ページの本文へ

徳島WEB特集

  1. NHK徳島
  2. 徳島WEB特集
  3. 徳島県中学校サッカー NHK杯2024 決勝ハイライト動画はこちら

徳島県中学校サッカー NHK杯2024 決勝ハイライト動画はこちら

  • 2024年05月15日

5月11日(土)に行われた第79回NHK杯徳島県中学校サッカー選手権大会。
決勝は那賀川中学校と吉野川SCの対決となりました。
記事では、試合のハイライト・選手の声などをお伝えします。

決勝は那賀川中VS吉野川SC

今年で79回目のNHK杯徳島県中学校サッカー選手権大会。
決勝まで進んだのは、2年連続2回目の優勝をねらう那賀川中学校。圧倒的な得点力を武器に決勝まで駒を進めました。

そして初優勝をねらう吉野川SC。自陣からのビルドアップを武器としています。

スターティングメンバ―

🔴那賀川中スターティングメンバ―

🟢吉野川SCスターティングメンバ―

前半ハイライト

那賀川中は、試合開始早々、相手ディフェンダーの裏をつくパスに本木選手がゴール
さらに前半6分、先制点の本木からのパスに竈土選手が絶妙のコントロールでネットを揺らし、2点目を挙げます
勢いに乗る那賀川中は、その1分後、ハーフウェイライン付近で、相手のボールを奪うと、素早いカウンター。かけあがってきた本木選手が、この日2点目のゴールで3-0。開始わずか7分で3点のリードを奪います。

反撃したい吉野川SCは、セットプレーなどから、ゴールに迫りますが、相手に阻まれます。
那賀川中が3点リードで、試合を折り返します。

後半ハイライト

選手交代
那賀川中 竈土 匠太→赤松 和宜(後半18分)
吉野川SC 石本 剣心→浦部 大志(後半24分)
       堀江 海翔→岡田 拓実(後半24分)

後半、まずは1点がほしい吉野川SCは、スピードのある藤井選手の突破から、カウンターを仕掛けますが、崩しきれません。
後半23分、山本選手のコーナーキックから、富永選手が頭で合わせ、4点目
さらに試合終盤、那賀川中が直接フリーキックのチャンス。「練習していた」という富永選手の強烈なフリーキックが決まり、5点目。試合を決定づけます。
試合はこのまま、那賀川中が5対0で吉野川SCを下し優勝。去年に続き、2連覇を達成しました。

熱戦を終えて 選手たちの声

那賀川中 キャプテン 富永 駿吾選手
新人戦よりもいい試合ができたのでうれしいです。
風が強くて難しい試合でしたが、チームとしてまとまって戦えたのですごくよかったと思います。

(直接フリーキックについて)
練習していたので決めることができてうれしいです。

県総体でも優勝して四国総体でも勝てるようにしていきたいです。

那賀川中 本木 匠 選手
5‐0で自分も得点を決められてまわりの雰囲気も良くなって、うれしかったです。

(立ち上がりの得点については)
味方の選手が自分の一番うちやすいところに(パスを)出してくれたので、自分はそれに合わせるだけでした。

(富永選手のことは)信用していて、どこにボールがくるのかわかるので一番やりやすいです。

吉野川SC ゲームキャプテン 高尾 聖 選手
相手に立ち上がりで急に3点も決められて相手の勢いにのまれて、自分たちのサッカーができなかったのがとても悔しいです。
後ろからビルドアップして(パスを)つないで、きれいに得点までいきたかったです。
僕たち3年生も小さい子ばかりなので、技術で補いながら決勝まで来られたのがとても良かったと思います。
相手が能力高くて強くても自分たちのサッカーを出し切りたいです。

下境チェック「風を味方にした先制ゴール」

NHK徳島アナウンサーの下境秀幸です。
NHK杯決勝の試合を現地で取材しました。
とく6徳島で試合のポイントを伝えている「下境チェック」をこの記事の中でもお伝えします。

下境チェック
「風を味方にした先制ゴール」

那賀川中の先制ゴールは、試合開始早々のゴール。
私の手元の時計で50秒ほどのゴールでした。
さらに、驚かされたのは、風を計算して生み出したゴールだったことです。

(先制ゴールのシーン)
この日は強い風が吹きつけるコンディション。
前半は風下の那賀川中。ボランチの藤井絆人選手は強風でボールが戻されると判断。風下であることを想定して、相手ディフェンスラインの背後に浮き球のパス。戻されたボールに前線の本木匠選手が反応し、見事ゴールを決めました。

試合後の取材で、アシストの藤井絆人選手は、風を考えてキックを調整したと話していました。
中学生が気象コンディションを踏まえ、自分たちでプレー選択をした結果、生まれたゴール。
その判断力、実行力は、すばらしいと思いました。
この開始早々の先制点で勢いをつけた那賀川中。
風下の前半に3点を奪い、試合を優位に進めました。

全国大会につながる7月の徳島県中学総体でも中学生のプレーに期待しましょう。

ページトップに戻る