ページの本文へ

徳島WEB特集

  1. NHK徳島
  2. 徳島WEB特集
  3. 徳島 3歳が警察から表彰 空き地で見つけた違法な○○とは!?

徳島 3歳が警察から表彰 空き地で見つけた違法な○○とは!?

  • 2024年06月03日

徳島市に住む川村悠月(ゆうき)くんは植物が大好きな3歳の男の子です。空き地で違法な「あるもの」を見つけて警察に表彰されました。一体何を見つけたのでしょうか?

3歳がお手柄で警察から表彰

5月30日、悠月くんは両親と一緒に徳島板野警察署を訪れて礼状を受け取りました。笠井寿範署長からは「強く正しい心を持って街の平和を守るお手伝いを」とエールを送られました。

悠月くんが表彰された理由がケシの一種、アツミゲシです。北アフリカ原産で温暖な地域で育ち、繁殖力が強いのが特徴です。麻薬の原料となるため、あへん法で栽培や所有が禁じられています。

悠月くんが見つけたアツミゲシ

徳島県立博物館の植物担当で学芸員の茨木靖さんによりますと、アツミゲシは春から初夏にかけて成長して大きいものでは80センチほどの高さまで育ちます。種子がほかの植物と比べて非常に小さく、何かにくっつくなどして運ばれやすいうえ繁殖力が強いため、日本国内でも各地で自生しています。

徳島県立博物館の植物担当 茨木靖 学芸員

徳島県立博物館学芸員 茨木靖さん 
「アツミゲシは道路際や荒れ地に生えていることが多い。非常に小さい種が大量に散らばって一 斉に育つため、駆除するのが難しい。」

4月中旬、悠月くんは自宅近くの徳島市の空き地で紫色の花を咲かせた植物を見つけました。一緒にいた母親がスマートフォンで調べると違法なアツミゲシだと分かり、警察に通報しました。

悠月くん

今まで見たことがない花だったから、お母さんに「携帯で調べて」と言いました。

大の植物好きの悠月くん

悠月くんが植物に興味を示すようになったのは1歳のときです。祖父母の家を訪れて庭や近所の神社でヒイラギとマツの葉を触ったところ、感触が違うことに気づきました。それ以来、植物への探究心が芽生えたといいます。

悠月くんの母

おばあちゃんの家の庭にはたくさん花が咲いていて、育っていくのを毎日観察するのが楽しみになったみたいです。小さいころからずっと植物は好きです。

今では祖父母の庭で花に水をあげたり、公園で見つけた植物を図鑑で調べたりするのが日課です。

さらに母親から危険な生き物を見つけた場合の対処も教わっていました。1歳のときに滞在したホテルで特定外来生物の毒グモ「セアカゴケグモ」への注意を呼びかけるポスターを目にしました。そのとき母親から、毒を持つ生き物がいるなど異変があれば、すぐに警察に知らせるよう言われていたのです

警察の表彰式で悠月くんは警察官の制服に身をつつみ、本物のパトカーや白バイにも乗せてもらいました。集まった報道陣から将来の夢を聞かれると、元気よく「パトカー」と答えた悠月くん。

警察官に興味があるそうですが、当面は「虫」の勉強をしたいとのこと。お手柄の3歳がこれから何に好奇心を抱いていくのか楽しみです。

違法なケシ 見つけたら通報を

徳島県によると令和5年度に県内でアツミゲシなどの違法なケシを10450本余り抜き取りました。毎年4月からの3か月間は「不正大麻・けし撲滅運動」を行い、違法なケシを発見した場合は地元の保健所や警察署などに通報するよう呼びかけています。

  • 森優衣

    徳島局・記者

    森優衣

    2024年入局
    徳島県小松島市出身
    地元・とくしまを深堀りしたい!

ページトップに戻る