庄屋 久保太郎右衛門

江戸時代、庄屋 久保太郎右衛門が、干ばつの苦しみから農民たちを救うために
用水路の計画をたてた話です。