寸志夫

文政11年、高知県で起きた大洪水の時、
村の人々が川の水はけをよくする作業を行った時のお話です。