ページの本文へ

徳島WEB特集

  1. NHK徳島
  2. 徳島WEB特集
  3. 徳島高校野球ベスト8!徳島商VS川島 アナ見どころ紹介

徳島高校野球ベスト8!徳島商VS川島 アナ見どころ紹介

  • 2023年07月19日

夏の高校野球徳島大会もいよいよ準々決勝! NHK徳島放送局のアナウンサーがベスト8のチームに取材・インタビューを行い、試合の見どころを紹介します! 今回は『徳島商』対『川島』を、安田真一郎アナウンサーが取材しました。

徳島商vs川島の試合は7/22(土)

森煌誠投手が好投 選抜出場の城東破り、勢いに乗る徳島商

まずは徳島商。 
2回戦では、センバツ出場の城東を破りました。勢いがあります。

キャプテンでエースの森 煌誠(もり・こうだい)選手が良いです。
これまで2試合、18イニングを投げてわずか1失点。イニング数を上回る23の三振を奪っています。
特徴はボールの速さ。城東戦では最終回でも、球場の球速表示で150キロ近い速さを記録していました。スタミナもありそうです。

打者では2番の横手亮汰(よこて・りょうた)選手に注目します。 
1回戦の小松島戦で4安打。城東戦でも4回にチーム初ヒットとなる3塁打を打ち、先制のホームを踏んでいます。

キャプテンの森 煌誠選手のインタビューはこちら ↓ ↓ ↓

左腕の2枚看板 機動力もある 川島

一方の川島
2回戦では延長10回、逆転サヨナラで脇町を破ってのベスト8です。

1回戦の城ノ内戦ではエースナンバーをつけた浪越大介(なみこし・だいすけ)投手、脇町戦では、11番の森本遥太(もりもと・ようた)投手が先発しました。
どちらもサウスポー。これまで2試合は継投でした。
脇町戦で、森本投手は、右打者の多い打線に対して、インコースとアウトコースをうまく使いながら
かわすピッチングができていました。

打線は長打はあまり多くありませんが、機動力のあるチーム。これまで2試合、いずれも6盗塁ずつ決めています。

キャプテンの野村 仁一郎(のむら・じんいちろう)選手のインタビューはこちら ↓ ↓ ↓

勝敗のポイントは ズバリ 森煌誠 投手 VS 川島打線

この両チームは、実は春の大会で対戦。このときは7-0、7回コールドで徳島商が勝ちました。

脇町戦の後、川島の山根浩明(やまね・ひろあき)監督は「春の雪辱を。3点以内の接戦になるかがポイント」と話していました。
注目の好投手・森煌誠 投手を、持ち味の機動力をからめて川島打線がどれだけ攻略できるか。また、川島の継投のタイミングも注目です。

放送予定

▽準々決勝
<ラジオ第1>
7月22日(土)午前9:55~
7月23日(日)午前10:00~

▽準決勝
<総合>
7月25日(火)午前9:55~
<ラジオ第1>
7月25日(火)午前9:55~

▽決勝
<総合>
7月27日(木)午後1:55~
<ラジオ第1>
7月27日(木)午後1:55~

※放送予定は変更になる可能性があります

  • 安田 真一郎

    徳島局 アナウンサー

    安田 真一郎

    徳島局は3回目の勤務。
    2002年の当時の鳴門工
    (現鳴門渦潮)のセンバツ準優勝では特番担当。
    この夏、8年ぶりに鳴門の球場を訪れ、懐かしさを覚える。

ページトップに戻る