ページの本文へ

徳島WEB特集

  1. NHK徳島
  2. 徳島WEB特集
  3. NHK徳島 新人アナウンサー羽深未奈乃 阿波踊りに初挑戦!

NHK徳島 新人アナウンサー羽深未奈乃 阿波踊りに初挑戦!

  • 2024年06月07日

徳島局新人アナウンサーの羽深未奈乃(はぶか・みなの)です!
5月27日に着任してから、あっという間に1週間がたちました…!
阿波おどり会館での初ロケのご報告です。

初ロケ・阿波おどり会館へ

徳島といえば阿波踊り!阿波踊りを踊れるようになりたい!!
そんな思いを持って迎えた初めてのロケは、阿波おどり会館!(この日は徳島に来て3日目でした)

阿波おどり会館(徳島市)
眉山の麓にあり、会館からは眉山に登るロープウェイも出ています

阿波おどり会館では毎日、専属の連(踊り手や鳴り物のグループ)の皆さんが阿波踊りを披露していて、いつでも観ることができます。
私が阿波踊りを生で見るのは、初めてでした!ドキドキ、わくわくしながら会館へ向かいます。

楽しみのあまり、小走りで会館へ

徳島が誇る伝統文化・阿波踊り

迫力のある鳴り物の音(鉦,太鼓,笛,三味線など)が聴こえ、幕が開くと・・・

そこにはきらきらとした笑顔、エネルギーがみなぎる踊り手さんたちの姿が!!

会館専属の連「阿波の風」の昼公演を観劇

「手を上げて 足を運べば 阿波踊」という句。2拍子のリズムに乗って、手を上げて足を運べば、誰もが阿波踊りを踊ることができる!という意味だそうです。

公演の途中には、踊り手の方に踊りを教えてもらい、実際に踊りに参加できるコーナーもありました。県外や国外から来た方たちも阿波踊りを見て踊っていて、ホールが一体となり笑顔があふれているように感じました。

かけ声「私の心も浮いてきた!」

かっこいいし、何より美しい。誰もが笑顔なんです。見ているこちらも口角が上がっていて、ぞめきが身体の中に自然と入ってくる感じ…。気づけば私も笑顔になっていました!

みなさんにとっての「阿波おどり」とは・・・

公演終了後、会館専属連「阿波の風」の皆さんにお話を伺いました。

羽深、はじめてのインタビュー
女踊りの踊り手さん、笑顔が本当に素敵でした
男踊りの踊り手さん、先生とお呼びしてしまいました

先生にとっても、阿波おどりは「生活の一部」
徳島では運動会で阿波踊りを披露することもあるそうです。ぞめきが聴こえてくると、ウキウキするといいます。ぞめきは徳島のまちに響き渡る、夏の風物詩なのだと感じました。

徳島ではすでに阿波おどりの練習が始まっていて、河川敷や公園などへ行けば練習の様子を見ることができると教えてもらいました。
そしてやはり、私も阿波踊りを踊れるようになりたい…!!
お願いをして「阿波の風」の皆さんに教えていただけることになりました。(お忙しいなか、本当にありがとうございました)

阿波踊りに初挑戦!

まずは、2拍子のリズムをとるところからはじめます。
上下に体を揺らし、「1,2,1,2…」とリズムをとります。何よりも大切なのは、楽しく、笑顔で踊ること!2拍子のリズムに乗ると、次第に私もウキウキしてきました。

次に、手をつけます。
上まで手を高くピンとあげて、手のひらは内側に向けるのが基本の姿勢と教わりました。そして2拍子のリズムに合わせ、前に出す手は少し低く、後ろの手はピンと伸ばして耳の後ろへ。

指先までピンと伸びていて、とっても美しいです

そして、足を運びます。
右手を前に出すときは右足を、左手を出すときは左足を運びます。
皆さんが履いているげたに注目すると、踊るときは角度が約45度になっています。げたの鼻緒部分の影響で、足の親指と人差し指の間がとても痛いそうです…。

げたの鼻緒部分にご注目ください

取材後に実際に私も履きましたが、鼻緒部分の痛みはもちろん、バランスをとることも難しかったです。痛み対策として、コットンを鼻緒部分に重ねて詰めていたり、鼻緒部分の痛みを和らげるためのクッション材もあったりするそうです。
痛みのあるなかでも笑顔で踊っていらっしゃる皆さんが、本当にかっこいいと思いました。

そして最後は、鳴り物の演奏に合わせて、皆さんに混ざって踊らせていただきました!!

鳴り物の皆さん 大太鼓は10kgもあるそうです!

聴こえてくる「ぞめき」
カカン、カカン、カカン・・・
さあ2拍子にのって、手をあげて、足を運んで・・・!

かけ声も大事! 「やっとさー!」「ぁやっとやっとー!!」
息をそろえて…!

足をピタッと置いて・・・ カカン!!

本当に幸せな時間でした

一緒に踊る皆さんの息遣いやかけ声が聞こえてきます。リズムに合わせて手や足を運ぶと、心もそろってくるようでした。踊り終わると、幸せでいっぱいの気持ちになりました。会場は一人一人のたくさんの笑顔であふれていました。自分自身の心もすっきりと晴れて、もっと踊っていたい…!と名残惜しいほどでした。

踊り手の皆さんから、阿波踊りで大切なことは「笑顔」だと教わりました。
笑顔を大切に踊れるようになりたいです。徳島の夏がますます楽しみになってきました。
「阿波の風」の皆さん、本当にありがとうございました!!

取材の2日後の『今夜も生でさだまさし』にて、私も阿波踊りを披露させていただきました。

『今夜も生でさだまさし』生放送当日 阿波おどりどーもくんと

以上、初ロケ・阿波おどり会館リポートでした!!

  • 羽深 未奈乃

    徳島局・アナウンサー

    羽深 未奈乃

    はぶか・みなの
    2024年入局
    5月末に徳島にきて、あっという間に1週間がたちました!これからよろしくお願いいたします。
    けさはぞめきの音で目が覚めました…!

ページトップに戻る