ページの本文へ

徳島WEB特集

  1. NHK徳島
  2. 徳島WEB特集
  3. 大型連休 徳島の天気は?注意点は?気象予報士が解説

大型連休 徳島の天気は?注意点は?気象予報士が解説

  • 2024年04月26日

いよいよ大型連休、という方も多いと思います。
今回のテーマは「大型連休の天気と注意点」について。
気象予報士の藤野さんがお伝えします。

大型連休の天気は?

こちらは日本気象協会が発表した徳島市の大型連休の予報です。(気象庁の予報とは異なります。)
まず連休初日の27日(土)、雨のマークがなくなりました。
日中は雲が多いですが、雨は降っても弱く、局地的でしょう。
そして日曜日はおおむね晴れ、1日お出かけするなら27日~28日がおすすめです。
その後29日(月)は午後は次第に雨となり、火曜日からは低気圧や前線の影響を受けるでしょう。
ただ、早ければ木曜日には天気が回復してくるかもしれません。その後、こどもの日ごろまでは高気圧に覆われておおむね晴れる見込みです。
まだ変わる可能性はありますが、参考にしてみてください。

大型連休 暑さに注意☀

大型連休中、気温は全体的に平年に比べて高い予想です。
特に晴れる日は暑さに注意が必要でしょう。
そこで、ことしもそろそろ暑熱順化の時期です。

暑熱順化とは熱中症にならないよう、体を暑さに慣れさせることです。
無理のない範囲で、汗をかく練習をしましょう!
具体的な内容はこちらです。

☀暑さに強い体づくり(一例)
ウォーキング30分/ジョギング15分‥‥週5回
サイクリング30分‥‥週3回
筋トレ/ストレッチ30分‥‥週5回~毎日
入浴‥‥2日に1回

少し運動量が多いようにも感じますが、一般的に体に少し負荷がかかるくらいがいいです。ただあくまでも目安なので、ご自身のペースで行って下さい。
また運動する際は、水分をこまめに補給しましょう。

暑さに慣れても要注意⚠️

そして今回、最もお伝えしたいのがこちらです。

暑さに強い体になっても、数日暑さから離れると、元の体に戻ってしまう可能性があります。
早いと4日くらいで戻ることもあるようです。
もう大丈夫と思っていても、油断してはいけません。

熱中症に特に注意が必要な時期

そこで熱中症に特に注意が必要な時期をあげてみました。

まず大型連休中などの5月の暑い日、徳島県内でも25℃以上、30℃以上の日があります。暑さに慣れていないので、注意が必要です。
また梅雨の晴れ間は、雨でしばらく気温が下がると、体が元に戻りやすいです。そんな中、晴れて暑くなる日は注意です。
そして梅雨明けは真夏の暑さが急にやってきます。
梅雨明け1週間は、年間で最も熱中症にかかりやすい時期となりますから注意です。
最後にお盆明けです。休み中の疲れがでるころや、ずっと涼しい環境にいると体が戻りやすいので、注意が必要です。
そろそろ本格的な熱中症対策が必要な時期となりました。
適度な運動、こまめな水分補給を取りながらお過ごしください。

ページトップに戻る