治時代から大正時代にかけて干ばつが続いた徳島県三好市で、雨乞いをしていた話です。